• TOP
  • Fashion
  • 大人パーカーコーデ40選!カジュアルすぎない着こなしでオシャレに幅を【2023年度】
Fashion特集

大人パーカーコーデ40選!カジュアルすぎない着こなしでオシャレに幅を【2023年度】

取り入れるだけで、どんなコーデもカジュアルダウンしてくれるパーカーは、こなれ感のあるコーデには欠かせないアイテム。パーカーは、春秋冬と活躍する期間も長く、合わせるアイテムによって違う印象を醸し出せるので、マスターするとおしゃれの幅が広がること間違いなしのアイテムです。今回はパーカーの幅を感じてもらえるようなコーデを、スカート、パンツ、アウターの組み合わせ別に紹介します!

INDEX パーカの着こなしのポイントは?
【パーカー×スカート】ならカジュアルダウンで大人可愛いが完成
【パーカー×パンツ】で大人の雰囲気を更に引き立たせて
【パーカー×アウター】だからこそ、フーディや襟で顔回り変化を楽しんで

パーカの着こなしのポイントは?

シンプルなデザインが多く、フードがついていてアイテム自体はボーイッシュなパーカーですが、きれいめ、クール系、大人可愛い系とどんなコーデにもマッチしやすく、幅広いテイストに馴染む万能アイテムです。カジュアルダウンが得意な性質を活かして、コーデの緩衝役として使うのがポイント。甘すぎ、辛すぎ、フェミニンすぎ、キメすぎなどの“過ぎる感”を一掃し、ラフさを演出できるようになります。大人女性が着るなら、カジュアルだけどリッチ感を醸し出せる肉厚パーカーがおススメ。カジュアルが得意ではなく、まだパーカを持っていないという人におススメしたいのが、白無地のパーカー。白無地なら、合わせるアイテムを選ばず、どんなテイストにも振ることが出来ます。パーカーコーデに新鮮さが欲しい人は、白シャツをインしてチラ見せするテクニックを取り入れてみてください。コーデがグッと洗練されます。

【パーカー×スカート】ならカジュアルダウンで大人可愛いが完成

【ゆるパーカー×サテンスカート】でストんと落ち着く

撮影/西崎博哉〈MOUSTACHE〉

ゆるパーカーにスカートを合わせるなら広がりすぎず、ストンとしたシルエットが得意なサテンスカートがおススメです。スカートの質感に艶があるので重くならず、コーデを軽やかにしてくれます。今回のコーデは茶色×淡いブルーで優しげな印象に。ブラックのサテンスカートだと大人シックなコーデになり、コットンキャンディーブルーや、パウダーピンクなどの2023年の淡いトレンドカラーを選ぶとコーデが今っぽくなります。

パーカー¥42,900(CaBaN/CaBaN 代官山店)スカート¥16,500(FRAY I.D/FRAY I.D ルミネ新宿2店)バッグ¥35,200(NICO GIANNI/スタニングルアー 新宿店)シューズ¥20,900(TOMORROWLAND)

 

【シンプルパーカー×ゼブラ柄スカート】でピリ辛コーデ

撮影/嶋野 旭

甘い雰囲気になることが多いパーカー×スカートの組み合わせ。マンネリしてきたしてきたなというときに試してみてほしいがゼブラ柄のスカート。普段、挑戦しづらい大胆な柄でも、シンプルなパーカなら合わせやすくなります。定番の白パーカにゼブラ柄を合わせることで、インパクトのあるピリ辛コーデが完成。厚みのあるスカートでもスリットがあるものを選べばスッキリとした印象になります。

スカート¥28,000(フィル ザ ビル/シック)パーカー¥23,000(THIRD MAGAZINE)バッグ¥35,000(ミチノ/Pred PR)スニーカー¥16,000(ホカ オネオネ™/デッカーズジャパン)メガネ¥38,000(YUICHI TOYAMA./コンティニュエ)ピアス¥9,000(シンパシー オブ ソウル スタイル/フラッパーズ)ブレスレット¥8,837(アビステ)

【ベージュパーカー×パープルフレアスカート】の上品甘コーデ

撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE)

シンプルアイテムのパーカーだからこそ、色ものアイテムを大胆に取り入れられます。ベージュの柔らかな雰囲気に映えるのが淡いパープル。甘さはしっかり出るけれど、上品にまとまります。ドロップショルダーのシルエットもフェミニンな印象をつくるポイントに。甘さを少し押さえたいときには写真のようにパイソン柄のバッグやポインテッドトゥのフラットシューズを合わせて調節。

パーカー¥5,900(エルーラ/アダストリア)スカート¥24,000(ル フィル)バッグ¥39,000(バーニーズ ニューヨーク/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)シューズ¥39,000(AEYDE/TOMORROWLAND)

【白パーカー×チュールスカート】のカジュアルドレッシー

撮影/嶋野 旭

スポーティなパーカーと、華やかなチュールスカートの組み合わせが新鮮なコーディネート。チュールスカートの特徴的なふくらみと透け感でどこかロマンチックさを残しつつも白パーカのカジュアルダウンが効いて日常に溶けこめます。バッグ、シューズを思いっきりドレッシーに盛っても行き過ぎることはないのがパーカコーデのすごいところ。

ーカー¥18,000(ウィム ガゼット/ウィム ガゼット 玉川髙島屋S・C店)スカート¥22,000(CELFORD/CELFORD ルミネ新宿1店)バッグ¥33,000(コチネレ/三喜商事)フラットシューズ¥22,000(ツル バイ マリコ オイカワ)イヤリング¥8,200(in mood/14 SHOWROOM)ブレスレット¥8,591(アビステ)

 

【パーカー×タイトスカート】のキリっと姉御コーデ

撮影/藤原 宏(Pygmy Company)

パーカー×スカートだとフレアスカートが多くなりがちですが、タイトスカートを合わせるコーデもおススメです。裾がラウンド型のパーカーを選べばタイトスカートにもインしやすく、インしないバックスタイルも綺麗に見えます。深みのあるグリーン×カーキに映えるマスタードイエローのバッグでアクセントを。

パーカー¥10,800(I.T.’S.international)スカート¥15,000(アンクレイヴ/オンワード樫山)ブレスレット¥10,000(ワンエーアールバイウノアエレ/ウノアエレジャパン)バッグ¥20,000(トーブ/ロードス)パンプス¥8,900(マミアン カスタマーサポート)

【ピンクパーカー×茶色フレアスカート】でヘルシーな可愛さをチャージ

撮影/須江隆治

ふわっと広がる茶色のフレアスカートが快活でヘルシーな可愛さを演出。甘さはあるものの、オレンジに近いピンクと茶色の組み合わせにすることで、全体的にヘルシー感のあるコーデにまとまります。パーカー自体がメンズライクなアイテムなので絶妙に甘さが軽減されていることもポイントです。服とカラーがリンクした個性派バッグでコーデに立体感をプラス。

パーカー※伊勢丹別注色¥34,000(エイトン/エイトン青山)ワンピース¥27,000(MARIHA/ショールーム セッション)バッグ¥170,000(ピエール アルディ/ピエール アルディ 東京)サンダル¥18,000(ラオコーンテ/フラッパーズ)ピアス¥27,000〈WOUTERS&HENDRIX〉バングル[10本セット]¥160,000〈SERGE THORAVAL〉(ともにH.P.FRANCE)

 

【パーカー×黒レーススカート】で遊び心ある大人シックを纏う

撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE)

オフホワイトのパーカーに黒のレーススカートを合わせると、シックな雰囲気を纏えます。レーススカートの裾部分が透けているから、レースアップブーツを合わせても重くなりすぎずバランスがいい。少々品よくなりすぎてしまったかなというときは、アイウェアや大振りイヤアクセで遊び心を足してみて。

パーカー¥5,900(エルーラ/アダストリア)スカート¥22,000(カデュネ)バッグ¥35,000(スキ/スティーブン アラン トーキョー)ブーツ¥24,000(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)メガネ¥24,000(ブラン)リング¥52,000ピアス¥38,000(ともにココシュニック)

【ベージュパーカー×ブラウンスカート】でどこか雰囲気のある人に

撮影/川田有二

コーデをベージュとブラウンでまとめると、どこか雰囲気のある人に。優しげなパーカーを深みのあるブラウンスカート、ショートブーツ、バッグで引き締めます。スカートのシワ感がコーデに立体感を出し、スリットがコーデ全体を軽やかに仕上げます。

スカート[ウォッシャブル]¥17,000(エミ アトリエ/エミ ニュウマン 新宿店)パーカー¥34,000(エイトン/エイトン青山)イヤリング¥15,273(アビステ)バッグ¥33,000(VASIC/ヴァジックジャパン)ブラウンブーツ¥19,000(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)

 

【ブラックパーカー×ドット柄スカート】で大人キュートの最適バランス

撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE)

ブラックコーデだからこそ、普段は挑戦しづらい甘めアイテムを取り入れられます。可愛い印象が強いドット柄のスカートも、黒パーカーと合わせてモノトーンで収めれば、ちょうどいい甘さのコーディネートに。後ろの着丈が長くなるタイプのパーカーで、後方に重心を持たせるのも落ち着いたキュートのポイントです。パーカーが無地なので柄ものスカートに柄ものバッグを合わせてもまとまります。

パーカー¥27,000(RHC/RHC ロンハーマン)スカート¥36,000(エッフェ ビームス/ビームス ハウス 丸の内)バッグ¥26,000(メゾン エヌ アッシュ パリ/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店)シューズ¥19,000(TOMORROWLAND)

【パーカー×マモレ丈スカート】のきれいめセットアップ風コーデ

撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE)

スカートの色や素材感を合わせてセットアップ風のきれいな着こなしに。こちらのスカートはふくらはぎが少しだけ見えるくらいの「マモレ丈」。長すぎないので、膨らみがちなトップスを合わせても、重い印象にならないのがポイントです。のっぺりしがちなワントーンコーデには、立体感のあるクラッチバッグを。

パーカー¥26,000(RHC/RHC ロンハーマン)スカート¥17,000(スタニングルアー/スタニングルアー 青山店)バッグ¥25,000(マルコ マージ/デミルクス ビームス 新宿)シューズ¥25,000(スペルタ/フラッパーズ)ピアス¥15,000(ニナ・エ・ジュール/カレンソロジー 青山)

【黒パーカー×深色スカート】でつくるパンチ配色コーデ

撮影/嶋野 旭

黒パーカーに濃いブルーのAラインワンピースの濃さが印象的なコーデ。ブラック×濃い色でパンチの出る配色なので、小物を上手に使って尖った印象を和らげて。白数字のアイコニックなトートや、冬でも素足で履けて抜け感の出るファーサンダル。深い色に映えて、さわやかさを演出するシルバーのバングルやリングもここで効かせています。

パーカー¥19,000(アッパーハイツ/ゲストリスト)ワンピース¥12,500(SNIDEL/SNIDEL ルミネ新宿2店)バッグ¥33,000(ラドロー/ラドロー オンラインストア)サンダル¥8,800(シャカ/ブルームーンカンパニー)ピアス¥3,600(JUICY ROCK)バングル¥75,000リング¥39,000(ともにシンパシー オブ ソウル スタイル/フラッパーズ)

【ブラウンパーカー×プリーツスカート】こっくりカラーで作る洗練コーデ

撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE)

マスタードイエローのようなブラウンと白の配色で華やかな印象に仕上がったコーデ。パーカーはジャストサイズの丈感で裾がストんと落ちるタイプなので、細身のプリーツスカートとの相性が良好です。色の系統は同じだけど、パイソン柄で攻めたブーツのおかげで、コーデにちょうどいい緊張感が足され、洗練された雰囲気に。

パーカー¥12,800(ジムフレックス/ビショップ)スカート¥2,990(ユニクロ)バッグ¥54,000〈ア ヴァケーション〉ブーツ¥89,000〈ペリーコ〉(ともにアマン)ピアス¥9,200(ニナ・エ・ジュール/フリークス ストア 渋谷)※クレジットはページ下:B(モデル/SONOMI)

 

【白パーカー×ミニスカート】ミニスカだってパーカを使って大人バランスに仕上げる

撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY)

履きたい気持ちはあるものの、大人女子が躊躇しちゃうのがミニスカート。パーカーコーデなら、ミニスカートも大人っぽくアレンジすることができます。ミニスカートには筒回りの大きいロングブーツを合わせると今っぽくなります。アウターも、カチッとしすぎないビッグシルエットが大人バランスの鍵です。

スカート¥36,300(ロンハーマン)パーカー¥25,300(MACPHEE/TOMORROWLAND)ジャケット¥71,500(ハウス オブ ロータス/ハウス オブ ロータス 青山店)バッグ¥57,200(ア ヴァケーション/アマン)ブーツ¥148,500(フラテッリ ジャコメッティ/ロエフ 六本木店)ピアス¥28,600(ドーラ/ロードス)

【ベージュパーカー×プリーツスカート】 メンズライクとフェミニンでつくる絶妙バランス

撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE)

ベージュパーカーにプリーツスカートを合わせると、軽やかな雰囲気がつくれます。風でなびくスカートとぽってりとしたパーカーのバランスが絶妙。小物も紫で揃えて、アクセントになりつつ、サコッシュがメンズライク、パンプスがフェミニンなアイテムなので、コーデのバランスを保ちながらまとまります。

パーカー¥28,000(リト/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク)スカート¥8,900(ノーク)バッグ¥7,800(キルナ/フェイス)シューズ¥23,000(レペット/ビームス ハウス 丸の内)ピアス¥35,000(LUZ ORTIZ/TOMORROWLAND)サングラス¥40,000(ローワーケース/ブリンク ベース)

【黒パーカー×小さめドットスカート】 オールブラックでつくる名脇役コーデ

撮影/須藤敬一

黒パーカー×黒スカートのオールブラックコーデ。全身黒なのに、どこか抜け感があるのは合わせているスカートの生地感と、わずかに入るドット柄のおかげ。ドット柄も大きく入るとインパクトが強くなりますが、小さいドットならコーデになじみ、軽やかにしてくれます。目立たせたいバッグや小物があるときに取り入れたい名脇役コーデ。

パーカー¥18,000(スタイリング//スタイリング/ルミネ新宿1店)スカート¥14,000(セルフォード/セルフォード ルミネ新宿1店)Tシャツ¥9,000(ロゥタス/ロゥタスカスタマーサービス)バッグ¥5,900(アウトドアプロダクツ/アウトドアプロダクツカスタマーセンター)エコバッグ¥4,500(エシカルトゥモロー)ブーツ¥27,000(ミネトンカ/ミネトンカカスタマーセンター)

【パーカー×パンツ】で大人の雰囲気を更に引き立たせて

【グレーパーカー×ブルーシャツ×黒パンツ】でつくる知的な可愛さ

撮影/金谷章平

ストんと丈の長いパーカーは、中からシャツを合わせてワンピース風に着るのもオシャレ。細身のパンツをボリュームのあるスノーブーツにインして、メリハリを出すのがポイントです。濃いグレーパーカーに、ブールのシャツで知的な雰囲気に整ったコーデに、丸みのあるフォルムのブーツやバッグを足して可愛さを加えます。

ブーツ「W Nuptse Bootie WP Tall」¥18,000(ザ・ノース・フェイス/ゴールドウイン カスタマーサービスセンター) パーカー¥49,000(ル フィル)シャツ¥23,000(BACCA/TOMORROWLAND)パンツ¥14,000(アダワス/ショールームセッション)バッグ¥142,000(J&Mデヴィッドソン/J&Mデヴィッドソン青山店)

【リッチ感のあるパーカー×アンクルタイドパンツ】で大人のカジュアルを格上げ

撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE)

大人のカジュアルを格上げするのが、リッチ感のあるパーカ。長めカフスで腕を引き締めつつ、前後差丈でウエスト周りの線を目立たなくするので、ゆとりのあるパンツでもスッキリ着こなせます。アンクル部分がきゅっとタイトになっているデザインもポイントです。全体的にふわっとしたアースカラーのコーデにはディテールの細かさが出るかごバッグや、チェーンブレスレットを足してバランスを調整。

パーカー¥12,000(ザ ヴァージニア/ザ ヴァージニア ルミネ有楽町店)パンツ¥32,000(シー/エスストア)バッグ¥14,000(マルシェ/ビームス 二子玉川)サンダル¥17,000(DES PRÉS)ブレスレット¥245,000(Spinelli Kilcollin/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)

【ブラウンパーカー×ストレートパンツ】お固め雰囲気をスポーティで上品に崩してく

撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE)

ジャケット、パンツ、トートバッグが四角いフォルムでカチッとした印象を持つアイテムなので丸みのあるパーカや白スニーカーを加えて、お固めな雰囲気をスポーティさで崩してみます。遊び心はあるものの、全体的に黒、ブラウン、ホワイトでまとまっているのでオフィスでも浮かないコーデに仕上がります。

パーカー¥13,000(FRAY I.D/FRAY I.D ルミネ新宿2店)ジャケット¥72,000〈ラキャンターヌ〉パンツ¥39,000〈ドゥーズィエム クラス〉(ともにミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス 丸の内店)バッグ¥56,000(CORTO MOLTEDO/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)スニーカー¥9,700(ニュー バランス/エミ ニュウマン新宿店)ピアス¥23,000(ココシュニック)

【白パーカー×ブラウンパンツ】フード付きパーカの子どもっぽさを逆手にとって大人可愛く

撮影/嶋野 旭

今回のコーデは、ともすると子供っぽいフードを逆手にとって大人可愛いを狙っています。大人女性には苦手な人もいますが、小顔効果が出るのもフードの特徴。配色をホワイト×ブラウンの組み合わせにすることで上品な印象に仕上げ、ポインテッドトゥで大人っぽさをプラス。シンプルなコーデなので、腕をまくって手首を出したり、足の甲を出すなどしてヌケ感を出していきます。

パーカー¥19,800(ウィム ガゼット/ウィム ガゼット 玉川髙島屋S・C店)パンツ¥28,600(ロンハーマン/ロンハーマン)バッグ¥39,600(ヴァジック/ヴァジックジャパン)パンプス¥20,900(ダニエラアンドジェマ)ピアス¥3,190(mimi33/サンポークリエイト)バングル¥5,670(アビステ)

【パーカー×白シャツ×パンツ】綺麗めパンツには、白シャツで繋げる

撮影/嶋野 旭

パーカーの下から白シャツの裾を出すオシャレ見えテクニック。通常は細身のパンツを合わせがちだけれど、そこにゆるっとした印象の強いサテンパンツを合わせるのが上級編。ボトムスとフラットシューズをシルバーでまとめているので、着崩しつつも綺麗に見えます。写真のように白シャツに長さがあるとより印象的に。

パーカー¥21,000(ドレステリア/ドレステリア 新宿店)パンツ¥19,000(LE PHIL)シャツ¥1,990(ユニクロ)バッグ¥49,000(ペリーコ/ビームス カスタマーサービステスク)フラットシューズ¥15,000(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)ピアス¥2,745リング¥2,800(ともにROOM/サードオフィス)バングル¥155,000(ウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)

【白パーカー×ラインパンツ】で清潔感のあるスポーティコーデ

撮影/赤 英路

パーカーのカジュアルさを活かした潔いスポーティコーデ。サイドラインパンツのラインとパーカの色を揃えることで縦長効果が狙えて、スタイルアップに。パンツのラインは、太めで1本が新鮮。形もピタッとしすぎず、テーパードのような形だとより大人っぽく綺麗めに着こなせます。パーカを使った大人スポーティコーデはアイテムの上質感が鍵。

スニーカー¥31,000(デイト/ティースクエア プレスルーム)パーカ¥14,800(フェリーチェ)パンツ¥20,000(ダブルスタンダードクロージング/フィルム)バッグ¥14,800(セピカ/ジオン商事)

【アイボリーパーカー×光沢パンツ】大人のアンニュイコーデ

撮影/菊地 史(impress+)

アイボリー、ブラウン、くすみグリーンでまとめて、アンニュイな色っぽさを纏ったコーディネート。光沢感と揺れる素材で女らしさ満点のパンツには、パーカーを合わせることで嫌らしくないコーデに仕上がります。リラックスな雰囲気の中でも、どこか凛とした雰囲気を醸し出して。

パーカー¥16,000パンツ¥22,000(ともにカデュネ/カデュネ ルミネ新宿店)その他(スタイリスト私物

【紺パーカー×マゼンタパンツ】配色でパーカーコーデもモード見え

撮影/藤原 宏(Pygmy Company)

カジュアルに落ち着きがちなパーカーコーデですが、コントラストのある配色にすると、モードな雰囲気にも振ることが出来ます。こちらは、ネイビーとマゼンタピンクが印象的。小物をTストラップシューズやボックスハンドバッグなど個性的なアイテムにするのも、モード見えのコツです。

パーカー¥10,800(I.T.’S.international)パンツ¥27,000(オットダム/ストックマン)サングラス¥47,000(アイヴァン 7285/アイヴァン 7285 トウキョウ)バッグ¥25,000(アディナ ミューズ/ADINA MUSE SHIBUYA)フラットシューズ¥14,500(ダイアナ/ダイアナ銀座本店)

【パーカー×アンクルタイドパンツ】でつくる都会的リラクシー

撮影/谷口 巧(Pygmy Company)

肩の力が抜けつつも遊び心満載のこちらのコーデ。ベージュパーカーとアンクルタイドパンツがリラックスした雰囲気をつくっていますが、インした白シャツや、レオパード柄のスリッパシューズ、チェーンバッグでタウンユースな表情も持たせます。全体的に下方向に重心がのるコーデなので、フードの紐は垂らさず結ぶのがちょっとしたコツ。

パーカー¥5,850(mite/ロードス)シャツ¥24,000(アパルトモン/アパルトモン 青山店)パンツ¥20,000( アンスリード/アンスリード 青山店)バッグ¥3,999[税込](H&M/H&M カスタマーサービス)スリッパシューズ〔10月展開〕¥22,000(TSURU by MarikoOikawa)ピアス¥2,164(ROOM/サードオフィス)ブレスレット¥14,728(アビステ)

【ラウンドカットタイプのパーカー×光沢パンツ】でつくる大人上品コーデ

撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE) 

着丈が長く、裾に曲線の出るラウンドカットタイプのパーカーなら、気になる腰回りをかくしつつも、上品さや色気が演出できます。ランドカットパーカーは、綺麗め光沢パンツやパンプスといった上品アイテムとの相性が◎ ライトグレー&ラベンダー、淡色同士の組み合わせも、よりコーデを洗練された印象に仕上げます。

パーカー¥28,000(ステア)パンツ¥13,000(ジャーナル スタンダード/ジャーナル スタンダード 表参道)バッグ¥35,000(VASIC/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)パンプス¥40,000(ロランス/ザ・グランドインク)

【大判ギンガムチェック×白パーカー×黒パンツ】大人トレッドで綺麗めご近所コーデ

撮影/渡辺謙太郎(MOUSTACHE)

大判のギンガムチェックコートに白パーカーでボーイッシュな雰囲気を出しつつも、テーパードパンツとローファーで大人トレッドな雰囲気に仕上げます。パンツは腰回りにゆとりのあるタイプのものですが、黒テーパード×黒ローファーなので、スッキリ見えが叶います。大きなフリルがついたシルバーのバッグのおけげで、カジュアルな中にも華やかさがあるコーデに。

パンツ¥4,900パーカー¥5,900(ともにエルーラ/アダストリア)ジャケット¥113,000(ウールリッチ/ウールリッチ 青山店)バッグ¥6,000(エロイーズ/ジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)シューズ¥22,000(ファビオ ルスコーニ/プルミエ アロンディスモン)

【白パーカー×カーキサテンパンツ】重厚感と爽やかさの両得コーデ

撮影/藤原 宏(Pygmy Company)

こちらもパーカーと相性のいいサテンのパンツを合わせたコーデ。パーカーのサイドにスリットが入っているので、ワイドパンツと合わせてもスッキリとした印象に仕上がります。カジュアルなカーキと、清潔感のでる白は相性がよく、大人っぽく爽やかに着こなせます。持ち手部分が白のバッグを合わせて、コーデ内で色をリンクさせているのも、まとまって見えるコツ。

パーカー¥10,800(I.T.’S.international)パンツ¥14,000(アンクレイヴ/オンワード樫山)ピアス¥8,000(NATURALI JEWELRY 新宿高島屋店)バッグ¥24,000(パオラヌッティ/ティースクエア プレスルーム)フラットシューズ¥14,000(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)

 

【パーカー×アウター】だからこそ、フーディや襟で顔回り変化を楽しんで

【白パーカー×トレンチ】の華やかレイヤードコーデ

撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY)

パーカーのフーディを上手く使ったレイヤードコーデ。トレンチの襟とパーカのフーディで顔回りがさらに華やかな印象になります。白パーカーがトップスに入ることで、主役の花柄スカートが引き立ちます。フェミニントレンチと花柄スカートで全体的に甘めなコーデになりつつも、マニッシュ要素のあるパーカをトップスにもってきているので、くどくなりすぎず、上品にまとまります。

(グローバルワーク/アダストリア)スカート¥39,600(ソブ/フィルム)コート¥121,000(ebure/ebure GINZA SIX店)バッグ¥22,000(スキュー/アイネックス)シューズ¥11,000(アダム エ ロペ/ジュンカスタマーセンター)ピアス¥17,600(ete)

 

【白ロゴパーカー×黒ジレ×茶アイテム】でつくる小粋コーデ

撮影/藤原 宏(Pygmy Company)

白ロゴパーカーに、馴染みの黒ジレ、こげ茶パンツでつくる、小粋なちょい悪コーデ。適度に入った黒部分でコーデにメリハリ感を出しつつも、パンツやバッグ、アイウェアに茶色が入っているので、黒と白の緊張感を中和し居心地の良さを感じる印象に仕上げます。春や秋に、このルックでお散歩するのもいいですし、冬にロングコートの下にひそませて、脱いだときの変化を狙ってみるのもおススメです。

コート〔トレンチコート付き〕¥38,500(ユナイテッド トウキョウ/ユナイテッド トウキョウ 神宮前店)パーカー¥22,000(スローン)パンツ¥47,300(エブール フォー ロンハーマン/ロンハーマン)バッグ¥57,200(ア ヴァケーション/アマン)ローファー¥103,400(フラテッリジャコメッティ/ビームス ハウス 丸の内)サングラス¥20,900(ロンハーマン)ピアス¥82,500(ウノアエレ ジャパン)ブレスレット¥16,500(アンセム フォー ザ センセズ/アマン)

【ノーカラーのボア素材ジレ】でシックなコーデをカジュアルダウン

撮影/西崎博哉〈MOUSTACHE〉

素材や色やデザインでコーディネートの雰囲気をガラッと変える力があるのがジレ。きれいめな印象に仕上げたいときにジレを使うことが多いのですが、今回のジレは逆にオールブラックでシックなコーデをカジュアルダウンしています。ノーカラー(襟がないデザイン)で、ボア素材であることが、カジュアルダウンの鍵。袖周りがもたつきやすいパーカーとジレの組み合わせは相性抜群です。

ジレ¥40,700(スリードッツ/スリードッツ青山店)パーカ¥25,300(マカフィー/TOMORROWLAND)スカート¥42,900(エイトン/エイトン青山)ピアス¥30,800〈ウノアエレシルバーコレクション〉(ウノアエレ ジャパン)ブーツ¥42,900(ペリーコ サニー/アマン)バッグ¥5,940(アダム エ ロペ)

 

【黒パーカー×ミックスツイードジャケット】で高級感漂う大人コーデ

撮影/水野美隆〈zecca〉

パーカーでもジャケットを合わせることできちんと見えが叶います。光沢感のないミックスツイードジャケットを選ぶと、ナチュラルな仕上がりに。高級感と大人っぽさを出したいのならジャケットの中のパーカーは黒がおススメ。そこにオレンジに近いブラウンアイテムが加わるとアクセントになり、カッコよく引き締まります。

パーカー¥13,000(エミ アトリエ/エミ ニュウマン新宿店)ジャケット¥55,000(THIRD MAGAZINE/THIRD MAGAZINE)パンツ¥23,000(ジョーズ・ジーンズ/エドウイン・カスタマーサービス)ピアス¥10,000〈ワンエーアールバイウノアエレ〉リング¥15,000〈ウノアエレシルバーコレクション〉(ともにウノアエレ ジャパン)パンプス¥40,000(ロランス/ザ・グランドインク)バッグ¥101,000(ピエール アルディ/ピエール アルディ 東京)

【パーカー×金ボタン紺ブレ】でパーカコーデをトレンド顔に 

撮影/西崎博哉(MOUSTACHE)

パーカー×プリーツスカートの定番コーデにトレンドの金ボタン紺ブレを合わせるスタイル。パーカーとスカートのリラックスした雰囲気を紺ブレザーできれいめに整えます。ジャケットの裏地の白が、さりげなくコーデを軽やかにしてくれているのもポイントです。スニーカーをジャケットに合わせてネイビーにすることでまとまった印象に。

ジャケット¥36,000(デミルクス ビームス/デミルクス ビームス新宿)パーカー¥24,000(エイトン/エイトン青山)プリーツスカート¥49,000(ebure)バッグ¥8,500(ジェーン スミス×トゥエンティー エイティー/UTS PR)スニーカー¥46,000(アンアワー アンド ア シャワー/アストラット 新宿店)ピアス¥15,120(パズ コレクティブ/ZUTTOHOLIC)サングラス¥46,000(アイヴァン7285/アイヴァン 7285 トウキョウ)

【パーカー×白ライン紺ブレザー】制服を着崩したかのようなアイコニックを

撮影/平井敬治

ジャケットよりも肩肘張らない紺ブレなら、パーカーにも合わせやすい。今回のコーデは、白ラインの入った紺ブレを着用し、襟周りの輪郭がはっきりとした印象に。白ラインの紺ブレとパーカーで制服を着崩したかのようなアイコニックさが出ていますが、ボトムスをドットの巻きスカートにし、パンプスを合わせることでトップスの、マニッシュな印象をフェミニンに調整しています。

〈女性〉スカート¥25,000(ケイ シラハタ/スタイリング/新宿ルミネ1店)パンプス¥31,000(ファビオ ルスコーニ/スピック&スパン ルミネ有楽町店)ジャケット¥35,000〈イエナ ラ ブークル〉パーカー¥16,000〈ヤング アンド オルセン〉バッグ¥26,000〈アニエスベー ボヤージュ〉(すべてメゾン イエナ)ピアス¥25,000(ベック ジュエル/バーニーズ ニューヨーク カスタマーセンター)〈男性〉ジャケット¥92,000(ザ・ジジ/アスティーレ ハウス)ニット¥45,000〈ロンハーマン〉デニム¥29,000〈ロンハーマン デニム〉(ともにロンハーマン)Tシャツ¥11,000(スリードッツ/スリードッツ 青山店)ローファー¥39,000(イルモカシーノ/ビームス 銀座)

【キルティングコート×白パーカー】即席アクティブガールコーデ

撮影/金谷章平

パーカーとキルティングコートはアクティブな雰囲気を出したいときに、速攻性のあるコーディネート。メンズライクな雰囲気を保ちつつも、幼くならないようにするには、パンツをジーンズではなく、黒スキニーにしてコーデに大人っぽさとメリハリを出すのがポイントです。カジュアルが苦手な人は、バッグなどの小物でリッチ感を出すのがおススメです。

ジャケット(メンズ)¥7,990(ユニクロ アンド ホワイトマウンテニアリング/ユニクロ)パンツ¥60,500(サードマガジン)パーカ¥6,710(ユナイテッドアスレ/キャブ)バッグ¥221,100(ジミー チュウ)スニーカー¥13,200(ニューバランス/ニューバランス ジャパンお客様相談室)サングラス¥48,400(アイヴァン 7285/アイヴァン 7285 トウキョウ)ピアス¥38,500(ブランイリス/ブランイリス エストネーション 六本木ヒルズ店)

【モカブラウンパーカー×ボアジャケット】大人ナチュラルコーデ

撮影/西崎博哉(MOUSTACHE)

動きやすい丈の短めアウターをパーカーに合わせるなら、ボアジャケットもおススメです。淡い色のボアパーカよりも、大人っぽくナチュラルに見えるのが優しげなブラウンのボアジャケット。ボトムスのジーンズはストレートタイプのシルエットを選ぶのが大人見えのコツ。全体的に無地のアイテムが多いので、コンバースでディテール感を足すのも◎

パーカー¥1,999(アース ミュージック&エコロジー ナチュラル レーベル/アース ミュージック&エコロジー トーキョー 東京 ソラマチ)ボアジャケット¥39,600(ペレッシモ/カレンソロジー 二子玉川)薄手ダウンジャケット¥5,990(ユニクロ)デニムパンツ¥20,900(レッドカード/ゲストリスト)バッグ¥52,800(ヴァジック/ヴァジックジャパン)スニーカー¥6,380(コンバース/コンバースインフォメーションセンター)ソックス¥2,310(タビオレッグラボ/Tabio)ピアス¥17,270(パズコレクティブ/ZUTTOHOLIC)

【白フォトパーカー×白コート】大人の白モココーデ

撮影/須藤敬一

白パーカーに白コートを合わせて、白モコを大人風に楽しむコーディネート。膨張しすぎて見えないのは、白パーカーに入ったフォトデザインのエッジが効いているおかげ。フォトデザインは、ジャケットコーデをラフに仕上げたいときなどにも便利なアイテムです。ボトムスにテーパードパンツ、パンプスを合わせることで、スッキリ綺麗見えします。

テーパードパンツ¥28,000〈TOMORROWLAND COLLECTION〉コート¥46,000 〈TOMORROWLAND〉(ともにTOMORROWLAND)パーカー¥11,800(POET MEETS DUBWISE/ジャーナル スタンダード レサージュ 青山店)バッグ¥47,000(ア ヴァケーション/アマン)シューズ¥29,000(ファビオ ルスコーニ/ファビオ ルスコーニ 有楽町店)

【黒パーカー×チェスターコート】決めすぎないリッチ感

撮影/水野美隆(zecca)

冬の定番チェスターコートには、カジュアルアイテムを1点入れるのがおススメです。このコーデにはパーカーをカジュアルアイテムとして投入し、キメ過ぎを回避しているものの、黒なのでリッチ感も担保しています。グレンチェックに細い赤の線が入っているおかげで、黒でまとめているけれど、地味に見えないのもこちらのコーデのポイントです。

チェスター コート¥60,000(プルミエ アロンディスモン)パーカー¥21,000(アストラット/アストラット 新宿店)スカート¥19,000(エーピー ストゥディオ/エーピー ストゥディオ ニュウマン シンジュク)バッグ¥179,000(ピエールアルディ/ピエールアルディ東京)ピアス¥13,000(ete)タイツ(スタイリスト私物)

【白パーカー×柔らかトレンチ】白でブラウンの明るさを引き立てて

撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE)

鉄板のトレンチコート×パーカーコーデも、進化系トレンチコートの影響で少しずつ表情が変わってきている近年。こちらのコーデのトレンチは、柔らかな素材が使用されて軽やかな雰囲気に。パーカーの白がブラウンの明るい色彩を引き立て、穏やかなコントラストを演出します。トレンチの袖をクシュっとあげ、中から白パーカーを少し出すのもオシャレ見えのポイントです。

パーカー¥16,000(アルアバイル)コート¥22,000(ノーク)パンツ¥21,000(スタニングルアー/スタニングルアー 青山店)バッグ¥70,000(YUZEFI/TOMORROWLAND)パンプス¥40,000(ロランス/ザ・グランドインク)

【グレーパーカー×カーキコート】大人ボーイッシュコーデ

撮影/芹澤信次

グレーパーカーと、カーキのレイヤードコーデ。ボーイッシュさを出すには定番カラーのグレーとカーキですが、この2つを合わせるときは色彩がくすまないように工夫が必要。コーデのどこかに白小物を入れたり、適度に肌見せをすることがポイントです。こちらは白フラットシューズの視覚効果でスッキリと。

デニム¥18,500(サージ/ショールーム セッション)シューズ¥48,000(J&M デヴィッドソン/J&Mデヴィッドソン 青山店)コート¥67,000(ゲミニー/ウィム ガゼット 玉川高島屋S・C店)パーカー¥17,800(レミ レリーフ/アンストア)バッグ¥43,000(ロンシャン/ロンシャン・ジャパン)イヤリング¥2,680(アネモネ/サンポークリエイト)

【ベージュパーカー×トレンチ】で叶う落ち着きのある優しい雰囲気の人

撮影/芹澤信次

ベージュパーカーにトレンチを合わせてつくるフェミニンコーデ。カジュアルで優しい雰囲気の出るベージュパーカーに白マキシスカートの軽やかな女らしさが加わります。パーカの前部分をスカートに少しだけインして、白の表面積を大きくしコーデにメリハリをつけながら脚長効果を狙うのがポイントです。

コート¥90,000(ポステレガント)パーカー¥25,000(ゲミニー/ウィム ガゼット青山店)スカート¥36,000(エンリカ/フラッパーズ)バッグ¥39,000(ヴァジック/ヴァジックジャパン)パンプス¥99,000(マノロ ブラニク/ロンハーマン)バングル¥49,000〈ガブリエラ アルティガス〉ピアス¥35,000〈アグメス〉(ともにアパルトモン 神戸店)

STORY編集部
STORY編集部
2002年創刊の女性ファッション誌。日々をアクティブに生きる40代女性を輝かせるべく、ファッションからビューティ、ライフスタイルに至るまで、読者に寄り添い、悩みや「なぜ?」に答える企画・記事を誌面とwebで提供しています。
おすすめ記事はこちら

※この記事は過去の『STORY』をもとに再構成したものです。商品については掲載当時の情報となりますのでご了承ください。

構成/STORYweb編集室

 

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Feb
26
今日の40代おしゃれコーデ

【グレーコーデ×オールインワン】で着慣れた甘ブラウスもハンサム顔に

【グレーコーデ×オールインワン】で着慣れた甘ブラウスもハンサム顔に

会員限定PRESENT

会員プレゼント

神宗の鍋つゆ「美鍋シリーズ」7種類セット(¥11,016)を計10名の方にプレゼントします!

PICK UP