• TOP
  • Fashion
  • 【マウンテンパーカーコーデ18選!】最新定番アウターの大人カジュアル成功例【2022年度】
Fashion特集

【マウンテンパーカーコーデ18選!】最新定番アウターの大人カジュアル成功例【2022年度】

大人にもオシャレのカジュアル化が進むなかで、ここ最近人気のアウターといえば”マウンパ”ことマウンテンパーカー。春秋はもちろん、気軽に着られるので季節の変わり目や肌寒いときなどにも幅広く使えて、羽織るだけでコーディネートのアクセントになるので、きれいめ派にもオススメのアイテムです。パーカーをカラー別に分けて、着こなしのアイデアやテクニックをまとめました!

INDEX マウンテンパーカーの着こなしのポイントは?
大人にオススメなのはボトムスを選ばず合わせやすい黒or白!
ベージュやブラウンなどのアースカラーでもこなれた印象に
アクティブなシーンなどではカラフルなアイテムをコーデの主役にするのも

マウンテンパーカーの着こなしのポイントは?

マウンテンパーカーとはフード付きのブルゾン。カジュアルなデザインが多いですが、フードがおしゃれ感を演出してくれて、アウトドアだけでなく、オシャレな街着としても大活躍してくれる万能アイテム。最近では大人のキレイめカジュアルに欠かせないトレンドアイテムとして定番化しています。大人が素敵に着こなすには、全身をスポーティやカジュアルだけにまとめないことが重要! パンツでもスカートでも、ボトムスをキレイめなものにしたり、あるいはワンピースやすっきりしたオールインワンと合わせると、バランスが取れて洗練された印象に。まずは黒や白、ベージュなどのアイテムを選ぶのがオススメですが、ビビッドなカラーもオシャレ度高めに。合わせるアイテムの色は抑えめにするのがポイントです。素材はナイロンのものが一般的ですが、ツヤ加工やシワ加工などのひと癖があるとコーディネートに差が出ます。

大人にオススメなのはボトムスを選ばず合わせやすい黒or白!

【ブラックマウンテンパーカー×プリーツスカート】今どきシルエットで柄スカートを攻略

ブラックマウンテンパーカ×プリーツスカート
撮影/藤原 宏(Pygmy Company) 

一見、難易度の高いアニマル柄のプリーツスカートも、上半身はシンプルに真っ白なTシャツに黒のマウンテンパーカーをさらりと羽織って合わせれば、都会的なお出かけ仕様のコーディネートに仕上がります。マウンテンパーカーは、後ろ下がりのオーバーサイズシルエットを選べば、ゆるっと感が加わってさらに今っぽくきまります。

マウンテンパーカー[サイズ38]¥26,400(ドレステリア/ドレステリア 二子玉川店)Tシャツ[サイズM]¥1,990 スカート[サイズM]¥7,990 バッグ¥3,990〈すべてMANGO〉スニーカー¥37,400〈UNITED NUDE〉(すべてロコンド)イヤリング、バングル(ともにスタイリスト私物)

【ブラックマウンテンパーカー×ロングスカート】キレイめとカジュアルの絶妙バランス

ブラックマウンテンパーカ×ロングスカート
撮影/福本和洋

ザ・ノース・フェイスなどしっかりとしたアウトドアブランドから選ぶのもオススメです。今大人気のザ・ノース・フェイスのほかにも、パタゴニアやコロンビア、マーモット、ヘリーハンセンなどがオススメ。モノトーンでまとめることで”カジュアル感””アウトドア感””スポーティ感”が程よく抑えられるので、より洗練されたキレイめ大人カジュアルのできあがりです。

ブルゾン¥25,000(ザ・ノース・フェイス/ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)カットソー¥26,000(マディソンブルー)スカート¥42,000(ANAYI)バッグ¥132,000(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン 青山店)シューズ¥79,000(マリ ジウディセリ/アダム エ ロペ)

【ブラックマウンテンパーカー×カラースカート】あいまいカラーを黒が引き立てて

ブラックマウンテンパーカ×カラースカート
撮影/園田ゆきみ(PEACE MONKEY)

マウンテンパーカーだけでなく、小物のバッグ、スニーカー、キャップまで黒でまとめることで、ボーダートップスなどのアイテムを使っている割に、カジュアル感を控えめに演出できます。さらに、カラースカートが主役としてより生きます。カラーアイテムは、初心者や抵抗のある人は淡めの色やくすんだ色から選ぶと間違いないです。

マウンテンパーカー〔サイズ9〕¥49,500(Maison de Beige)カットソー〔サイズS〕¥16,500(SUPERIOR CLOSET)スカート〔サイズ9〕¥19,800(INÉD)バッグ¥29,700(HIROKO HAYASHI/HIROKO HAYASHI シブヤスクランブルスクエア店)スニーカー¥12,100(NIKE/atmos pink flagship Harajuku店)キャップ¥2,990(MANGO/ロコンド)ピアス、時計(ともにスタイリスト私物)

【ブラックマウンテンパーカー×モノトーン柄スカート】すっきりシルエットで大人可愛く

撮影/西崎博哉(MOUSTACHE)

すっきりシルエットのブラックマウンテンパーカーなら、上品なモノトーンスタイルが作れます。こういったコーディネートはジャケットやブルゾンなどのカチッとしたアウターを選びがちですが、マウンテンパーカーならカジュアル感をプラスすることでより親しみがわきやすい雰囲気に。膝下のスカートで品に加えて大人可愛さも演出できます。

ブルゾン¥13,000(S・girasole)カットソー¥8,000(ドレスレイブ/ジオン商事)スカート¥22,000(Coomb/キャノンクリエーション)バッグ¥7,000(レイジースーザン/レイジースーザン 新宿ミロード店)フラットシューズ¥13,000(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)

【ホワイトマウンテンパーカー×ふんわりスカート】程よく甘さもあるモノトーン

ホワイトマウンテンパーカ×ふんわりスカート
撮影/久保嘉範

清潔感のある白のマウンテンパーカーならパッと羽織るだけで大人のキレイめカジュアルに仕上がります。モノトーンでまとめることで都会的なスタイリッシュさも加えて。マウンテンパーカーのテントラインのシルエットが、ほんのり甘さもキープしてくれています。袖をまくって腕を出すのもオシャレ感アップにつながります。

ブルゾン¥56,000(THE RERACS)スカート¥36,000(ニアー ニッポン/ニアー)バッグ¥34,000(ヴィオラドーロ/ピーチ)靴¥16,000(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)ゴールドバングル¥21,000(ジュエッテ)ブレスレット¥6,150(ジューシーロック)

【ホワイトマウンテンパーカー×ロングスカート】ロング×ロング合わせで旬をまとって

ホワイトマウンテンパーカ×ロングスカート
撮影/西崎博哉(MOUSTACHE)

少し長め丈でオーバーシルエットなマウンテンパーカーは、あえてスカートも長めのロング×ロング合わせにすることで、絶妙なオシャレバランスに。トーンはあくまで控えめを意識しておきたい。メンズライクなアウターが、ボリュームスリーブの程よい甘さとのミックス感で、日常でも気後れしないオシャレを後押ししてくれます。

ブルゾン¥20,900(THREE SQUARE)Tシャツ¥13,200スカート¥30,800(ともにカオス/カオス丸の内)バッグ¥70,400(ミチノ・パリ/サードカルチャー ミチノ・パリ)ピアス¥38,500(ヴァンドーム青山/ヴァンドーム青山 プルミエール 伊勢丹新宿店)

ベージュやブラウンなどのアースカラーでもこなれた印象に

【ベージュマウンテンパーカー×ツヤワンピース】ゆるっとシルエットには素材感で女性らしさを

ベージュマウンテンパーカ×ワンピース
撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE)

マウンテンパーカーは、ツヤや落ち感のあるスカートやワンピースと好相性。女性らしくなりすぎず、カジュアルになりすぎず、程よいバランスでまとめてくれます。コーディネートがトータルで落ち着いた色使いになった時は、バッグなどの小物は思い切って派手色や形に特徴のあるものを選ぶのがベター。一気に上級者見えできます。

ブルゾン¥20,000(ヴァンヌフ/ボヌール)ワンピース¥34,000(アッパーハイツ/ゲストリスト)ピアス¥27,000(アガット)バッグ¥12,800(セピカ/ジオン商事)ショートブーツ¥26,000(モード・エ・ジャコモ/ロコンド)

【ベージュマウンテンパーカー×オールインワン】トーンをそろえればカーデ感覚で羽織れる

ベージュマウンテンパーカ×オールインワン
撮影/平井敬治

オシャレ感はもちろん、季節の変わりめの寒さ対策など、さまざまなタイミングで活躍してくれるマウンテンパーカー。淡い色味を選べばカーディガン感覚で着こなせて、キレイめコーディネートともマッチします。特にベージュは40代も取り入れやすいカラーです。コーディネートのトーンをそろえている分、ワンポイントのイエローバッグが効果的に。

マウンテンパーカ ー¥39,600(ラ・エフ)オールインワン ¥25,300(ルージュ・ヴィフ/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店)バッグ ¥4,389<MANGO>サンダル ¥18,700<FABIO RUSCONI>>(ともにロコンド)ピアス(スタイリスト私物)

【カーキマウンテンパーカー×ロングワンピース】女性らしいワンピースと相性抜群

カーキマウンテンパーカ×ロングワンピース
撮影/清水将之(mili)

カーキなどのよりカジュアルめなマウンテンパーカーは、金具がゴールドのものを選べばキレイめに振れます。パーカーのフードに目線が行くので、ハイネックなど首回りに印象のあるアイテムを合わせることで、よりオシャレ感をアップ。バッグはインパクトのあるカチッとしたものを選んでポイントに。さらにお出かけ仕様に仕上がります。

ブルゾン¥26,400(アルアバイル)ピンクワンピース¥17,600(バトナー/デミルクス ビームス 新宿)オレンジバッグ¥47,300(マージ シャーウッド/TOMORROWLAND)サンダル¥27,500(マリエッタズ ファンタジー/フラッパーズ)ロングネックレス¥21,890(ソコ/ZUTTOHOLIC)

【ブラウンマウンテンパーカー×ロングスカート】ツヤ素材でキレイめ感を加えて

ブラウンマウンテンパーカ×ロングスカート
撮影/谷口 巧〈Pygmy Company〉

プチプラブランドのマウンテンパーカーも近頃は優秀なものが多いので、見つけたら候補に入れておきたい。シンプルでカジュアルなアイテムに合わせるボトムスは、落ち感のあるスカートやツヤのあるスカートなど、少し大人の女性らしさを意識すると、スニーカーカジュアルもよりキレイめにまとまります。色味を茶色と白だけにしたことで上品さもGET。

マウンテンパーカー¥2,990(GU)スカート¥8,600(ミラ オーウェン/ミラ オーウェン ルミネ新宿2店)バッグ¥132,000(J&M デヴィッドソン/J&Mデヴィッドソン 青山店)スニーカー¥12,000(プーマ/エミ ニュウマン新宿店)ピアス¥8,000(ラピュイ/キャセリーニ)

【ブラウンマウンテンパーカー×ワイドカーゴパンツ】カジュアルは小物で女性らしさを

ブラウンマウンテンパーカ×ワイドカーゴパンツ
撮影/西崎博哉(MOUSTACHE) 

マウンテンパーカーはAラインを選べばオシャレなシルエットなだけでなく、体型カバーにもなるので40代にはうれしい効果。細かいこだわりとしてはツヤ素材&ゴールド金具のものならいつものカジュアルがグレードアップ。ワイドなカーゴパンツは白を選び、足首を出すことで抜け感を演出できます。バッグやパンプスできちんと感を出すことが可能に。

マウンテンパーカー[サイズM]¥7,590(エルーラ/アダストリア)ノースリーブニット¥6,930(ハッシュニュアンス)パンツ¥28,600(ティッカ)バッグ¥22,880(YAHKI/ショールーム セッション)フラットシューズ¥59,400(ペリーコ/アマン)イヤリング¥4,070(マチルダローズ/ロードス)ブレスレット¥6,300(アビステ)

【ブラウンマウンテンパーカー×タイトスカート】ゆるっと×タイトでバランスよく

ブラウンマウンテンパーカ×タイトスカート
撮影/遠藤優貴(MOUSTACHE)

マウンテンパーカーに抵抗のある人は、アウトドア感の少ないデザインやシルエットのアイテムから選ぶのがオススメです。ゆるっとしたテントラインのものをポンチョのように着こなして。ウエストを絞ってタイトスカートに合わせることで優しい女っぽさをON。

ブルゾン¥20,000(ヴァンヌフ/ボヌール)ニット¥5,990(イェッカ ヴェッカ 新宿)スカート¥13,000(スプレンディーナ/ユニバーサルランゲージ 渋谷店)バッグ¥4,800(ユニバーサルランゲージ/ユニバーサルランゲージ オンラインショップ)フラットシューズ¥19,000(モード・エ・ジャコモ/ロコンド)

アクティブなシーンなどではカラフルなアイテムをコーデの主役にするのも

【イエローマウンテンパーカー×フレアスカート】絶妙配色で差のつくコーデに

イエローマウンテンパーカ×フレアスカート
撮影/須藤敬一

意外と動けて足もすっぽり隠れる、目新しいワッシャーロングスカートを合わせて。スカートが女性らしいのでスポーティなサンダルでも大丈夫。アクティブなイエロー×女っぽいボルドーの配色は一見上級者ですが、アウトドアなシーンではこのぐらいのカラーリングでも場になじみやすいです。ロゴTシャツを着ておけば、脱いでもオシャレ感をキープできます。

〈女性〉アノラックパーカー¥17,000(ジャーナル スタンダードプラスイー/ベイクルーズ カスタマーサポート)ロゴTシャツ¥6,000(エトレトウキョウ)ティアードスカート¥46,000/アールジュビリー(ショールーム セッション)ピアス¥3,600(ステラハリウッド)サンダル¥11,000(テバ/デッカーズジャパン)〈男性〉アノラックパーカー¥16,000サンダル¥7,800(ともにザ・ノース・フェイス/ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)Tシャツ¥5,000(エカル/アーバンリサーチ プレスルーム)ショートパンツ¥29,000(エイトン/エイトン青山)バッグ¥5,500(KELTY/アリガインターナショナル

【ピンクマウンテンパーカー×ホワイトワンピース】くすみ色は大人にオススメ!

ピンクマウンテンパーカ×ホワイトワンピース
撮影/西崎博哉(MOUSTACHE)

少しくすんだカラーのマウンテンパーカーなら、大人にも取り入れやすい。アウターとしてマウンテンパーカーを脱ぐことがあるようなシーンなら、ワンピースを着ておけばコーディネートにも悩みません。パーカーとスカートの色をどちらもひろったカラフルスニーカーを合わせて、カジュアルな中にも気の利いたポイントを。

ブルゾン¥13,000(S・girasole)ワンピース¥58,000(ミドラ/アルディム)時計¥19,000(ベイビージー/カシオ計算機)バッグ¥4,800(アウトドアプロダクツカスタマーセンター)スニーカー¥31,000(デイト/ティースクエア プレスルーム)

【グリーンマウンテンパーカー×ジョグパンツ】イチ推しトレンドカラーを主役に

グリーンマウンテンパーカ×ジョグパンツ
撮影/清水将之(mili)

トレンドカラーのグリーンを主役にすれば、スポーティやカジュアルにまとめても今っぽさをキープ。大きめのイヤリングやピアス、バングル、リングなどアクセサリーで女性らしさをプラスすることが、全身がカジュアルめになるときの大人コーディネートの正解です。

ブルゾン¥48,400(ラコステ)Tシャツ¥4,490(ハッシュニュアンス)パンツ¥41,800(ボンジュール マダム/ミューズ ドゥ ドゥーズィエム クラス ロッポンギ)バッグ¥10,780(ディミヌティーボ/シップス 有楽町店)サンダル[ソール高3.5cm]¥9,130(シャカ/ブルームーンカンパニー)ピアス¥7,700(オクト/フォーティーン ショールーム)バングル¥18,480(ソコ/ZUTTOHOLIC)

【ブルーマウンテンパーカー×プリーツワンピース】カラフル小物でさらに洒落感アップ

ワントーンコーデのなかでもブルーのワントーンはトライするのに躊躇しそうですが、こちらのコーディネートはパーカーをサードマガジン、ワンピースはエイトン、バッグはノマディス、サンダルはテバという感度の高い人気ブランドのアイテムあわせなので、しっかりとこなれた雰囲気でまとまっています。オシャレなブランドのデザインの力を借りるのも40代にはありです。

ナイロンプルオーバーパーカー¥42,900(THIRD MAGAZINE)ワンピース¥42,900 (エイトン/エイトン青山)バッグ¥14,300(ノマディス/ノーベルバ)サンダル[ソール高3.5cm]¥8,580(テバ/デッカーズジャパン)サングラス¥39,600(アイヴァン/アイヴァン 東京ギャラリー)ピアス¥8,250(ココシュニック オンキッチュ/ココシュニック)ブレスレット¥99,000(ガルニ/ガルニトウキョウ)

【ピンクマウンテンパーカー×ハーフパンツ】トレンドとカラーの相乗効果コーデ

ピンクマウンテンパーカ×ハーフパンツ
撮影/清水将之(mili)

いろいろなピンクを着てきた40代なら、ピンクワントーンもオススメ。濃淡のグラデーションを付けるとメリハリが出てコーデしやすくなります。トレンドのショートパンツ&ハーフパンツは膝から下を出すことに抵抗のある人も、少し膝が隠れるぐらいの丈を選べば、臆せず穿きこなせます。

ブルゾン¥29,700(ザ・ノース・フェイス/ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)Tシャツ¥9,900(アンタイトル)ハーフパンツ¥31,900(エイトン/エイトン 青山)バッグ¥17,600(マルシェ/フラッパーズ)サンダル¥27,500(ビームス クチュール/ビームス ジャパン)ピアス¥1,980(セピカ/ジオン商事)ネックレス¥10,560(チビジュエルズ/チビジュエルズ・ジャパン)

【オレンジマウンテンパーカー×シワ加工ワンピース】アウトドアシーンで映える

オレンジマウンテンパーカ×シワ加工ワンピース
撮影/須藤敬一

アクティブな季節と、キャンプのようなお出かけシーンなら、オレンジなどのビタミンカラーを取り入れるのもオススメです。黒などの落ち着いたベーシックカラーなら合わせやすい。 こちらのワンピースはシワ加工なのでらくちん&今どき感を両得。シンプルなコーディネートになるときは、素材感で差をつけるのも大人にはオススメ。

シアーブルゾン[キャミソール付き]¥27,000(ELENDEEK)ワンピース¥23,000(emmi atelier/エミ ニュウマン新宿店)ピアス¥2,070(ステラハリウッド)サングラス¥36,000(EYEVAN/EYEVAN PR)バッグ¥4,400(アウトドアプロダクツ/アウトドアプロダクツカスタマーセンター)サンダル¥6,300(テバ/デッカーズジャパン)

STORY編集部
STORY編集部
2002年創刊の女性ファッション誌。日々をアクティブに生きる40代女性を輝かせるべく、ファッションからビューティ、ライフスタイルに至るまで、読者に寄り添い、悩みや「なぜ?」に答える企画・記事を誌面とwebで提供しています。
おすすめ記事はこちら ・大人パーカーコーデ40選!カジュアルすぎない着こなしでオシャレに幅を【2022年度】
・【大人のセットアップコーデ40選】コーデいらずで着こなしの幅が広がる!【2022年度】
・【2022年最新】この春、40代が新調すべき「スニーカー」はこちら!

※この記事は過去の『STORY』をもとに再構成したものです。商品については掲載当時の情報となりますのでご了承ください。

構成/STORYweb編集室

 

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Oct
6
今日の40代おしゃれコーデ

久しぶりの夜飲みは、シャギースカートをカジュアルに着こなして

久しぶりの夜飲みは、シャギースカートをカジュアルに着こなして

会員限定PRESENT

会員プレゼント

【琉球ホテル&リゾート 名城ビーチ】プレミアクラブツイン の朝食付き宿泊券(1泊2名・1室)を1名様にプレゼント

会員プレゼント

皆さんの声を聞かせてください!「STORY 更年期企画アンケート」デリケートゾーンソープを計5名さまにプレゼント

会員プレゼント

日常を華やげる最高スカートを計6名様にプレゼント!

会員プレゼント

【雪ニセコ】「六花スパ」のスパギフト券(120分 ¥34,000)を1名様にプレゼント

PICK UP