• TOP
  • Fashion
  • 夏のワンピースコーデ40選!デイリーもお出かけも大人が輝く最旬スタイル【2023年最新】
Fashion特集

夏のワンピースコーデ40選!デイリーもお出かけも大人が輝く最旬スタイル【2023年最新】

夏にマストなワンピースコーデをピックアップ。大人が映える華やかデザインや気分が上がるきれい色、夏の毎日に嬉しい機能性素材までバリエーション豊かな最旬コーデを紹介します。お気に入りの一枚を飽きずに長く楽しめるコーデのコツや、ワンピの鮮度をUPする+1(プラスワン)アイテムも必見。時短も着映えも叶えたい、そんな大人のわがままを叶えるとっておきのワンピースで最高の夏にしましょう!

▼あわせて読みたい
日常使いからリゾートまで即オシャレ!夏の「映えワンピ」10選【ここから買えます】

INDEX 夏ワンピース、着こなしのポイントは?
【デザイン別】夏のワンピースコーデ
【ベーシックカラー】夏のワンピースコーデ
【きれい色】夏のワンピースコーデ
【高機能素材】が嬉しい夏のワンピースコーデ
【バッグ、小物 etc.】ワンピースコーデに差がつく最旬アイテム

夏ワンピース、着こなしのポイントは?

一枚でコーディネートが完結するワンピースは小物選びが肝。手っ取り早く印象を変えるならシューズやバッグで変化を加えるのが一番。アイテムを変えればきれいめにもカジュアルにも振れて、コーデのマンネリも解消できます。また紫外線や冷房対策に今や欠かせないアイテムとなった夏の羽織りものも要注目。春からトレンドが続くジレも着こなしの幅を広げてくれます。

1. 靴次第でコーデの幅はぐんと広がる

靴で変化を加えるのはコーデ術のテッパン。きれいめコーデの日はヌーディなヒールサンダルやポインテッドトゥのパンプス、カジュアルコーデの日はスニーカーやスポサンというように、シンプルなワンピースでも足元を変えるだけでガラッと印象チェンジできます。さらに雰囲気を変えたい時や秋を先取りしたい晩夏にはソックス+サンダルもおすすめ。ローファータイプのスリッポンなどでテイストを変えると秋まで長く楽しめ、コーデの新鮮さも蘇ります。

2. シーンに合わせたバッグ選びでワンピの魅力が引き立つ

ファッション性はもちろん実用面でも重要なバッグ選び。通勤などきちんと感が求められるシーンはベーシックなレザーのバッグなら失敗しらず。ワンピースもボタンで開き具合を調節できるシャツワンピや袖ありデザインを選べばオフィスでも浮かない好感度高めなスタイルに。海や夏旅は大きめかごバッグに色柄ワンピやゆったりシルエットのワンピを合わせてリラクシームード全開に。ホテルランチやバーへはこだわりディテールが光る上質黒ワンピに、ラグジュアリーなミニバッグやクラッチで華やかさを。荷物のミニマル化で人気が高まるポシェットやミニバッグはコーデにメリハリをつけてくれる効果もあるのでアクセ感覚で気軽にトライしてみて。

3. 体型カバーや紫外線、冷房対策に重宝する羽織りもの

外は日焼けが心配だし、室内は冷房で寒い。おまけに肩や二の腕周りも気になる。そんな夏のお悩みを解消してくれるのが羽織りもの。実用性だけでなくきちんと感や華やぎをプラスしてくれるメリットも。定番のカーディガンは豊富なカラバリを生かして肩に掛けてアクセントにするのもアリ。ワンピと同系色を選んで馴染ませたり、ビタミンカラーでHAPPY感を演出したりカラーコーデを気軽に取り入れられます。じわじわ人気を上げている夏ジャケットはきちんとシーンを始め、カジュアルワンピや甘ワンピの引き締め役にも適任。コンサバな印象がワンピコーデに落ち着きを与えて大人のハンサムスタイルに。透け感のあるタイプや機能性素材、ゆったりシルエットなどを選ぶと夏でも快適に着られます。

トレンド感ある【ジレ&透けアウター】でワンピの鮮度を秋までキープ!

カーキのワークジレ、ギンガムチェックのテーラードジレ、白のシアーブルゾン
撮影/坂根綾子

旬のジレは袖がないためワンピースとは好相性。今年はデザインも豊富なだけにお気に入りを見つけやすいはず。ワーク系やデニム系でカジュアルダウンしたり、テーラードタイプできちんと感をプラスしたりと“味変”には最適。ワンピースと違うテイストにすると振り幅が楽しめます。また、カーデ以上ジャケット未満の透けアウターは冷房対策や端境期に◎。あえてワンピや素肌を透けさせて女っぽさを演出しても。

左から、カーキジレ¥3,990(GU)、チェックジレ¥66,000(サードマガジン)、ブルゾン¥31,900(ヒューエルミュージアム/ヒューエルミュージアム ギンザシックス)


【デザイン別】夏のワンピースコーデ

柄ワンピース

コーデ1:大人の花柄ワンピはシックな色味で品の良さをキープ

ベージュの花柄ワンピースコーデ
撮影/渡辺謙太郎

ホテルやテラス、大人だけのランチ時間は気持ちも華やぐ花柄ワンピースがぴったり。タウンで着る花柄は、年相応の品の良さを醸し出すシックな色選びが肝。ベージュベースの落ち着いた色味と立体的なフォルムが優美な一枚はトーンを崩さないよう小物の色使いは抑えめが◎。

ワンピース¥80300(ebure/ebure GINZA SIX店)バッグ¥35,893(マージシャーウッド/ムシンサ グローバル ストア)サンダル¥117,700(セルジオ ロッシ/セルジオ ロッシ カスタマーサービス)ボールネックレス¥22,000チェーンネックレス¥19,800(ともにマリハ)

コーデ2:モノトーンの花柄ならオンもオフも対応可能

  • モノトーンの花柄ワンピースコーデ1
    撮影/西崎博哉(MOUSTACHE)
  • モノトーンの花柄ワンピースコーデ2
    撮影/西崎博哉(MOUSTACHE)
  • モノトーンの花柄ワンピースコーデ1
  • モノトーンの花柄ワンピースコーデ2

《写真1枚目》花柄も甘くなりすぎないモノトーンを選べばオンもオフも着回しやすく。座りっぱなしでも華やか柄がシワをカモフラしてくれるのも嬉しいポイント。
ワンピース¥38,500(マリハ)バッグ¥41,800(アラナズ/エルディスト)サンダル¥35,000(バナナ・リパブリック)ピアス¥49,500(ヌゥ ユゥ/アイネックス)

《写真2枚目》ジレを重ねるとワンピースのリゾート感がいい塩梅で都会的な印象に。
ワンピースは1枚目と同じ。ジレ¥37,400(エストネーション)バッグ¥176,000(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン カスタマーセンター)サンダル¥30,800(ファビオ ルスコーニ/ファビオ ルスコーニ ルミネ有楽町店)ピアス¥35,200(マリハ)

コーデ3:ワンピの1色を小物でリンクして統一感を

エスニック柄のワンピースコーデ
撮影/西崎博哉(MOUSTACHE)

一枚でパッと華やげるのは柄ワンピースならでは。デイリーもリゾートも活躍してくれそうなエスニック柄のワンピはカジュアルなムードが漂いつつも主役級の存在感。胸元のパイピングとサンダルの色をさりげなくリンクして、ご近所だけど手間をかけている感をアピール。

ワンピース¥27,500(パサンド バイ ヌキテパ)バッグ¥8,990(プラステ)サンダル¥57,200(ネブローニ/アッシュプラスエリオトロープ)ピアス¥13,200(ダブルスタンダードクロージング/フィルム)リング(右)¥146,300リング(中)¥272,800リング(左)¥60,500(すべてマリハ)

シャツワンピース

コーデ1:通勤コーデは黒ローファー&バッグで手堅くまとめて

ブルーのシャツワンピースコーデ
撮影/渡辺謙太郎

通勤に欠かせないきちんと感ならシャツワンピが適任。シャツとプリーツスカートをドッキングしたような一枚に黒小物で脇を固めればお仕事服としても申し分なし。華やかさと好感度を上げてくれるブルーなら、ふと車窓に映る通勤姿にも自信が持てます。

ワンピース¥75,900(ebure/ebure GINZA SIX店 )バ ッ グ ¥176,000(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン カスタマーセンター)シューズ¥35,200(カルチェグラム/デュプレックス)ピアス¥30,800(ハイク/ボウルズ)メガネ¥28,600(ブラン/ライト)

コーデ2:ゆるシルエットの黒シャツワンピにカラーカーデでアクセント

黒のシャツワンピースコーデ
撮影/西崎博哉(MOUSTACHE)

落ち感と微光沢がエレガントな黒のゆったりシャツワンピ。優等生なイメージのシャツワンピースもリッチ見えする素材や落ち着いた色を選べば、ぐっと大人な印象に。肩掛けした夏らしいカラーのカーディガンでアクセントをON。

シャツワンピース¥26,400(リネイヴ/ネイヴ〈オンワード樫山〉)カーディガン¥36,300(スタンブリー/ヒューエルミュージアムギンザシックス)バッグ¥110,000(J&M デヴィッドソン/J&M デヴィッドソン カスタマーセンター)シューズ¥28,600(シーセイ/アイネックス)ピアス¥18,700(リューク)

コーデ3:ピンク×盛り袖の甘めシャツワンピもコンサバ小物で母仕様に

ピンクのボリューム袖シャツワンピースコーデ
撮影/西崎博哉(MOUSTACHE)

品行方正なシャツワンピもボリューム袖とピンクで華やかさがUP。共布のリボンでウエストマークするとメリハリ感も自在に。バッグやパンプスをコンサバにまとめれば、きちんとシーンにもフィットしてくれます。ドタバタな朝もピンク色ならなんだか優しげ。

ワンピース¥38,500(ハイク/ボウルズ)バッグ¥49,500(ヴァジック/ヴァジックジャパン)パンプス¥37,400(ファビオ ルスコーニ/ファビオ ルスコーニ ルミネ有楽町店)ピアス¥212,300(マリハ)

キャミソールワンピース

コーデ1:キャミワンピの甘さをエッジーな黒小物で引き締め

白のキャミソールワンピースコーデ
撮影/西崎博哉(MOUSTACHE)

リボン結びの肩紐にティアード。甘盛りデザインのキャミワンピはエッジが効いた黒小物でピリッと引き締めるのがトゥーマッチにならないコツ。トレンド感を足せるビジュー付きサンダルやマイクロバッグがおすすめ。

ワンピース¥88,000(デボーション ツインズ/ノウン)バッグ¥18,700(ジャンニ キアリーニ/ジャンニ キアリーニ 銀座店)サンダル¥41,800(ピッピシック/エストネーション)ピアス¥30,800(ハイク/ボウルズ)ブレスレット¥18,700(ローラ ロンバルディ/八木通商)

コーデ2:カジュアルなキャップ合わせでヘルシーな色気を放って

ピンクベージュのキャミソールワンピースコーデ
撮影/須藤敬一

シンプルなキャミワンピースは味付け次第でエレガントにもカジュアルにも仕上がる振り幅が魅力。肌がきれいに見えるヌーディーカラーのマキシ丈ワンピはあえてのキャップ合わせで大人のヘルシーさを狙って。

ワンピース¥61,600(ドゥーズィエム クラス/ドゥーズィエム クラス 青山店)バッグ¥12,100(2.718 /ガリャルダガランテ 青山店)サンダル¥19,800(オデット エ オディール/オデット エ オディール 新宿店)キャップ¥7,700(8100 /ロンハーマン)

コーデ3:Tシャツにレイヤードすれば着こなしの幅が広がる

黒のキャミソールワンピースコーデ
撮影/曽根将樹(PEACE MONKEY)

カジュアル派さんにおすすめなのがTシャツとのレイヤードコーデ。フレンチスリーブの白Tとリッチ見え素材の黒キャミワンピがセットになったアイテムなら時短でオシャレが叶います。遊び心溢れるひとクセ小物で人と被らないコーデに。

STORYコラボキャミワンピセット¥14,990 ※ワンピース以外の小物はすべてスタイリスト私物

肌見せワンピース

コーデ1:チラリと覗く背中の抜け感でリボンディテールも媚びない甘さに

  • 肌見せワンピースコーデ
    撮影/渡辺謙太郎
  • 肌見せワンピースの後ろリボンのディテール
    撮影/渡辺謙太郎
  • 肌見せワンピースコーデ
  • 肌見せワンピースの後ろリボンのディテール

久々の夜のお出かけは、開放的な夏だからこその肌見せデザインを。バックリボンがアクセントの大人可愛いワンピースなら肌見せ初心者さんにもトライしやすいはず。バッグやサンダルは大人な質感にこだわって。

ワンピース¥44,000(ウーア/ジャーナル スタンダード レサージュ 銀座店)バッグ¥20,900(パピルス/アイネックス)サンダル¥35,200(ロランス/ザ・グランドインク)イヤーカフ¥16,500(ete)人差し指リング ¥63,800中指上リング¥178,000中指下リング¥60,500(すべてマリハ)

コーデ2:トレンチのハンサム要素で肌見せもクールに決まる

  • ベージュのトレンチ風ワンピースコーデ
    撮影/渡辺謙太郎
  • ベージュのトレンチ風ワンピース背中開きのディテール
    撮影/渡辺謙太郎
  • ベージュのトレンチ風ワンピースコーデ
  • ベージュのトレンチ風ワンピース背中開きのディテール

カッコよさが際立つトレンチ風のワンピースは背中開きのギャップが魅力。ウエストベルトのスタイルアップ効果と意外性のある肌見せでカウンター席でも映えること間違いなし。スタイリッシュな一枚で夜のお出かけの高揚感を味わって。

ワンピース¥15,990(ザラ/ザラ カスタマーサービス)バッグ¥30,800(メゾン ヴァンサン/フラッパーズ)サンダル¥48,400(ロランス/ザ・グランドインク)ピアス¥2,750(アンドクラウド)ブレスレット¥16,500(ete)

コーデ3:ヘルシーなウエスト見せが夏の開放感を演出

ブラウンの肌見せワンピースコーデ
撮影/須藤敬一

ビアガーデンや屋台など女友達との気負わない夜飲みにはヘルシーな肌見せが叶うワンピースを。スカート部分はゴム&ドロストで調節可能。大胆なウエスト開きのデザインが食べ過ぎを防いでくれるかも?

ワンピース¥53,900〈サヤカ デイヴィス〉カーディガン¥19,800〈アダワス〉(ともにショールーム セッション)ビーズバッグ¥9,350(ビューティ&ユース/ユナイテッドアローズ 渋谷スクランブルスクエア店)サンダル¥57,200(ペリーコ/エブール GINZA SIX店)ピアス¥26,400(アガット)チョーカー¥28,600(エテ ビジュー)ブレスレット¥33,000(ブランイリス/ブランイリス トーキョー)


セットワンピース

コーデ1&2:1セット5役!?着回し力こそセットワンピの強み

  • ベージュのカーディガン付きセットワンピースコーデ1
    撮影/西崎博哉(MOUSTACHE)
  • ベージュのカーディガン付きセットワンピースコーデ2
    撮影/西崎博哉(MOUSTACHE)
  • ベージュのカーディガン付きセットワンピースコーデ1
  • ベージュのカーディガン付きセットワンピースコーデ2

《写真1枚目》前後2wayで着られるカーディガンとプリーツワンピのセット。セットで着ればきれいめなオフィス街に似合う、ベーシックで品のある着こなしに。内外の寒暖差に羽織りが便利。
ワンピース¥30,800(カデュネ)バッグ¥38,500(ヴァジック/ヴァジックジャパン)パンプス¥27,500(ツル バイ マリコ オイカワ)

《写真2枚目》ワンピ単品+ジャケットでさらに印象チェンジ。
ワンピース¥30,800(カデュネ)※ワンピースのみ着用。ジャケット¥9,999(H&M/H&M カスタマーサービス)バッグ¥50,600(ジャンニキアリーニ/ジャンニ キアリーニ 銀座店)サンダル¥51,700(ブレンタ/エストネーション)バングル¥26,400(ラバー/グラビテート)ネックレス(上)¥52,800(ヌゥ ユゥ/アイネックス)ネックレス(下)¥35,200(リューク)※傘はスタイリスト私物

コーデ3&4:旬の短か丈トップス付きでトレンド感を満喫

  • 黒のショート丈トップス付きセットワンピースコーデ1
    撮影/西崎博哉(MOUSTACHE)
  • 黒のショート丈トップス付きセットワンピースコーデ2
    撮影/西崎博哉(MOUSTACHE)
  • 黒のショート丈トップス付きセットワンピースコーデ1
  • 黒のショート丈トップス付きセットワンピースコーデ2

《写真1枚目》メッシュの短か丈トップスと素材の異なるボンディングのワンピースがセットに。トレンド要素が盛り込まれてるからこれ一つで旬な顔に。

ワンピース¥46,200(アンスリード/アンスリード青山店)バッグ¥8,990(プラステ)サンダル¥26,400(ツル バイ マリコ オイカワ)

《写真2枚目》ワンピースにスウェットを重ねてカジュアルにシフト。

ワンピースは1枚目と同じ。スウェット¥27,500(77サーカ)バッグ¥28,600(ヴァジック/ヴァジックジャパン)シューズ¥17,600(ニューバランス/ニューバランスジャパンお客様相談室)キャップ¥5,500(ビューティ&ユース バイ ロゴ ライン/ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 丸の内店)ピアス¥38,500(リューク)


【ベーシックカラー】夏のワンピースコーデ

黒ワンピース

コーデ1:上質黒ワンピがあればクラス感のある大人スポットも気後れしない

黒のボリューム袖ワンピースコーデ
撮影/須藤敬一

ドレスアップして出かけたい日にやっぱり頼れるのがラグジュアリーな黒ワンピース。布をたっぷりと使ったドラマチックな盛り袖ワンピは一枚でもサマになります。アクセサリーで顔周りに華やぎを添えて、大切な人との特別な時間を楽しんで。

ワンピース¥80,300(エブール/エブール GINZA SIX店)バッグ¥424,600サンダル¥124,300(ともにロジェ ヴィヴィエ/ロジェ・ヴィヴィエ・ジャパン)ピアス¥13,200(ワンエーアールバイウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)ネックレス¥257,400(マリハ)

コーデ2:黒×バルーンデザインでカジュアルもきれいめに決まる

黒のバルーンデザインワンピースコーデ
撮影/渡辺謙太郎

朝カフェにはサッとコーデが決まって抜け感のある新顔のバルーンワンピを。座っても立っても映えるシルエットで全方位どこから見られても洒落見え確実。キャップやスニーカーでスポーティにまとめても黒ならきれいめな印象をキープできます。

ワンピース¥39,600(アンスリード/アンスリード青山店)バッグ¥24,200(リト ストラクチャー)シューズ¥17,600(ニューバランス/ニューバランスジャパンお客様相談室)キャップ¥6,708(レスト&レクリエーション/ムシンサ グローバル ストア)ピアス¥18,700(リューク)

コーデ3:流れるようなフリルが印象的な甘黒ワンピースでBarへ

黒のフリルワンピースコーデ
撮影/須藤敬一

肩回りのフリルと裾のドレープが優美な黒ワンピースは夜のお出かけにぴったりな一枚。大人の女性にこそ似合うエレガントなデザインは遠くからでもハッと目を引きます。モードに寄せたシャイニーなバッグがコンサバすぎないポイントに。

フリルワンピース¥35,200(アストラット/アストラット 新宿店)バッグ¥119,900(ピエール アルディ/ピエール アルディ 東京)サンダル¥49,500(ブレンタ/オデット エ オディール 新宿店)ピアス¥63,250バングル¥45,100(ともにジョージ ジェンセン/ジョージ ジェンセン ジャパン)

コーデ4:360度華やか!甘すぎない大人なティアード黒ワンピ

黒のティアードワンピースコーデ
撮影/須藤敬一

ハイセンスな大人が集う話題のスポットへは人と被らないデザインが◎。繊細なティアードデザインとマキシ丈が大人の甘さを醸し出すワンピースは気取らないのに存在感抜群。黒コーデに可愛げと抜け感を加えてくれるビジュー付のかごバッグもポイント。

ワンピース¥104,500(マーレット/サザビーリーグ)バッグ¥104,500(LE NINE /トゥモローランド)サンダル¥68,200(トリー バーチ/トリーバーチ ジャパン)ピアス¥22,000ブレスレット¥24,200〈ともにフォークバイエヌ〉バングル¥13,200〈20/80〉(すべてUTS PR)リング¥44,000(ブランイリス/ブランイリス トーキョー)

白ワンピース

コーデ1:ジャガード素材ワンピにジレを羽織って更新感を

白のジャガード素材ワンピースコーデ
撮影/須藤敬一

ショッピングや話題のカフェ、気兼ねなく一人時間を楽しみたい日こそファッションの力は絶大。ジャガード素材がリッチ見えするキャミワンピにトレンドのジレを羽織った最旬コーデでワクワク感をさらに高めて。

ワンピース¥23,100(ザ ポーズ/ウィム ガゼット 玉川髙島屋S・C店)ベスト¥31,900(レリタージュ マルティニーク/マルティニーク ルコント ルミネ有楽町)バッグ¥64,900(トリー バーチ/トリーバーチ ジャパン)サンダル¥108,900(トッズ/トッズ・ジャパン)ピアス¥28,600ネックレス¥99,000バングル¥44,000(すべてブランイリス/ブランイリス トーキョー)

コーデ2:動き回る日はシワ知らずなシャカ素材でアクティブ上手

白のナイロン素材ドロストデザインワンピースコーデ
撮影/渡辺謙太郎

溜まったタスクをこなすアクティブな一日は動きやすくて多少濡れてもシワも気にならないナイロン素材のワンピが味方。モードとスポーティさがMIXされたデザインでラクちんなのに着映え感ばっちり。クロシェ編みのバケハとギンガムトートであえてのレトロ感を。

ワンピース¥26,400(エミ/エミ ニュウマン新宿店)斜めがけしたバッグ¥80,300(ピエール アルディ/ピエール アルディ 東京)トートバッグ¥790ハット¥1,990(ともにGU)サンダル¥17,600(ル タロン グリーズ/ル タロン グリーズ ルミネ新宿店)

コーデ3:エレガントなデザインに肌見せのモダンなギャップが新鮮

白の背中開きデザインワンピースコーデ
撮影/須藤敬一

前開きにウエストベルトとほんのりクラシカルな雰囲気が漂う白ワンピースも背中開きデザインでぐっとモダンな表情に。モノトーンでまとめてきちんと、カラーを足してリゾートに、とアレンジも楽しめます。

ワンピース¥59,400(Waltz /スタニングルアー新宿店)バッグ¥42,900(オソイ)ミュール¥37,400(ファビオ ルスコーニ/ファビオ ルスコーニ ジェイアール名古屋タカシマヤ店)ピアス¥44,000リング¥33,000(ともにブランイリス/ブランイリス トーキョー)

グレーワンピース

コーデ:甘いリボンや肌見せもシックな色味で品よく決まる

グレーのリボン付きワンピースコーデ
撮影/木村敦

夏のお出かけに最適なコットン仕立てのワンピースはたっぷりギャザーと3WAYで結び方を楽しめる大きめリボンが華やか。甘ワンピ初心者さんも落ち着いたグレーならトライしやすいはず。ゴツめな黒小物を合わせて、大人っぽいスタイリングがおすすめ。

ワンピース[サイズフリー]¥17,600(ルージュ・ヴィフ アンナ/ルージュ・ヴィフ ラクレ ルミネ新宿店)バッグ¥12,100<ロウェル シングス>サンダル¥26,400<オゥ バニスター>(ともにアバハウスインターナショナル オンラインストア)ベアトップ、ピアス、バングル(すべてスタイリスト私物)


【きれい色】夏のワンピースコーデ

赤ワンピース

コーデ:パッと華やぐラクちんワンピにデニムカチューシャでアクセント

赤の機能性素材ティアードワンピースコーデ
撮影/西崎博哉(MOUSTACHE)

撥水、速乾、ストレッチと機能性十分なワンピースは夏の毎日に重宝間違いなしの一枚。肌馴染みのいい黄み寄りの赤で顔映りも気分も明るく。パイピングとリボンがワザありなデニムカチューシャで“味変”するのも楽しい。

ワンピース[トートBAG付き]¥14,993(サウザンドマイル×フリークス ストア/フリークス ストア 渋谷店)デニムカチューシャ¥17,600(ジェニファーオーレット/THE HAIRBAR TOKYO)バッグ¥26,400(メアリ オル ターナ/ビームス ハウス 丸の内)サンダル¥4,950(イパネマ/シードコーポレーション)ピアス¥16,390(ソコ/ZUTTOHOLIC)

ピンクワンピース

コーデ1:コーラルピンクとツヤで魅せる大人のリゾートスタイル

ピンクのシルクワンピースコーデ
撮影/金 玖美

首回りのデザインとシルクの風合いがマチュアな魅力を醸し出すワンピース。大人の肌に映えるコーラルピンクもポイント。足元は海を想わせる爽やか配色のウェッジソールでモード感を。足元にボリュームを持たせると今年らしいバランスに。

ワンピース¥64,900(ザ ローズ イビザ/サードマガジン)サンダル¥107,800(ジミー チュウ)バッグ¥213,400床に置いたミュール¥103,400グリーンサンダル¥115,500ホワイトサンダル¥103,400(すべてジミー チュウ)ハット¥50,600(ヘレンカミンスキー/ヘレンカミンスキー ギンザシックス)

コーデ2:シンプルなAラインシルエットならピンクも甘すぎない

ピンクのAラインワンピースコーデ
撮影/川﨑一貴(MOUSTACHE)

鮮やかピンクのワンピースもストンとしたシルエットのロング丈なら大人のバランスに。肩のタックが気になる腕を程よくカバーして華奢見えも叶います。スポサンやナイロンポシェットでカジュアルに振っても可愛い!

ワンピース[サイズ2]¥29,700(N.O.R.C/クロスプラス)バッグ¥6,050(ハンター/ハンタージャパン カスタマーサービス)サンダル¥10,450(PUMA/atmos pink flagship Harajuku)

コーデ3:カーディガンとのカラーONカラーで旅気分も上がる!

ピンクのシンプルワンピースコーデ

現地はもちろん移動から気分を上げたい久しぶりの夏旅は今季豊作のキレイ色ワンピをお供に。淡いピンクにオレンジのカーデを羽織ればHAPPYなカラーコーデが完成。青い海や空に映える一枚でテンションUP!

ワンピース¥48,400(ビロット/ヴェルメイユ パー イエナ 青山店)カーディガン¥29,700(ギャルリー・ヴィー/ギャルリー・ヴィー 丸の内店)バッグ¥59,400(アラナズ/エルディスト)サンダル¥37,400〈MAURO DE BALI〉ハートネックレス¥20,900〈ハルポ〉(ともにマルティニーク ルコント ルミネ有楽町)ビーズネックレス¥16,500(フォークバイエヌ/UTS PR)バングル¥63,800(オーヴィルツィニー/ビームス 二子玉川)

オレンジワンピース

コーデ:オレンジのリネンワンピースでヘルシー&好印象

オレンジの半袖リネンワンピースコーデ
撮影/木村敦

さらりとした風合いで夏に欠かせないリネンのワンピース。フレアシルエットやすっきりしたV開き、二の腕をカバーできるハーフスリーブと、大人を美しく見せてくれる工夫が満載。会う人も自分も元気になれそうなビタミンオレンジで好印象を狙って。

ワンピース[サイズ9]¥33,000(INÉD)バッグ¥3,990<MANGO>サンダル¥31,900<Fabio Rusconi>(ともにロコンド)ブレスレット(スタイリスト私物)

イエローワンピース

コーデ1:ディテールへのこだわりが光る大人のための上品ストライプ

イエローのストライプワンピースコーデ
撮影/須藤敬一

大人の体が美しく見えるよう細部にまでこだわりが見える洗練ストライプワンピ。HAPPYなイエローと上品なリネンの質感はリゾートはもちろん都会にもよく似合います。リズム感のあるストライプはメリハリ感UPにも。オレンジのパイピングのかごバッグで夏らしさ満点。

ワンピース¥86,900(エブール/エブール GINZA SIX店)バッグ¥81,400(フォークロア/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)サンダル¥36,300(ロランス/ザ・グランドインク)イヤリング¥3,150(アビステ)バングル¥16,500(プラスヴァンドーム)

コーデ2:夏のあるあるなシーンも余裕で対応できる撥水ワンピ

イエローの機能性素材半袖ワンピースコーデ
撮影/西崎博哉(MOUSTACHE)

夏祭りや花火大会。人混みに揉まれてうっかり飲み物をこぼしてしまっても、撥水ワンピなら安心。穏やかな気持ちでその後の時間も楽しく過ごせそう!子どもが見つけやすい明るいイエローも高ポイント。長時間歩いても疲れない快適サンダルで夏イベントはぬかりなく。

ワンピース¥10,890(アンフィーロ)ストール¥27,500(アソースメレ/ウィム ガゼット 玉川髙島屋S・C店)グリーンバッグ¥50,600(ヘリュー/ショールーム セッション)サンダル¥10,450(ウーフォス/エスケーパーズオンライン)チェーンピアス¥12,540〈ベン・アムン〉ゴールドバングル¥22,330〈ソコ〉リング¥24,530〈マルシア・モラン〉(すべてZUTTOHOLIC)

グリーンワンピース

コーデ:トーンを合わせたミニバッグでワンピコーデも間延びしない

グリーンのボリューム袖ティアードワンピースコーデ
撮影/西崎博哉(MOUSTACHE)

体を包む面積が大きいふんわりワンピはともすると間延びして見えることも。ワンピと同色のミニバッグでリンクさせれば、浮かない上級者コーデに。携帯やリップはポケット付きワンピにINして難なくクリア!リラックスムード溢れるグリーンで休日を優しく彩って。

ワンピース¥39,600(マルモア/DMC)バッグ[アルファ チャーム]¥45,100(ピエール アルディ/ピエール アルディ 東京)サンダル¥3,630(イパネマ/シードコーポレーション)スカーフ¥14,300(マニプリ/ビームス ハウス 丸の内)ピアス¥16,060ブレスレット¥52,800シルバーリング¥10,120シルバー太リング¥17,160(すべてバルブス/ZUTTOHOLIC)

ブルーワンピース

コーデ1:海を想わせる爽やかブルーで夏を満喫

ブルーのマキシ丈リネンワンピースコーデ
撮影/須藤敬一

そのまま海へ行きたくなるようなサックスブルーのリネンワンピース。レイヤードも楽しめるデザインですが、夏は一枚で纏ってヘルシーに。スニーカー合わせならリゾート感や肌見せ感が和らいでデイリーにもマッチします。

ワンピース¥80,300(エブールフォー ロンハーマン/ロンハーマン)ニット¥24,200(スローン)バッグ¥39,600(アポワンエトセトラ/ギャルリー・ヴィー丸の内店)スニーカー¥23,100(ベジャ/オデット エ オディール 新宿店)ピアス¥29,700(エテ ビジュー)バングル¥38,500(サンシャインリーブス/ビームス 二子玉川)

コーデ2:カジュアルワンピ×肩掛けカーデでご近所目線もクリア

ブルーの撥水素材裾絞りワンピースコーデ
撮影/西崎博哉(MOUSTACHE)

地元の夏のイベントは「ご近所パパも来るので肌見せはNG」という意見も。首の詰まったデザインなら子どもとしゃがむシーンも安心。ワンピースと同系色のカーデで肌見せ度合いをオシャレに調整。カジュアルなキャップとスニーカーで親近感のあるコーデに。

ワンピース¥29,700(ジル スチュアート/ジルスチュアート ルミネ新宿店)カーディガン¥31,900(ソブ/フィルム)バッグ¥19,250(ヤーキ/ヤーキ オンラインストア)ストライプエコバッグ¥2,970(BAGGU/ピクニック)スニーカー¥8,250(コンバース/コンバースインフォメーションセンター)キャップ¥6,600(ザ ポーズ/ウィム ガゼット 玉川髙島屋S・C店)シルバーピアス¥27,720(バルブス/ZUTTOHOLIC)ホワイトレザーバングル¥11,000(レフィエ/フラッパーズ)

コーデ3:V開きで程よい肌見せが叶うドラマティックワンピ

ブルーのV開きワンピースコーデ
撮影/西崎博哉(MOUSTACHE)

胸元と背中がV開きで、勝負できる部分のみを肌見せ。適度なハリ感&ツヤ感が特徴で、ウエストは絞ったり緩めたりと調節できて印象の変化も可能。肌から浮かないくすみブルーも大人世代には嬉しい。大きめかごバッグがリゾート気分にぴったり。

ワンピース¥34,100(カレンソロジー/カレンソロジー青山)バッグ¥59,400(アラナズ/エルディスト)サンダル¥22,000(ラオコンテ/フラッパーズ)サングラス¥35,200(ブラン/ライト)


【高機能素材】が嬉しい夏のワンピースコーデ

撥水ワンピース

撥水素材なら雨の日だって白ワンピを楽しめる!

白の撥水素材サックワンピースコーデ
撮影/藤原 宏(Pygmy Company)

水はねや泥はねが気になって雨の日は避けがちな白も撥水機能付きなら心配無用。機能性を味方につければ雨の日だってオシャレを諦めずにいられます。真っ白なサック型ワンピースに上品レインブーツで気分も晴れやかに!

ワンピース[UVカット、接触冷感、撥水、防シワ、共布ベルト付き]¥37,400(バーニーズ ニューヨーク/バーニーズ ニューヨーク)バッグ¥16,500(トーヴ フォー ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)レインブーツ¥86,900(セルジオ ロッシ/セルジオロッシ カスタマーサービス)ピアス¥18,360(アビステ)ブレスレット¥14,300リング¥12,320(ともにフル・オブ・グレイス/ZUTTOHOLIC)傘¥10,450(THIRD MAGAZINE × WHITE ROSE/THIRD MAGAZINE)

UVカットワンピース

アウトドアにフェス、夏の屋外イベントに頼れるUVカット素材

ブルーのUVカット素材半袖ワンピースコーデ
撮影/西崎博哉(MOUSTACHE)

老舗水着メーカーの実力が詰め込まれた素材。炎天下でも安心なUVカット&ストレスフリーな伸縮素材で、日中も笑顔で楽しめる!ライトブルーも清涼感UPに一役。ツバ広ハットやサングラスで紫外線対策は万全。

ワンピース¥17,600(スピード/ゴールドウイン カスタマーサービスセンター)シルバーバッグ¥28,600(ジャンニ キアリーニ/ジャンニ キアリーニ 銀座店)サンダル¥4,400(イパネマ/シードコーポレーション)ハット¥9,900(アッパーハイツ/ゲストリスト)サングラス¥43,670(オリバーピープルズ/ルックスオティカジャパン カスタマーサービス)ピアス¥33,440リング¥13,640(ともにバルブス/ZUTTOHOLIC)


【バッグ、小物 etc.】ワンピースコーデに差がつく最旬アイテム

小面積でも映えるアクセサリー代わりのミニバッグ、カチューシャ、ハットなど最旬アイテムをご紹介。

ミニバッグ

アクセサリー感覚でワンピースコーデに差がつく!

ナノサイズのバッグ
撮影/五十嵐 洋

ミニを超えた「ナノ」サイズのバッグが人気。さりげないのにちょこんと輝く存在感でコーデを引き締めてくれます。最小限の荷物でGO!できるご近所こそ、あえて物が入らないサイズ感を楽しんで。

(右から時計回りに)グリーンコインケース[エピュレ]〈H8.5×W10×D4㎝〉¥26,400(ロンシャン/ロンシャン・ジャパン)バッグ[ルッケット ミニアトゥーラ]〈H7.5×W10㎝〉各¥34,100(ともにアンテプリマ/ワイヤーバッグ/アンテプリマジャパン)メタリックチェーンバッグ[マイクロ マルチェッラ]〈H10×W12×D3㎝〉各¥18,700(ともにジャンニ キアリーニ/ジャンニ キアリーニ 銀座店)

カチューシャ

イエローのワンピースにカチューシャを合わせたコーディネート
撮影/西崎博哉(MOUSTACHE)

あれこれコーデを考える余裕はないけど、時短でパッと映えるならカチューシャもアリ。細タイプは2本重ねで顔まわりを華やかに盛って。慌ただしい日もまとめ髪にONで即キマる!

リネンカチューシャ各¥6,050(ともにイリスフォーセブン/フーブス)ワンピース¥14,850(エフバイロッソ/アーバンリサーチ オンライン ストア)ホワイトタンクトップ¥1,000(UNIQLO)イヤスティック¥61,600パールキャッチ¥16,500リング¥10,890(すべてプライマル)レザーブレスレット¥7,700(レフィエ/アルアバイル)

ハット

ブルーのワンピースにブラウンのバケットハットを合わせたコーディネート
撮影/西崎博哉(MOUSTACHE)

品を保てて秋っぽいのは断然バケットハット。足元もサンダルからスリッパタイプのローファーに切り替えて小物から秋色にチェンジ。

ハット¥13,200(メゾンド リリス/サロン アダム エ ロペ)シューズ¥33,000(カルチェグラム/デュプレックス)ワンピース¥34,100(カレンソロジー/カレンソロジー青山)ピアス¥31,900(マリハ)ネックレス¥52,800(リューク)

STORY編集部
STORY編集部
2002年創刊の女性ファッション誌。日々をアクティブに生きる40代女性を輝かせるべく、ファッションからビューティ、ライフスタイルに至るまで、読者に寄り添い、悩みや「なぜ?」に答える企画・記事を誌面とwebで提供しています。


再構成/STORYweb編集室 ※この記事は『STORY』7月号、『STORY web』をもとに再構成したものです。商品については掲載当時の情報となりますのでご了承ください。

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Feb
29
今日の40代おしゃれコーデ

リスキングでの出会いには【同色ボウタイブラウス】できちんと感を

リスキングでの出会いには【同色ボウタイブラウス】できちんと感を

会員限定PRESENT

会員プレゼント

神宗の鍋つゆ「美鍋シリーズ」7種類セット(¥11,016)を計10名の方にプレゼントします!

PICK UP