• TOP
  • Fashion
  • 【シャネル、ヴィトン、エルメス】持つだけでオシャレに自信!最旬ブランドバッグ3選
Fashion特集

【シャネル、ヴィトン、エルメス】持つだけでオシャレに自信!最旬ブランドバッグ3選

“確かな人気に裏打ちされた名品は巡る!”はやっぱり事実。昨今の「抜けオシャレ」をどことなく品よく見せ、大人のキャラクター付けを担う名品の底力を再確認!

▼あわせて読みたい
【エルメス、ヴァンクリ、エルメスetc.】胸キュン「ハート型」のブランド小物16選

目次 ★ LOUIS VUITTON
★ CHANEL
★ HERMĒS


LOUIS VUITTON

スピーディ

軽やかなカジュアルコーデだからこそ今っぽく映えるモノグラムのリュクス感。“きちんとしすぎない”が今どきのルール。ジャケットもビッグサイズで抜け感があることが大切。

会社員  森尾真紀さん
会社員 森尾真紀さん
若い頃は背伸びをするために持っていたので頑張ってオシャレをしていたけれど、今はよく見たらブランドだったくらいのさりげなさを意識して持っています。
本誌ライター  小花有紀
本誌ライター 小花有紀
セルフヴィンテージしたスピーディも現在愛用中ですが、名品が今っぽく進化したナノ・ノエや白い持ち手が可愛いナノ・バケットもかなり気になっています。

バッグ「スピーディ 25」[H19×W25×D15㎝]¥236,500(ルイ・ヴィトン/ルイ・ヴィトン クライアントサービス)ジャケット¥121,000(リトコフスカ/エストネーション)ビスチェ¥11,000(カデュネ プレスルーム)Tシャツ¥15,400(マディソンブルー)パンツ¥41,800〈トゥ エ モン トレゾア〉ピアス¥133,100ブレスレット¥290,400〈ともにシャルロット シェネ〉(すべてエドストローム オフィス)

CHANEL

キルティングバッグ

ゆるいオシャレに品位を吹き込む唯一無二の存在感。キルティングと、今では当たり前になった両手の自由を実現するチェーンが誕生当時からアイコニック。以前はタイトなワンピースに持っていたけど、今はルーズフィットなカジュアルに合わせて。

会社役員  望月 保里さん
会社役員 望月 保里さん
FOXEYのワンピースに髪にはシャネルのカメリアと良家の子女系だった当時とは違い、今はシンプルにTシャツにデニムくらいのテンションが気分です。
本誌ライター  杉崎有宇子
本誌ライター 杉崎有宇子
最近はシースルートップスにデニムや、オールインワンにコーデしているキルティングバッグ。トレンドを大人っぽく落とし込む際に合わせます。

バッグ「フラップ バッグ」[H13.5×W20×D6.5㎝]¥754,600※予定価格 右手リング〈人差し指〉¥583,000〈薬指〉¥786,500〈小指〉¥418,000左手リング〈人差し指〉¥566,500〈薬指〉¥224,400(すべてシャネル/シャネル カスタマーケア)肩にかけた金ボタンカーディガン¥14,300(ジャーナル スタンダード レサージュ/ジャーナル スタンダード レサージュ 丸の内店)ボーダーニット¥12,100(アダム エ ロペ)パンツ¥83,600(ドゥロワー/ドゥロワー 二子玉川店)

HERMĒS

コンスタンス

ビッグシャツぐらいの抜けが今ドキのバランス感。ヘリテージバッグの端整さがゆるさに緩急をつけモードに。日常にこそ名品を。持つたびに高揚感が増し、気づくと手にしてしまう。シャツとスカートのワンツーコーデもモードに昇華させてくれます。

スタイリスト  竹村はま子さん
スタイリスト 竹村はま子さん
究極、スウェットセットアップでさえ、このバッグがあれば、オシャレに魅せる自信が持てます。これをさりげなく持つにはその人が培った個性も重要な要素です。
デザイナー  戸谷恭子さん
デザイナー 戸谷恭子さん
必然的にバッグが目に留まるので、残りのアイテムはシンプルかつ質のいいもので揃えたいですね。バッグの持つ品位を余すところなく前面に押し出したいです。
外資系金融  小俣利佳子さん
外資系金融 小俣利佳子さん
オーセンティックでシンプルな組合わせが好きな私はバーキンよりコンスタンスが身近に感じられます。これ見よがしでない品が備わります。

バッグ「コンスタンスIII」[H15.5×W18×D5㎝]¥3,586,000ブーツ¥407,000(ともにエルメス/エルメスジャポン)ブラウス¥53,900(マメ クロゴウチ/マメ クロゴウチ オンラインストア)スカート¥35,200(テラ/ジャーナル スタンダード レサージュ 丸の内店)ピアス¥90,200リング¥107,800(ともにカイリー/ドゥロワー 二子玉川店)

撮影/宮下昌生(hannah) モデル/高垣麗子[身長:170㎝] ヘア・メーク/塩澤延之(mod’s hair) スタイリスト/竹村はま子 取材/小花有紀 ※情報は2023年9月号掲載時のものです。

おすすめ記事はこちら

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Nov
30
今日の40代おしゃれコーデ

今季注目度の高い【ピンク×赤チェック】は気負わずデニムで着こなして

今季注目度の高い【ピンク×赤チェック】は気負わずデニムで着こなして

PICK UP