• TOP
  • Fashion
  • 【雅子さまと紀子さま】シルエットに違いが!卒業式ファッションのポイントとは
Fashion麗しき皇室ファッションの世界

【雅子さまと紀子さま】シルエットに違いが!卒業式ファッションのポイントとは

3月・4月は卒業式、入学式シーズン。最愛の子供の式に出席するのは、皇族の方々も私たちと同じ。周りの父兄と同じように子供たちを温かく見守る雅子さまと、紀子さまのこれまでの卒業式ファッションを、放送作家・皇室ライターのつげのり子さんにお話しを伺いながら、振り返ってみました。

▼あわせて読みたい
【雅子さまと紀子さま】ポイントは足元!運動会ファッションに表れるお人柄の違い

INDEX ★ 皇室ならではの卒入学式ファッションでの気遣いポイントとは?
★ 雅子さまは大きめカラーのジャケット+タイトスカートでハンサムに
★ 紀子さまはウエストシェイプのジャケット+フレアスカートで甘めのコンサバに

皇室ならではの卒入学式ファッションでの気遣いポイントとは?

「皇族の方々が卒業式、入学式でいちばん気をつけられているのは、子供たちの大事な節目の雰囲気を壊さないよう周りの父兄に溶け込むことだと感じています。ジュエリーも控えめで小物も黒で統一されています。そういった意味でも、特別扱いではなく他の父兄と同じ立場で参加される学校行事は、究極のプライベートシーンなのかもしれません」(つげさん、以下同)

雅子さまは大きめカラーのジャケット+タイトスカートでハンサムに

  • 2008年、愛子さまの学習院幼稚園の卒園式。ご家族全員がネイビー×ホワイトのお召し物でリンク感の強い着こなし。よく見ると、天皇陛下のネクタイのドットの赤と、愛子さまの制服の赤いパイピングもリンクしています。雅子さまは、バッグまでネイビーに。靴は黒を選ばれ、シックで気品を感じます。(C)JMPA
  • 2014年、愛子さまの学習院初等科の卒業式には、2008年同様ジャケットのカラー部分にブレードの装飾が施されたスーツをお召しに。胸元は、大事な式典で選ばれていることが多いブローチをポイントに。決して派手ではありませんが、落ち着いた印象のネイビーに、ブローチやブレード装飾などで、さりげなく華を添えられた着こなしです。(C)JMPA
  • 2017年の愛子さま学習院中等科の卒業式には、2008年と同じネイビーのスーツを選ばれた雅子さま。11年の時を経て、お召しものを大事に着回される雅子さまの人柄が垣間見られます。2008年では、白いブラウスを合わされていましたが、ネイビーのインナーに変えられガラリとイメージチェンジ。一連のパールネックレス、一粒パールのイヤリング、リングと、パールで統一されてジュエリー使いが洗練されています。(C)JMPA

「ご公務ではジャケットにパンツスタイルが多い雅子さまですが、愛子さまの卒業式ではタイトスカートのスーツをお召しに。別れを連想させる卒業式は明るい色ではなく、ネイビーを選ばれてきました。ジャケットのデザインは、ご公務同様、テーラードか、ショールカラーのVのカットが深いきりっとした印象のもの。スカートは膝が隠れるタイトなものを選ばれ、ハンサムな雰囲気でまとめられています。

どの写真を見ても天皇陛下のネクタイカラーや雅子さまのスーツが愛子さまの制服に色をリンクされていて、令和になってから話題になる‟ご家族リンクカラースタイル“の始まりを感じられます」

紀子さまはウエストシェイプのジャケット+フレアスカートで甘めのコンサバに

  • 2007年、佳子さまの学習院初等科卒業式にて。眞子さまの卒業式の経験がある紀子さまは、光沢のある素材を選び、ネイビースーツをフェミニンに品よく華やかにアレンジ。バッグと共に、同素材のグローブを持たれる着こなしに、気品を感じます。(C)JMPA
  • 同じく2007年、眞子さまの学習院中等科卒業式では、卒業式には珍しくベージュのセットアップを選ばれていました。この年は4日前に佳子さまの初等科卒業式があったばかり。光沢素材のネイビースーツと変化をつけるためにイレギュラーなベージュを選ばれたご様子。色はベージュですが、ボウタイブラウス、金ボタン、ウエストがシェイプされたジャケットと紀子さまらしい甘くフェミニンな要素を感じられます。(C)JMPA
  • 2013年、悠仁さまのお茶の水女子大学附属幼稚園の卒園式。すっきりとしたノーカラーのジャケット、膝が隠れる丈のタイトスカートというベーシックなデザインのスーツに、ウエストには同素材のベルトをアクセントに。ジュエリーはパールで統一されていますが、ジャケットのネック周りに沿うように控えめにつけられ、エレガンスさを感じます。無駄と隙がなく、どの立場の方からも好感度の高い着こなしです。(C)JMPA
  • 悠仁さまの学習院幼稚園の卒業式の数日後は、佳子さまの学習院高等科の卒業式に。悠仁さまの卒業式と見え方が変わるようにか、アレンジのあるネイビースーツをお召しに。紀子さまの定番とも言えるスーツのカラーにはデザイン性があり、コンサバかつフェミニンな印象。ネイビーの色味が明るいので、黒小物とコントラストがつき華やかに見えます。2013年(C)JMPA
  • 2019年、悠仁さまのお茶の水女子大学付属小学校の卒業式。この時からは、グローブをお持ちになられなくなり、幼稚園の卒業式よりも更にシンプルに洗練されたスーツを選ばれています。悠仁さまの制服もベーシックなので、主役の悠仁さまの存在感が際立つように配慮されている紀子さまの温かさを感じます。(C)JMPA
  • 2022年、悠仁さまのお茶の水女子大学附属中学校の卒業式。2013年の悠仁さまの小学校の卒業式でお召しになったネイビーのスーツを、ブローチを変えて着回されています。ジュエリーも控えめにされ、目立つことがないように配慮されているのは、皇族、華族のための教育機関として開校された学習院とは違い、お茶の水女子大学付属中等科が国立の学校ということも影響しているのかもしれません。(C)JMPA

「3人のお子様の卒業式に参加されてきた紀子さまはベテランとも言える着こなし。基本的には、小さめカラーでウエストがシェイプされたジャケットですが、どこかしらに紀子さまらしいフェミニンなアレンジを加えられ楽しまれているのではないでしょうか。

ただ悠仁さまの卒業式は、上のお二人の時とやや違うご様子。将来の天皇陛下である悠仁さまは、即位されれば過去のお写真が必ずメディアを賑わすもの。卒業式のお写真は必ずといっていいほど節目節目で公開されます。圧倒的多数の国民が目にするので、隙のないシンプルで完璧なものを選ばれているのではないでしょうか? ネイビーのノーカラーのジャケット、フレアスカートのシンプルなセットアップからは主役である悠仁さまをそっと見守る、温かい気持ちが伝わってくるようです。

また、皇族の方々は正装の場では手袋が必需品となっています。お子様たちの式典ではそういった決め事はありませんが、紀子さまは身だしなみにおいてきちんとされたいというお気持ちが強いご様子。学習院の卒入式には必ず手袋をバッグと持たれていて子供の人生の節目をファーマルなスタイルで参加したいというお気持ちを感じます」

教えてくれたのは…
放送作家・皇室ライター
つげ のり子さん

テレビ東京系『皇室の窓』の放送作家。2001年の愛子さまご誕生以来、皇室番組の構成を担当し、皇室研究をライフワークとしている。ワイドショーから政治経済番組、ラジオまで様々な番組の構成を手掛ける。著書に『天皇家250年の血脈』(KADOKAWA)『素顔の雅子さま』『素顔の美智子さま』(河出書房新社)などがある。

取材/味澤彩子

おすすめ記事はこちら

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Jun
19
今日の40代おしゃれコーデ

新しいママ友とランチ会【人間関係に効くカラーコーデ】でなごやかムードに

新しいママ友とランチ会【人間関係に効くカラーコーデ】でなごやかムードに

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

ムダ買い先生に教わる最高の1着を計6名様にプレゼント

会員プレゼント

STORY experience会員「推し活」アンケート&プレゼント

PICK UP