Lifestyle特集

40代の悩みを吹っ飛ばす!【人生相談】ジェーン・スー × HARUKO「四十女、しじゅう悩みどおし」中編

同世代の女性の気持ちを代弁してくれるような明快な語り口が人気のコラムニスト、ジェーン・スーさん。ラジオや雑誌で多くの方のお悩みに答えてこられ、現在、毎日新聞の人生相談も担当されています。

一方、波瀾万丈の人生経験を持ちながら、いつも前向きで飾り気がなく、姐御肌のモデル・HARUKOさんも、仲間からの相談を受けることも多い人柄。

そこで、そんなお二人に、『STORY』読者の真剣なお悩みにたっぷりと答えていただきました

<お悩み目次> ★本日のお悩み その1:転職問題
★本日のお悩み その2:夫婦の家計問題

 


<PROFILE>

ジェーン・スーさん(47歳)

コラムニスト。TBSラジオ「ジェーン・スー 生活は踊る」(月〜金11:00〜)のパーソナリティを担当。毎日新聞をはじめ新聞・雑誌で数多くの連載を持つ。『貴様いつまで女子でいるつもりだ問題』は、第31回講談社エッセイ賞を受賞。近著に『これでもいいのだ』。

HARUKOさん(46歳)

モデル。短大時代、『JJ』にて山田明子(はるこ)の名でデビュー。以来、数々のファッション誌で
活躍。’03年に結婚後、九十九里浜に移住、長女を出産。’12年に離婚。HARUKOに改名し、現在『STORY』にて活躍中。趣味はサーフィンと読書。


【中編】

前編はこちら 後編はこちら

ジェーン・スーさん
ジェーン・スーさん
HARUKOさんのインスタ、見せていただいてますよ。野良作業とかも楽しく拝見しています。あれ、ご自宅のお庭なんですか?
HARUKOさん
HARUKOさん
そうなんですよ。もう、ぐちゃぐちゃで、大変です。
ジェーン・スーさん
ジェーン・スーさん
そういえば、今、お嬢さん、留学中ですか?
HARUKOさん
HARUKOさん
今、コロナの影響で帰ってきちゃってるんです。もう高校生です。
ジェーン・スーさん
ジェーン・スーさん
えー、早いなあ、他人の子が育つのは。ずいぶん昔の話ですが、お嬢さんと、お父様、おじい様が食事してるのをお見掛けしたことがあるんですよ、レストランで。
HARUKOさん
HARUKOさん
そうなんですか! 当時はほんとにいろいろありました(笑)。
ジェーン・スーさん
ジェーン・スーさん
HARUKOさんって、昔あった嫌なことも全部いつくしむべき過去として、今の自分と切り離している感じがするんです。人ってそういうふうに生きられると、もっと幸せになれる気がするなぁと思うんですよ。なんて、わかったようなこと言ってすみません(笑)。

 


★本日のお悩み その1:転職問題

T.Y.さん(41歳/子ども8歳、3歳)フリーアナウンサー 「悩みと言えば、仕事のことです。今、コロナでイベント司会や映像関係の仕事もすべてストップしていますが、コロナが明けたらどのように仕事を再開していくか悩んでいます。いろいろ不満が募り、心機一転、新たな場所で頑張ってみたい前向きな思いもあり、数年間所属している事務所(会社)を辞めて、移籍も考えているのですが、果たしてアフターコロナで雇ってくれるところがあるのか、不安を感じています。40歳を過ぎ、見た目的に衰えを感じることもあり、仕事柄、女性としての自信も揺らぎがちになります。これまでに積み上げてきた十分なキャリア、即戦力でもあり、モノによっては年齢を重ねた、落ち着いた人が求められるような仕事もあるのですが、今までと同じように社会での活躍の場はあるだろうか、受け入れてもらえるだろうかと不安です。何か資格でも取って、新たなフィールドで挑戦してみようか、などと考えてしまうこともあります。40代、まだまだ現役で、社会でもイキイキと活躍したい!と思うのですが、歳をとると、家以外での自分の居場所がだんだんと失われていくのではないかと急に焦りを感じて……。どう前向きにとらえたらよいでしょうか」
ジェーン・スーさん
ジェーン・スーさん
すごくシビアなことを言うようですが、若くて綺麗っていうことを仕事の売りにしてきた部分があるなら、自分が一番若くて綺麗でいられる場所に移って、同じような仕事を続けていくのがいいのではないかと思います。今まで、イベントの司会などをしてきたなら、宝飾や着物の販売会の司会をするとか。でも、年齢や容姿に関係なく、技術があるという自負があるのなら、新しい選択肢も増えてきますよね。40代って容姿の衰えが気になる時期ですけれど、逆に、ただ綺麗なだけでも売れないのが40代じゃないですか。人物としての魅力や厚みがないと、容貌だけでは勝負できない年齢ですよね。
HARUKOさん
HARUKOさん
この方は、フリーアナウンサーっていう他人にはできないような技術を身につけてきているんだから、そんなに悩む必要ないって思いません? 今から別の資格をとって別のことをするとかは、やめたほうがいいと思う。今まで培ってきたものの中にきっとやれることはあると思う。視点を変えて、自分がやってきたことの中で楽しくできる場所を探せば、何の問題もないこと。そんなに焦る必要ないんじゃないかな。
ジェーン・スーさん
ジェーン・スーさん
同じ仕事をするとなると、より若い人の方が採用されやすいというのが、この方の仕事の場合はあると思うんです。それは、あまりよろしくないことだけど。でも何か強みがあれば、採用される可能性は強くなると思う。資格をとるまではいかないにしても、強い分野を持つのは有利かもしれないですね
HARUKOさん
HARUKOさん
この人の気持ちはわかる部分もある。私も11年間やっていた QVC が今ちょっとストップしてしまっていて、この1年間無職みたいな感じなので。でも悪いことばっかり思っててもしょうがないし。この方は、自分はダメだと決めつけすぎちゃってる気がする。
ジェーン・スーさん
ジェーン・スーさん
そのHARUKOさんの「前向き力」って、私を含めてみんなが憧れるところだと思うんですけど。嫌なことがあっても、仕方ないなと思えるんですか?
HARUKOさん
HARUKOさん
例えばお金がないときに、お金にばかりフォーカスしちゃうと生きていけなくなっちゃうから、違うところにフォーカスするようにしています。死なない程度には貯金もしてるし。私は、娘に留学させて大学まで行かせられれば、それで親の役目は完了だと思っていて。だから、それさえやれれば、お金についてはなんとか生きていければいいかなと。それより、どうやったら子育てしながら楽しくやっていけるかなということを一番に考えているかな
ジェーン・スーさん
ジェーン・スーさん
自分に需要があるかとか、どうしたらたくさん稼げるかということに集中しちゃうんじゃなくて 、無理なく働くという方向に価値観をシフトしていくということですよね
HARUKOさん
HARUKOさん
そうなんです。この人は2児の母だから、二人の子どもと家族が幸せに生活しているかということをまず考えて、その次に自分ができることを考えたほうがいい。私がこうしたいとか、私の仕事がとか、私の経歴がとか、そういうふうに考えていくと、何かこう、苦しくなる気がする。
ジェーン・スーさん
ジェーン・スーさん
そうですね。強みを作るにしても準備が必要だし、今は準備期間と考えるというのは、ありですよね
HARUKOさん
HARUKOさん
暇とか仕事がないというのは後から考えると良い経験になってるはずだから。目先のことは慌てないでのんびりして。人生を楽しく考える癖をつけたほうがいいんじゃないかな。
ジェーン・スーさん
ジェーン・スーさん
焦っても、歳は誰でもとっていくものだし、容姿もここから上り坂なわけではないんだから、自分の評価軸を変えたほうがいいですね。
HARUKOさん
HARUKOさん
本当にそう思いますね。

 


★本日のお悩み その2:夫婦の家計問題

M.S.さん(44歳)主婦 「我が家の財布を握っているのは夫です。夫がいくら稼いでいるのかも知りません。決まった生活費をきちんと貰い、不自由はありませんが、夫は後輩を飲みに連れていってはご馳走してあげて、『それも外で働く男性ならあり得る』と見て見ぬふりをしていました。でも、最近度が過ぎる浪費ぶりな気がして。あまり波風立てずに改善してもらう言い方や方法はありますか?」
ジェーン・スーさん
ジェーン・スーさん
専業主婦で、旦那がいくら稼いでいるか知らない人ってどのくらいいるのかしら。共働きなら別会計というのもわかるんですけどね。
HARUKOさん
HARUKOさん
私はこの人が働いて、自分で稼いだお金を1万でも2万でも持って飲みに行けば、すっきりするんじゃないかなと思う。社会との接点を持ったほうがいい。
ジェーン・スーさん
ジェーン・スーさん
なんで自分で働くという発想にならないのかは、ちょっと不思議でした。例えば、夫は今抱えているプロジェクトがうまくいっていなくて、自腹切ってでも、部下を飲みに連れていかなければいけない時期なのかもしれないですよね。この方は、家計の話にしているけれど、飲みに行くことが気に入らないとか、寂しいとかいう気持ちがあるんじゃないかな。それは自分の世界がないからかもしれない。お金の使い方の問題ではないのかも。でも、自分の家の資産を把握していないのは怖いですよ。働いていないなら余計に、どこかのタイミングで知っていたほうがいいと思いますよね。

取材/秋元恵美 リサーチ/東 理恵、片山あゆみ、小賀坂好映、嶋田桂以子、竹永久美子、萩原雅子

チームSTORY
FROMチームSTORY 雑誌「STORY(ストーリィ)」の製作に携わる編集部員たち。日夜雑誌作りに勤しむなかで得た知見、タメになる情報、愉快な話などなどファッションからライフスタイルまで、STORYらしさ溢れるトピックを、webでも存分に披露していきます。
記事一覧を見る >
-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Sep
24
今日の40代おしゃれコーデ

【金ボタンの紺ブレ×チェックワンピース】忘れかけていた時代にこそトラッドは戻ってきます[9/25 Fri.]

【金ボタンの紺ブレ×チェックワンピース】忘れかけていた時代にこそトラッドは戻ってきます[9/25 Fri.]

PICK UP

PRESENT

L.L.Bean「トートバッグ」を計8名様にプレゼント!

L.L.Bean「トートバッグ」を計8名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。