LifestylefromチームSTORY

占い師編集者が占ってもらってみた! 1月27日(水)「2021開運STORY占いセッション会」に登場する2人のやりとり

初めまして。編集部の山田麻琴と申します。
50代女性の雑誌『HERS』から『STORY』に異動してきてやっと半年。
ライフスタイル誌から久しぶりのファッション誌への異動で、
今までのキャリアと経験を活かし、自分にできることは何か、ずっと考えてきました。
そして編集部内でできることを探すうちに、ひとつ得意なことを思い出しました。
それは、占いに行くことです。
鑑定をしてもらうことで、「当たる占い師」を探すことです。

小さい頃から占い雑誌が好きで良く読んでおり、
自分でお金を持つようになってからは、当たると噂の占い師さんを
尋ねて、どんなふうに自分を読み解いてくれるかを楽しむようになりました。
独身時代、結婚前、結婚してから、子供を産んでから……。
さまざまな人生の転機に、たくさんの占い師に視てもらいました。

というわけで、いつの間にか、この人は当たるとか、本当に視えてるとか、
なんとなく判断できるようになったのです。
(自分でもタロットを学びました)

STORYでは、その特技を活かして、話題の占い師さんを尋ねて
その占い師さんの「すごい秘密」をご紹介しようと思います。

まず最初は鈴木えみさん。
奇門遁甲と風水のスペシャリストです。
奇門遁甲とは中国の春秋戦国時代に始まった占いで、二十四節気干支から算出される遁甲局数を基にして遁甲盤を作成して占います。
遁甲盤をベースに、現状やこれからのこと、自分にとっていい方角や、適切な時期などを読み取ってくれます。
遁甲盤を作るためには、まず、こちらからは生年月日をはじめとした、個人鑑定リポートを書くところから始まります。

相談内容は、仕事、家族がベースです。
鑑定が始まり、まずは私個人の仕事の方向性、
また、STORYが雑誌として向かうべき方向性のことを教えてくれました。
抜粋して紹介すると、

「今仕事はそれほど忙しくないでしょう?
もったいないのが、せっかく運勢上がってきてるあなたが
ちょっとそれを生かせてない。モードが「休み」って出てる。
視えているものの流れからいうと、今の状況にやる気が出ていないのはわかる。
現状を捉え、作戦を考えるべき。
仕事は時間的に余裕が出てきたかもしれないけど、金銭的によくない印象。
出費が多くなるとか、あんまりいいことない。
任された仕事は、今の状況でははっきりしない。曖昧。
今の時代はWEBと言うけど、足元を強くする、会社の役に立つ、
自分のために役に立たせるには、「雑誌」「紙」に力を入れるべき。
WEBの仕事は今現在すぐ結果が出るところにない。
会社の方針、求める利益、やらなければならないことを
やってはいるけど、理想通りじゃない。
少し変えれば利益は出るはず。
今の状態から抜け出ないといけない。
人生の変わり目に立つ40代に向けた雑誌。
きらびやかな女として生きる女性のための雑誌なのか、
熟成した大人として生きる女性のための雑誌なのか。
ただ綺麗を追求する雑誌のニーズは減ると思う。
これからは、精神的な面のことを扱う記事を徐々に提案していくのがいい。
1人で個人としてどう満たされるか、中からの幸せを感じるようにはどうするべきか」

まだ異動してまもない時期に言われた私はびっくりしました。
まさに強制的に「休み」モードに切り替わった時で、
次に自分は何ができるか、何を求められているか、自信のない状態だったんです。

「また、2020年は親子の関係を見直せるチャンスのあるとき。
陰暦だと2月まで2020年。「縁起」つまり、縁を結び直すスタートのタイミングが大事。
親子、夫婦、いろいろな人間関係を改善しようとする気持ちを持つことが大事。
ゼロのスタート。全ての可能性が始まるから、そこに注力して。
あなたの持っている星はママの星。だけど、今あなたは家族の中に入ってない。
外を向いている。母性強い星です、本来は。
七赤金星。わがまま、好きなことをしたい。
でも旦那さんは管理しないからいい。
子供たちはいい子。
将来楽しみだよ。上の子は創業できる子。
徳がある。人間関係うまく作れる。人間関係でうまく回る。
真面目で温かい子。
下の子は組織の中がいい子。火の子。ワンマンショー。強いよ。
お兄ちゃんはいま疲れてるだけ。いろいろやることがありすぎる。
心に不安がある。休めない。疲れてる。遠い。
下の子も学校まで遠い。
学校の近くに住んだら子供たちは便利になるから良くなるよ。
いまは2人ともとても疲れてる」

家族のことも指摘してくれました。
確かに子供たちが比較的手が離れ、夫も在宅で仕事をする日が多く、
私はここ最近、すっかり仕事や予定を入れ、家のことを前ほどしていませんでした。それを自覚はしていたものの、子供たちが疲れている、
とストレートに言われると、グッとくるものがありますね。
そして、確かに子供2人の学校は家から遠い。
学校がしばらく変わらないのであれば、こちらから近づくしか方法はない、
とぼんやり思っていたことも、指摘してくれました。
2023年までに引っ越せばいいとアドバイスをくださり、
ゆっくりこの先を考えるきっかけになりました。
他にも、パーソナルな悩みに関して、こちらから多くを語らずとも
全部知っているかのような的確なアドバイスをいただき、
私がぼんやりと思っていたことを言葉にしてもらい、
一歩を踏み出す勇気が出ました。

初めての奇門遁甲は、自分では読めない漢字、
どんな順番で読み解いているか
わからない遁甲盤をベースにしているので、
これからちょっと勉強してみたくなりました。

皆さんもご興味があったら、鈴木さんを尋ねてみてください。
まずは、1月27日の【STORYexperience会員限定イベント「開運占いセッション会」】にぜひご参加ください。気持ちのいい空間で鈴木さんのセッションが受けられます。

1月は「開運占いセッション会」!【STORY experience 会員限定イベント】に参加しませんか?

そしてイベント当日は……実は私もセッションを行います。
占い好きが高じて、私も数年前からタロットを始めました。
私、山田麻琴のほうでは、気軽な友だち感覚で話をしながらセッションしたいと思ってますので、よろしくお願いします!
どしどしご応募ください。

鈴木えみさん

風水・運勢コンサルタント。風水と「奇門遁甲(キモントンコウ)」を合わせた「奇門風水」という鑑定方法により、主に時間と空間を重視しながら、その人がいま直面している局面を分析し、より良い運勢になるよう提案。happyasibe2020@gmail.com

 

山田麻琴
FROM山田麻琴 1998年、光文社に入社。『女性自身』→『CLASSY.』→『VERY』→『HERS』を経て、2020年7月より『STORY』編集部に。高校生の頃から占いにハマり、今までに50人近くの占い師のセッションを受けてきた‟占いオタク”。その経験を生かして最近は、占いを受ける側からリーディングする側へと転向。知人や仕事で知り合った相手を中心に‟ちょっとエロい”タロットカードを駆使する。
記事一覧を見る >

RELATED TOPICS

FEATURE

Jan
16
今日の40代おしゃれコーデ

今年はいつか、いつも頑張ってる自分にご褒美【1人ホテルステイ】[1/16 Sat.]

今年はいつか、いつも頑張ってる自分にご褒美【1人ホテルステイ】[1/16 Sat.]

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

Dear Beautiful,「シルクマスク」を計20名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

雑誌購入限定プレゼント

SUQQUシグニチャー カラー アイズとニュアンス アイライナーのセットを計30名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

会員プレゼント

星野リゾート宿泊ギフト券¥50,000を1名様にプレゼント【会員限定プレゼント】

PICK UP