• TOP
  • Lifestyle
  • 小野千恵子さん母子に「ミュージカル留学」体験について聞いてみた
Lifestyle特集

小野千恵子さん母子に「ミュージカル留学」体験について聞いてみた

子どもの見つけた “やりたいこと”に、 それを育てる方法の一つとして留学を提案しました(小野千恵子さん)

▼あわせて読みたい
STORY読者たちに聞いた我が家の留学事情【スポーツ、STEM、ダンス】

目次 ★ 小野千恵子さん:子どもの個性&潜在能力を伸ばす【ミュージカル留学】

小野千恵子さん:子どもの個性&潜在能力を伸ばす【ミュージカル留学】

母 小野千恵子さん (47歳)
STORYモデルで思春期の娘2人のママ。ご主人はサッカー元日本代表の小野伸二さん。長女夏蓮さんはフラ大会優勝経験も!

娘 夏蓮さん(17歳)
15歳の時、NY·ブロードウェイへ。

千恵子さん(以下敬称略)
中3の時、通っていたスクールのコーチにミュージカル留学を勧められてNYへ3週間。最初は正直、心配だった……。

夏蓮さん(以下敬称略)
もっと居たかった!っていうくらい楽しかったよ。

千恵子
特に心に残っていることは?

夏蓮
3週間のうち4日間はワークショップが組まれていて、その中に独り語りがあったの。全て英語で完全ソロのお芝居を自分なりに試行錯誤して乗り越えたんだけど、その後、参加していたアメリカの子達がたくさん話し掛けてくれて、今でも交流のある友達になれたことかな。

千恵子
それは、貴重な体験ね。

夏蓮
世界的に有名なスタジオセットに日本人で初めて足を踏み入れたり、打合わせ現場を覗いたりもできた!

千恵子
お母さんは、学生生活をのほほんと何げなく過ごしてしまったから、ある意味、あなたが羨ましい。

夏蓮
やりたいことの背中を押してくれて感謝してます、改めてありがとう!

千恵子
留学を通じて感じたのは、娘達がやりたいことができた時、その可能性を広げるために「こんな手もあるよ」と親として知識を持っていることが大切ね。

撮影/吉澤健太、沼尾翔平 取材/竹永久美子、松葉恵里 ※情報は2022年10月号掲載時のものです。

おすすめ記事はこちら ・義務教育の代替案にはどんなものがある【オルタナティブスクールの教育】
・高田万由子さんが、あえて日本の教育を選ばなかった理由とは?
・エルメス財団の中高生向けワークショップ「将来を見据えたスキルの継承を感じてほしい」
-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Feb
9
今日の40代おしゃれコーデ

推し活@新大久保は心ときめく【チュールスカート】でママOFF時間を満喫

推し活@新大久保は心ときめく【チュールスカート】でママOFF時間を満喫

会員限定PRESENT

会員プレゼント

【The Tsubaki Tower】の宿泊券(カメリアルーム・朝食付き1泊2名・約¥100,000相当)をプレゼントします!

会員プレゼント

春を先取りできる華やかアイテムを計8名様にプレゼント!

会員プレゼント

「ファッションアンケート」に答えてくれた方の中から抽選で1名様にトリートメント浸透促進器と専用トリートメントをプレゼント!

会員プレゼント

【ロレアルのヘアケアセット】シャンプー、マスク、オイルを2名様にプレゼント!

PICK UP