• TOP
  • Lifestyle
  • 自閉症の2人の子どもが生み出す作品は、ブランドとのコラボに
Lifestyle私たちのチャレンジSTORY

自閉症の2人の子どもが生み出す作品は、ブランドとのコラボに

障がいのある子どもの介護を辛いものとして訴えるのではなく、むしろ「一緒に生きてゆく楽しさ」として伝えている女性たちを取材してきました。

▼あわせて読みたい
奥山佳恵さん「ダウン症候群の子育てを伝えることで、生きやすい未来が作れたら」


輪島満貴子さん(42歳・石川県在住) 兄妹アーティスト「KANTA&KAEDE」のアートディレクター

自閉症の2人の子どもが生み出す
作品の数々―― 頑張っている姿に
背中を押されて、私も挑戦しています

「貫ちゃんは言葉の発達が、少し遅いんじゃないか……」そう心配する両親を安心させようと、輪島満貴子さんは、長男・貫太さんを連れて病院を受診。ところが、自閉スペクトラム症の疑いがあると医師から告げられ、その後「知的障がいを伴う自閉症」と正式に診断されました。

「知らない世界と出合ってしまったことへのショックというか、不安しかなかったです。自閉症は、先天的な脳の機能障がいと知り、脳の発達に良いと言われることは、何でもチャレンジ。とにかく必死でした」と当時を振り返る満貴子さん。公園など外では、貫太さんの行動に対して“なんで注意しないの?”と言われているかのような視線が気になり、人が少ない場所や時間帯を選んで遊ばせるように。貫太さんの妹・楓さんも自閉症と診断されると、より家族だけで過ごす時間が増えていきました。

同じ自閉スペクトラム症でも、貫太さんと楓さんは全くタイプが違いましたが、お絵描きや工作を大好きになったという点は一緒。貫太さんは、1枚の画用紙に多くのキャラクターが密集する絵を描くようになり、楓さんは可愛い洋服や、おとぎ話に出てくるお姫様の切り絵を好んで作っていました。

はじめは「好きなことをさせてあげたい」という気持ちで見守っていた満貴子さんも、日々生み出される作品を見て、何かできないかと模索し始めます。手ぬぐい、バッグ、ポーチなどを作り、SNSで発信するようになると、ある日人気ブランド「オニツカタイガー」から連絡があり、2人の作品が描かれたコラボスニーカーの発売が決定。国内外から注目されるようになり、企業からの依頼も多くなったといいます。

子どもたちの活動をサポートする一方で、実際に会いに来てもらえる場所を作りたいと思い、満貴子さんは昨年、不定期営業のパン屋をオープンしました。「私の閉ざした心を開いてくれたのは、貫太が通った幼稚園での出会いでした。皆が私たち家族のことを知って、理解してくれることで楽しく毎日を過ごせる体験をしたからこそ、社会に対しても同じだなと。社会に理解者が増えれば、もっと生きやすくなるし、子どもたちの行動も自然と広げられると思うんです」。

2人が好きだったから習ったパン、図工も家庭科も得意ではなかったけど2人のためにやってみたモノづくり、いつしか満貴子さんの原動力は、貫太さんと楓さんになっていました。「進学・就職・結婚、何ひとつイメージできず心配になることもありますが、それぞれに人生があるんだということを実感します。子育てって、わからないからこそ悩んで道を見つけていくことが楽しみなのかなと、2人に教えられました」。

  • 5月に出版された「個育て」の記録を綴った著書『みんなしあわせ。兄妹アーティストKANTA&KAEDE』
  • 貫太さんが描く絵には、楓さんをモチーフにしたキャラクターが必ず登場する。
  • 赤ちゃんの頃から表情が乏しくおとなしかったという貫太さん。小学生になると緻密な絵を描くように。
  • オニツカタイガーのスニーカーほか、東京ガールズコレクションで使われるドギーバッグともコラボ。
  • 今夏、東京新聞本社で行われていた貫太さんと楓さんの作品展。
  • 雑貨とパンを販売する「ベーカリーKAMONE」。現在は週に一度、営業しているそう。

「モノづくりをしてみたら、意外とできることに自分でもびっくりしました。学生時代の成績は関係ないですね(笑)。今は楽しんでいます」と満貴子さん。

<編集後記>2人の作風に影響を 与えたと感じる「個育て」 この夏、東京新聞本社で開催された「KANTA&KAEDE展」に行ってきました。貫太さんが描く笑顔のキャラクターや楓さんのカラフルな作品を見ていると、なんだかとてもハッピーな気分に。それはきっと、満貴子さんの明るいお人柄や、2人の個性を尊重した「個育て」にあるのだろうと、後日行った取材で感じました(ライター・篠原亜由美)

取材/篠原亜由美 ※情報は2022年11月号掲載時のものです。

おすすめ記事はこちら ・書道家・武田双雲さんが不登校になった息子さんの留学を応援した理由
・元ラグビー日本代表・廣瀬俊朗さんが「良きパパ」として心がけていること
・話題の草野絵美さんに40代ママたちのお悩みをぶつけてみた!【小学生編】
-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Dec
5
今日の40代おしゃれコーデ

「今日の40代おしゃれコーデ」人気ランキングトップ5![11/16~11/30]

「今日の40代おしゃれコーデ」人気ランキングトップ5![11/16~11/30]

会員限定PRESENT

会員プレゼント

【うねり髪に効果大】超微細泡「ナノバブル」を発生させるシャンプーを3名様にプレゼント!

会員プレゼント

QUOカード500円分を50名様にプレゼント【STORY experience「卒入」思い出アンケート】にご協力お願いします!

会員プレゼント

【オリエンタルホテル 沖縄リゾート&スパ】TATAMIジュニアスイートの宿泊券(朝食付き1泊2名・1室、¥111,000相当)を1名様にプレゼント!

会員プレゼント

パッと華やげる攻めニットを計8名様にプレゼント!

PICK UP