• TOP
  • Lifestyle
  • 【廣瀬俊朗の「パパはオモロい!」】③今は仕事も大事な時期。だから家族が揃う朝食時間を大切にしています
Lifestyle廣瀬俊朗の「パパはオモロい!」

【廣瀬俊朗の「パパはオモロい!」】③今は仕事も大事な時期。だから家族が揃う朝食時間を大切にしています

日々、私たちが子どものことで悩んだり、迷ったり、もがいたりしている一方で、パパたちはどんなことを考えているのでしょう?
子育ての父親参画が増えてきたと言われる今、パパは子どもと、どうやって絆を深めていくのか。
元ラグビー日本代表キャプテン・廣瀬俊朗さんに、毎日の子育ての様子を語っていただきます。一男一女のパパとして、家庭の中でのキャプテンシーの発揮の仕方とは?

【廣瀬俊朗の「パパはオモロい!」】②僕が子どもの頃にはなかった価値観を日常の中で娘から学んでいます

廣瀬俊朗 1981年生まれ。大阪府出身。慶應義塾大学、東芝ブレイブルーパス、日本代表とキャプテンを歴任。現役引退後はドラマ「ノーサイド・ゲーム」出演や、現在『news zero』木曜パートナーなど、幅広く活躍中。11歳長女と9歳長男の父。

2023年、今年もよろしくお願いいたします。

年末年始は、TVのラグビー中継も多く、有難いことに僕もいろいろな場所で解説させていただきました。さらに去年は地方各地を飛び回ることも多く、子どもたちと遊ぶ時間もなかなか取れませんでした……。娘から「もっと遊んでよ!」と言われることもありましたね。
仕事上、子どもたちが寝静まってから家に帰ることもありますし、特にTVの仕事では、帰宅すると深夜1時過ぎになるような場合もあります。

そうなると、なかなか顔を合わせてのコミュニケーションが取れずに、子どもと会話できたのが一週間のうちで数時間ほどになってしまうことも。
「今日は学校でどうだった?」「友達と何をして遊んだ?」といった会話ができず、宿題を見てあげることもできません。

だから僕は、朝食を大事にしています。
朝こそ、家族のコミュニケーションタイムです。
たわいもない会話でも、顔を見て話をすると、ほんのひとときでもホッとしますよね。
朝なので子どもたちもバタバタしていますが、あまり食べようとしない息子に「みそ汁だけでも、飲んでいき!」と言ったり……。
僕は「ご飯」派、子どもたちは「パン」派なので、同じものを食べているわけではありませんが、「朝、みんなで揃って一緒に食べる」というのが心地よいですよね。

少しの間でも、同じ空間で時間を共有することを、できるかぎり大事にしたい。今はそれでいいと思っています。
他の親と比べたら、僕は子どもといろんな話ができていないほうなのかもしれません。
大事なことは、一緒に向き合える時間を楽しむこと、大事にすることだと考えています。
もっと話をしたいという気持ちはありますが、かといってストレスを感じたことはなく、これからも自分がコントロールできる範囲の中で、仕事と子育ての両立を大切にしたいと思っています。

忙しい時はこんな感じのパパですが、家族への罪滅ぼし!?(笑)のようなことにも取り組んでいます。次回はそんなお話をします。

撮影/西あかり 取材/東 理恵

おすすめ記事はこちら
-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Jun
18
今日の40代おしゃれコーデ

高くてもモト取れ!【ドラマティックスカート】を夏らしく楽しむ秘訣は?

高くてもモト取れ!【ドラマティックスカート】を夏らしく楽しむ秘訣は?

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

ムダ買い先生に教わる最高の1着を計6名様にプレゼント

会員プレゼント

STORY experience会員「推し活」アンケート&プレゼント

PICK UP