• TOP
  • Lifestyle
  • 「子どもはまだ欲しい。覚悟のタイムリミットは迫っていた」【モデル稲沢朋子さん 子宮頸がん体験談vol.2】
Lifestyle子宮頸がんになった私が伝えたい“知る”ことの大切さSponsored

「子どもはまだ欲しい。覚悟のタイムリミットは迫っていた」【モデル稲沢朋子さん 子宮頸がん体験談vol.2】

子宮頸がんって、どんな病気? HPVワクチンってどうなの?
思春期のお子さんを持つSTORY世代のママ達にとって、一度は考えたことがあるのではないでしょうか。何となく、耳にしているけれど、ネット社会の溢れる情報の中では迷うばかりです。海外では、性交渉の経験がある女性なら、84.6%の人が生涯に一度は感染するとされている*一般的なウイルス(ヒトパピローマウイルス)の感染が主な原因であること、そして防げる可能性のある病気であるからこそ、自分事として考えてほしい。そう強く願うのは、実際に罹患経験のある、モデル・稲沢朋子さん。経験した稲沢さんだからこそ実感した、「正しく知ること」「予防すること」の大切さを連載4回にわたって語っていただきます。
〈参考文献〉
*Chesson HW et al. Sex Transm Dis. 2014; 41(11): 660-4.

稲沢朋子さん

稲沢朋子さん

1974年生まれの49歳。2012年、本誌「STORY」の読者モデルとしてデビュー。その後、持ち前のBIG SMILEに人気が集まり専属モデルへ。2016年からは「STORY」のカバーモデルに抜擢され、親しみのあるキャラクターから絶大な人気を博し、遅咲きのモデルとして各方面で話題に。 2019年に「STORY」を卒業後もファッション雑誌やイベントに登場し活躍中。

診断を受けてから覚悟を決めるまで

最初の病院で子宮頸がんの診断を受け、初期の子宮頸がんの治療として、子宮頸部円錐切除術によって治療をすすめていく方法が一般的という説明を聞きました。

ただ、私は当時まだ30歳。子どもはいましたが、離婚したばかりで「いつかまた再婚して子どもを1人か2人産む可能性もあるかもしれない」そう思っていたので、ミライの自分を思い描き、妊娠や出産へのリスクが少しでも高くなる術式はなるべく避けたい…という気持ちもありました。でも、それも命があってこそ
一方で、手術を決断できずに悩んでいる間にも子宮頸がんはどんどん進行してしまうという焦りもすごくありました。そんな日々でも毎日子ども達を学校に送り出し、仕事をし、当たり前のように忙しい毎日が過ぎていきます。「どうすればいいの…」と心が折れそうになることもありましたが、今考えると、若かったし、子どもが小さかったこともあり必死だったからこそ乗り切れたのかもしれません。

「がん」を伝えられても衝撃すぎて言葉に詰まってしまうのではないかと思い、ごく少数の親しい友人だけにしか伝えませんでした。後になってから「子宮頸がんだったことがあったんだよね、言ってなかったっけ?」みたいに明るく話せるようになりましたけど。伝える方も伝えられる方も、やっぱり「がん」という言葉は重いですよね。
私自身、甘えたり弱さを見せたりするタイプではないのですが、両親や妹が側にいてくれて、何でも話せる環境だったことはやっぱり心強かったです。

「私の人生って何だったんだろう」不安と葛藤の日々

先のことを考えると不安なことばかりでしたが、「生命保険も入っている」「子ども達が困らないように」と、そんなことをひとつひとつ確認したり、ふと「私の人生って何だったんだろう」と考えてしまう日もあったり…。「私って親にとっていい子だったかな?」なんて、今、考えると笑ってしまうようなことも、あの時は何度も真剣に考えていました。

そんなことを考えながらも、悠長にしている時間もないので、自分でもインターネットで子宮頸がんの術式や治療方法を必死で調べました。セカンドオピニオンを受けるための病院も検索して。確か、“子宮頸がん”とか自分の症状を入れて検索していた気がします。散々調べたうえで、2カ所の病院を決めて、相談しに行きました。そのうちのひとつの病院の、ある先生との出会いで治療方法の決断ができたのです。

\子宮頸がん予防に関して、より詳しい情報を知りたい方はこちら/もっと知りたい子宮頸がん予防

MSD株式会社のWEBサイトに遷移します

「30歳で? 私が、がん!? 私、死んじゃうの!?」【モデル稲沢朋子さん 子宮頸がん体験談vol.1】
Lifestyle子宮頸がんになった私が伝えたい“知る”ことの大切さSponsored 「30歳で? 私が、がん!? 私、死んじゃうの!?」【モデル稲沢朋子さん 子宮頸がん体験談vol.1】 2023.10.05
「1カ月の入院。気丈にしていた私でも、一人で泣いた」【モデル稲沢朋子さん 子宮頸がん体験談vol.3】
Lifestyle子宮頸がんになった私が伝えたい“知る”ことの大切さSponsored 「1カ月の入院。気丈にしていた私でも、一人で泣いた」【モデル稲沢朋子さん 子宮頸がん体験談vol.3】 2023.10.06
「感染するリスク、感染後の心理的リスクも知っている私が伝えたいこと」【モデル稲沢朋子さん 子宮頸がん体験談vol.4】
Lifestyle子宮頸がんになった私が伝えたい“知る”ことの大切さSponsored 「感染するリスク、感染後の心理的リスクも知っている私が伝えたいこと」【モデル稲沢朋子さん 子宮頸がん体験談vol.4】 2023.10.06

撮影/吉澤健太 ヘア・メーク/神戸春美 スタイリスト/大碕ちほ 取材/小仲志帆 監修:埼玉医科大学病院 産婦人科/ 高橋幸子先生
【服クレジット】カットソー¥16,500スカート¥20,900〈バーニーズ ニューヨーク〉パールネックレス¥26,400ゴールドネックレス¥28,600バングル¥36,300イヤカフ¥15,400〈ラ スール〉(すべてバーニーズ ニューヨーク )サンダル¥19,800(銀座かねまつ/銀座かねまつ6丁目本店)【動画】【稲沢さん】ブラウス¥スカート¥30,800(ともにレキップ)ピアス¥52,800ブレスレット¥71,500〈ともにウノアエレ〉波ブレスレット¥22,000〈ウノアエレシルバーコレクション〉(すべてウノアエレ ジャパン)靴¥16,500(スリーフォータイム/ジオン商事)【高橋先生】ワンピース¥132,000(yoshie inaba)イヤリング¥115,500〈ウノアエレ〉(ウノアエレ ジャパン)靴¥17,050(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)
SHOP LIST
ウノアエレ ジャパン 0120-009-488
銀座かねまつ6丁目本店 03-3573-0077
J. 八雲自由が丘店 080-3930-5171
ジオン商事 03-5792-8003
ジネス ペリエ千葉店 043-301-5030
ダイアナ 銀座本店 03-3573-4005

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Feb
23
今日の40代おしゃれコーデ

【黒タートル×デニムパンツ】の定番コーデが「ビスチェ」ひとつで今年らしく

【黒タートル×デニムパンツ】の定番コーデが「ビスチェ」ひとつで今年らしく

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

運気がアップする!開運ファッション

会員プレゼント

イタリア最北端・アルト・アディジェの極上ワインセット(各2本・約¥18,000相当)を3名様にプレゼント!

会員プレゼント

神宗の鍋つゆ「美鍋シリーズ」7種類セット(¥11,016)を計10名の方にプレゼントします!

PICK UP