• TOP
  • Lifestyle
  • 「1カ月の入院。気丈にしていた私でも、一人で泣いた」【モデル稲沢朋子さん 子宮頸がん体験談vol.3】
Lifestyle子宮頸がんになった私が伝えたい“知る”ことの大切さSponsored

「1カ月の入院。気丈にしていた私でも、一人で泣いた」【モデル稲沢朋子さん 子宮頸がん体験談vol.3】

子宮頸がんって、どんな病気? HPVワクチンってどうなの?
思春期のお子さんを持つSTORY世代のママ達にとって、一度は考えたことがあるのではないでしょうか。何となく、耳にしているけれど、ネット社会の溢れる情報の中では迷うばかりです。海外では、性交渉の経験がある女性なら、84.6%の人が生涯に一度は感染するとされている*一般的なウイルス(ヒトパピローマウイルス)の感染が主な原因であること、そして防げる可能性のある病気であるからこそ、自分事として考えてほしい。そう強く願うのは、実際に罹患経験のある、モデル・稲沢朋子さん。経験した稲沢さんだからこそ実感した、「正しく知ること」「予防すること」の大切さを連載4回にわたって語っていただきます。
〈参考文献〉
*Chesson HW et al. Sex Transm Dis. 2014; 41(11): 660-4.

稲沢朋子さん

稲沢朋子さん

1974年生まれの49歳。2012年、本誌「STORY」の読者モデルとしてデビュー。その後、持ち前のBIG SMILEに人気が集まり専属モデルへ。2016年からは「STORY」のカバーモデルに抜擢され、親しみのあるキャラクターから絶大な人気を博し、遅咲きのモデルとして各方面で話題に。 2019年に「STORY」を卒業後もファッション雑誌やイベントに登場し活躍中。

信頼できる先生のもとで治療スタート

インターネット検索で探し出した病院の先生の診察を受けたときに、先生がとても丁寧にわかるように子宮頸がんの説明をしてくれました。お話をした時の先生とのフィーリングで「この先生ならずっとお付き合いできそう。」と直感的に感じたんです。実際にそこから先生には主治医として長い時間お世話になることになりました。

子宮頸がんの治療には、手術(外科治療)、放射線治療、薬物療法、緩和ケアがありますが、がんの進行の程度を示す病期やがんの性質、体の状態、年齢や他にかかっている病気などに基づいて検討します。*
私には可能な限り、子どもを産む選択肢を残しておきたいという思いや、小さな子どもが2人いるなかでの治療に不安があったので、その気持ちを正直に主治医の先生にお伝えし、相談を重ねることで、最終的に、私は治療を受けるという決断をしました。
〈参考〉
*がん情報サービス 子宮頸がん治療
https://ganjoho.jp/public/cancer/cervix_uteri/treatment.html#anchor1

子宮頸がん治療中の「子どもたちのケア」

ただ、子育て中の私にとっては1カ月の入院というのはかなり大きな決断でした。母親が入院するということ自体、子どもを不安にさせてしまう。ましてや1カ月となると子ども達へどう伝えるか。母親のいない中での生活面や精神的なケアはどうするか、という問題が山積みでしたが、そこはありがたいことに両親や妹が全面的に協力してくれることで解決できました。

入院生活は個室にしました。というのも、できる限り、子ども達と一緒にいる時間を多く持ちたかったから。家で過ごしているときと同じように過ごせるようにしたかったからです。両親や妹が交代で学校から帰宅した子ども達を病室に連れてきてくれました。私の周りで宿題をして、夕飯も一緒に食べる。寝ている時間と学校にいる時間以外は一緒にいて、できる限り普段通りに楽しく過ごすように心がけました。入院中、食事制限はなかったので、あれ食べたい、これ食べたいとリクエストをしたりして、子ども達が不安にならないように、いつもの元気印の私で子ども達の前ではずっと笑っていたように思います。

そんな風に子どもの前や家族、友達の前では明るく気丈にしていましたが、誰もいない1人の時は不安や怖さ、子どもや家族への思い、色々な感情が溢れて病室で泣いていました。今では笑い話ですが、妹が病室に来ると、だいたい私が不在で。たいてい点滴スタンドと一緒に公衆電話で友達と電話しているという光景を妹はよく目にしていたそうです(笑)。誰かに話を聞いてもらいたかったのかもしれませんね。実際、よく電話しに行っていました。

\子宮頸がん予防に関して、より詳しい情報を知りたい方はこちら/もっと知りたい子宮頸がん予防

MSD株式会社のWEBサイトに遷移します

「30歳で? 私が、がん!? 私、死んじゃうの!?」【モデル稲沢朋子さん 子宮頸がん体験談vol.1】
Lifestyle子宮頸がんになった私が伝えたい“知る”ことの大切さSponsored 「30歳で? 私が、がん!? 私、死んじゃうの!?」【モデル稲沢朋子さん 子宮頸がん体験談vol.1】 2023.10.05
「子どもはまだ欲しい。覚悟のタイムリミットは迫っていた」【モデル稲沢朋子さん 子宮頸がん体験談vol.2】
Lifestyle子宮頸がんになった私が伝えたい“知る”ことの大切さSponsored 「子どもはまだ欲しい。覚悟のタイムリミットは迫っていた」【モデル稲沢朋子さん 子宮頸がん体験談vol.2】 2023.10.05
「感染するリスク、感染後の心理的リスクも知っている私が伝えたいこと」【モデル稲沢朋子さん 子宮頸がん体験談vol.4】
Lifestyle子宮頸がんになった私が伝えたい“知る”ことの大切さSponsored 「感染するリスク、感染後の心理的リスクも知っている私が伝えたいこと」【モデル稲沢朋子さん 子宮頸がん体験談vol.4】 2023.10.06

撮影/吉澤健太 ヘア・メーク/神戸春美 スタイリスト/大碕ちほ 取材/小仲志帆 監修:埼玉医科大学病院 産婦人科/ 高橋幸子先生
【服クレジット】カットソー¥16,500スカート¥20,900〈バーニーズ ニューヨーク〉パールネックレス¥26,400ゴールドネックレス¥28,600バングル¥36,300イヤカフ¥15,400〈ラ スール〉(すべてバーニーズ ニューヨーク )サンダル¥19,800(銀座かねまつ/銀座かねまつ6丁目本店)【稲沢さん】ジレ¥46,200(MOGA)カットソー¥7,920スカート¥¥26,400(ともにジネス/ジネス ペリエ千葉店)ブレスレット、靴(スタイリスト私物)【高橋先生】ブラウス¥37,400(J. 八雲自由が丘店)靴¥16,500(ダイアナ/ダイアナ 銀座本店)イヤリング¥154,000(ウノアエレ/ウノアエレ ジャパン)
SHOP LIST
ウノアエレ ジャパン 0120-009-488
銀座かねまつ6丁目本店 03-3573-0077
J. 八雲自由が丘店 080-3930-5171
ジオン商事 03-5792-8003
ジネス ペリエ千葉店 043-301-5030
ダイアナ 銀座本店 03-3573-4005

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Feb
25
今日の40代おしゃれコーデ

注目度No.1!【タイ付きシャツ】で甘スカートコーデに凛とした大人のスパイスを

注目度No.1!【タイ付きシャツ】で甘スカートコーデに凛とした大人のスパイスを

会員限定PRESENT

会員プレゼント

イタリア最北端・アルト・アディジェの極上ワインセット(各2本・約¥18,000相当)を3名様にプレゼント!

会員プレゼント

神宗の鍋つゆ「美鍋シリーズ」7種類セット(¥11,016)を計10名の方にプレゼントします!

PICK UP