• TOP
  • Lifestyle
  • お笑い歴43年!久本雅美さん「生涯現役でいるために自分に飽きない人間でいたい」
Lifestyleピープル

お笑い歴43年!久本雅美さん「生涯現役でいるために自分に飽きない人間でいたい」

年代問わず、幅広い世代に人気のある久本雅美さん(65歳)。デビューして43年、ずっと「お笑い」と向き合ってきました。久本さんにとっての「お笑い」とは何か、生涯現役でいたいと言う久本さんの仕事に対する考え方をお聞きしました。

▼あわせて読みたい
「よく本番後は泣いていました」元日テレの西尾由佳理アナが、活躍できたワケ

【INDEX】 「お笑い」は私のエネルギーで「お笑い」ナシの人生は考えらえません
生涯現役を貫けるように挑戦しつづけます
60歳すぎるとイライラや人間関係の悩みも減り穏やかに
もし生まれ変わっても「お笑い」でもっとレベルアップしたい!

「お笑い」は私のエネルギーで「お笑い」ナシの人生は考えらえません

私にとって「お笑い」とは私の中のエネルギーです。「お笑い」がない人生は考えられないですね。どんなに疲れている日でもお客様が笑ってくださると自分自身が元気になるし、自分が大笑いしてる時って嫌なことを忘れて、楽しいですよね。人それぞれ元気の源って音楽とか趣味とか違うと思うんですけど、私にとっての元気の源は「お笑い」ですね。

そもそも私の「お笑い」をはじめるきっかけは短大卒業後、たまたま東京に遊びに来た時に観た「劇団東京ヴォードヴィルショー」です。衝撃を受けて上京し、入団させていただきました。ただ3年で辞めて柴田理恵らと5人で劇団を立ち上げたんです、それが1984年のこと。そこに演出家の喰始(たべ・はじめ)さんを社長として引き込んだんです。その後、劇団の名前を決めるのときに一目でお笑いの劇団とわかる名前がいいねということで、飲みの席でみんなで無記名で案を提出していったんです。アジャパーなんとか、うひょひょなんとかとか出てて(笑)。でもパッとするものがなくて…。そのとき、喰さんの提案で坂田明さん中心のジャズユニットWha-ha-haというグループがあって「Wha-ha-ha=お笑い」でとてもいいなってことになり、坂田さんにお願いしてつけさせてもらったんです。それに老舗って意味を表す「本舗」をつけて「WAHAHA本舗」でスタートしました。

名前って不思議で最初はえ!?って思っててもその人の活躍や魅力で浸透してくるってありますよね。段々その人そのもの名前になっていくような。さんまさんも最初はふざけてんのかな~って思う名前でしたけど「さんま=お笑いの巨人」で魚より勝っちゃってるとこありますよね(笑)。

生涯現役を貫けるように挑戦しつづけます

東京に出てきて劇団に入団したのが22歳なので、もう43年になりますね。1人ではここまでやって来れなかったと思います。皆さんに支えられてですよ、本当に。それに毎回現場って人も内容も違って面白くてね、飽きないんですよね。でもいちばん大切なのは、自分に飽きないようにすることだと思うんです。人生の階段を登っているときって階段を上がるその途中に踊り場があって、一瞬振り返ったり前を向いたりするんですけど、その踊り場にいつの間にか長くいすぎちゃうことありませんか?気が付くと自分の考え方や自分のものの受け止め方が停滞してつまらないなあと、自分に飽きてしまうんです。それは避けたいなって思っています。上には上の景色があるので、いつまでもその階に立ち止まるんじゃなくて常に上がっていける人生にしたいですね。

ずっと生涯現役を貫いて生きていきたいので健康第一で、舞台に立ち続けたいと思っています。テレビのお仕事もオファーをいただけることに感謝で全力でやり続けたいけど、どんどん若い人たちが出てくるし、若い方はエネルギーもある。新しい世界も広げてくれる。時代や人が変わっても私らしく輝いていられる存在になりたいですね。この歳だから無理とか制限せずに、いくつになっても挑戦していきたいです。怯むことなく!

60歳すぎるとイライラや人間関係の悩みも減り穏やかに

基本的にせっかちなので段取りが悪かったり、自分の中のリズムが狂うと「ん?」って思ったりはありました。30代40代はピリピリしてましたし、自分のエネルギーが有り余ってたので、忙しい時こそ飲みに出かけて朝まで飲んでましたしね。今はもうゆっくりしたいなって思うようになって、60歳すぎると本当に穏やかになるんですよ。だから怒ることもイライラすることもあまりなくなりましたね。

めったに苦手な人ができない私なんですけど、昔は人間関係に悩んだ時もありました。現場でうまくコミュニケーションがとれない人がひとりいてね、無視とまではいかないけど私のことを全く受け入れてくれてない状態…。私のこと嫌っている?避けている?って聞かなくても自然と感じてしまいますよね。そういう人がひとりいるってだけで気持ちが沈んでしまって。その人に会うのが嫌で現場に行きたくないなって思うようになったんです。でもあるとき、こうなったら「世界一仲良くなってやるぞ」って腹をくくって「おはよう!」「お願いします!」の挨拶をまずは明るくいうようにしました。そうするとそれが相手にも伝わったのかだんだん普通に話せるようになって、笑えるようにもなって、自分でも驚くくらいに相手の反応も変わっていって…最終的には一緒にご飯に行きました!「悩みのないところに行きたければ、墓場に行け」って言葉があるけれど、まだそれは早いんだよね(笑)。

もし生まれ変わっても「お笑い」でもっとレベルアップしたい!

出会ってきたあの人にどうしてあの時もっと優しくしてあげなかったんだろうっていう自分自身の未熟さへの悔いはあるけれど、自分の生きてきた道には全く悔いはありません。もし生まれ変わったら、またお笑いを提供する身でいたくて、もっとレベルアップしたいです。やっぱり仕事人間で、お笑いが好きなんだな。ひとつ欲をいうなら歌が上手くなりたい(笑)。

だからこれからも自分らしくいられるように精進するしかない!今後とも「よろちくび~!」。

久本雅美さんprofile 久本雅美(ヒサモト マサミ) 1958年7月9日生まれ、大阪府出身。
軽妙なトークで人気を博し、「秘密のケンミンSHOW極」「ヒルナンデス!」(ともに日本テレビ系)など数多くのバラエティ番組やドラマにも出演中。WAHAHA本舗の全体公演の他に、毎年、お正月に京都・南座での松竹新喜劇「初笑い!新春お年玉公演」にゲスト出演。ワハハ本舗全体公演「(仮)シン・シン・ワハハ」2024年秋予定。

撮影/平井敬治 ヘア・メーク/梅原麻衣子 スタイリスト/前田みのる 取材・文/小出真梨子

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Mar
2
今日の40代おしゃれコーデ

【40代のボーダーコーデ】カーヴィーデニム&キレイ色コートで一気にお出かけ仕様に

【40代のボーダーコーデ】カーヴィーデニム&キレイ色コートで一気にお出かけ仕様に

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

「胸熱オシャレ」な服を計6名様にプレゼント

PICK UP