• TOP
  • Lifestyle
  • 奥菜恵さん(44)波乱万丈な人生を振り返り、3度目の結婚で感じたこととは?
Lifestyleピープル

奥菜恵さん(44)波乱万丈な人生を振り返り、3度目の結婚で感じたこととは?

10代の頃のデビューから今でも変わらず素敵な奥菜恵さん。そんな奥菜さんの波乱万丈な人生を一緒に振り返りました。3度目となる結婚は今までとは違うことがあったとか…。詳しく語っていただきました。

▼あわせて読みたい
奥菜恵さん(44)「夫と一緒に娘の反抗期に向き合うことで、母としての学びもありました」

奥菜恵さんprofile 1979年8月6日、広島県出身。13歳の時、テレビドラマで俳優デビュー。自らプロデュースした化粧品ブランド「ni-Nin(ニーニン)」(朝用・夜用の美容液2種)も話題に。2023年9月1日、『尋常性白斑』を発症していることを公表している。プライベートでは2児の母。
【INDEX】 45年間の人生を振り返って「色々ありました」
3度目の結婚は、自然と「家族」の形に

45年間の人生を振り返って「色々ありました」

デビューのきっかけは小学6年生のときのスカウトでした。そのときは興味があって挑戦したい気持ちもありましたが、迷いもあり、父に相談しました。父には「自分がやりたいと思うならやったらいいし、やりたくないならしなくていい。自分で決めなさい」と言われたんです。本当は表に立つのがあまり得意ではなかったのですが、挑戦してみようと決めて始めたんです。

10代はお仕事と学業の両立でとにかく必死で走り続けました。10代のころは自分の軸をつくり始めていく時期かと思うのですが、この時期は本当の自分とそうでない自分が分離していました。走り続けたことの反動で自分の軸がわからなくなってしまい、迷走していました。

20代はそういう自分から抜け出し、自分のやりたいことをちゃんと伝えて行動するようになった時期です。1人でヨーロッパにホームステイをしにいったり、ニューヨークに語学の勉強に行ったり、とにかく1人で何か別のことに挑戦してみました。でもまだ葛藤はしていましたね。

30歳で結婚、出産をしたので、30代は自分ではなく人に捧げた時期でした。子どものために自分の時間を使い、子どもを育てることに必死でしたね。この子たちのためなら何でもできると自分が変わるくらいの存在ができたことが幸せでしたね。苦しい時もあったのですが、それより子どもに捧げられることを嬉しく思いました。

そこから色々とありまして…(笑)。40代はこんな私を受け止めてくれた夫(俳優の木村 了)に出会いました。「やっと今生きてる!人生楽しいかも!」と思えています。

3度目の結婚は、自然と「家族」の形に

「二度と結婚なんてするもんか!(笑)」って思ってたので、今の夫ではなかったらもう誰とも結婚はしていなかったと思います。最初に夫から言われたのは「あなたは苦しまなくていい人なんだよ」「もう幸せになっていいんだよ」という言葉でした。今までの私の結婚や離婚、芸能界の流れも見てきて、私のことをよく理解してくれていたんだと思います。シングルマザーになって子育てが大変で閉鎖的になっている頃に彼に出会って、その心ある言葉に救われたんです。私だけではなく娘たちも今の夫に心を開くのが早くて、気づいたら「パパ」と呼んでいました。ただ、再婚は考えていなかったので、彼に期待をしていたこともなく、お互いに悩みを打ち明けられる間柄で十分という関係が続きました。そしてその後は、自然に家族になったという感じでした。

ーー3度目の結婚は今までとは違いましたか?

家族になれたという感覚が強かった3度目の結婚は、婚姻届を家族4人で出しに行ったんです。結婚記念日もみんなで家族になった日という記念すべき日で、今年で結婚8年目になりました。

順風満帆に見えますが、そんなこともなく最初は夫と喧嘩ばかりしていたんです。彼にとってはいきなり父親になった葛藤や悩みもあって、私も育児のストレスや悩むことも多く、毎晩のように話し合っていました。ただ、相手を傷つけるような喧嘩ではなく、子育てに対してお互いの想いが違ったり、子どもを想い合うからこその喧嘩でした。最近はお互い喧嘩もなくなって、仕事のことも含めて悩んだり立ち止まったら、すぐに話し合う夫婦だと思います。

コロナ禍ではずっと一緒だったんですが、特に大変なこともなく、この時間をそれぞれが楽しもうと変換できる家族だったのでよかったと思いました。洗濯バサミにイチゴをぶら下げて、練乳を片手にいちご狩りごっこをしたり「キャンプだー!」と言って家の中にテント張ったり、工夫して過ごしてました。この時期でうちは一気に家族の仲が深まったように思います。でも食事の準備は大変でしたよね…気が狂いそうでした(笑)。

ーー奥菜恵さんにとって結婚とは?

今とても穏やかな結婚生活を送っているんです。私は再婚して家族という形になりましたが、形は関係なく、パートナーと穏やかな日々を過ごせることが一番幸せなことだとつくづく感じています。これ以上の欲はないです。ただただ生きていてくれるだけで良いし、感謝しかないです。

リンジトップス¥15400フリンジスカート¥16500(ともにプロヴォーグ)ブーツ¥32000(モリーニ/すべてジャック・オブ・オール・トレーズ プレスルーム)コンパスピアス¥37400、パールキャッチ¥16500、フープパヴェピアス¥112200、パールリング¥90200、パヴェリング¥91300(すべてプライマル)グリーンリング¥22000(カキ)クリアリング¥5500(f/ともにロードス)SHOP LISTはこちらから

撮影/BOCO ヘア・メイク/田宮裕子 スタイリスト/平田雅子 取材・文/小出真梨子

おすすめ記事はこちら

RELATED TOPICS

FEATURE

Apr
16
今日の40代おしゃれコーデ

夕方からの予定は【顔映えピンクのツイードベスト】でお疲れ顔を払拭!

夕方からの予定は【顔映えピンクのツイードベスト】でお疲れ顔を払拭!

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

春に役立つ万能な服を計6名様にプレゼント

PICK UP