• TOP
  • Lifestyle
  • 馬場典子アナ(49)子どもがいない人ならではの、子どもの大切さってあるんです
Lifestyleピープル

馬場典子アナ(49)子どもがいない人ならではの、子どもの大切さってあるんです

独身生活を謳歌し、毎日HAPPYに過ごされているアナウンサーの馬場典子さん(49)。結婚・出産・親との関係のお悩み…。40代で直面する方も多いはず。そんな悩みをどのように乗り越えたのか、馬場さんの想いや経験を語っていただきました。

▼あわせて読みたい
【特別カット集】馬場典子アナ(49)HAPPYオーラ満載の笑顔をお届け!

 

馬場さんprofile 1974年東京生まれ。日本テレビでは局を代表する数々の番組を担当し、2014年よりフリーアナウンサーに。テレビ、ラジオ、インターネット番組、執筆、イベント司会、大学教授など幅広く活動中。
【INDEX】 結婚って頑張らないとできないんだって知りました(笑)
子どもがいる人生ってどうだったかなって考える時はあります
結婚してほしいと思う親の気持ちを一度は受けとめて、自分の気持ちを伝えました
★ いつまでも親でいたい親の気持ちもわかるようになってきました
今年の目標はパートナー探しを本気ですること(笑)

結婚って頑張らないとできないんだって知りました(笑)

結婚って自然とできるものだと思っていました。一人で生きていくって決めているわけでもないですし、独身がベストって思っているから一人でいるのではないですよ(笑)。結果的に今独身っていうだけなんです。自分の弱さでもありますが、仕事、結婚、出産が微妙にタイミングが合わなかったんだろうなと振り返ると思います。仕事もこなしながら、結婚して出産して両立しているアナウンサーも今はたくさんいますけどね…。私はそんなに器用ではなかったんだなと今になって感じています。仕事で手いっぱいななか結婚って本気でしようっていう気持ちがないとできないものなんですね。正直、もう子どもを産むことは難しい年齢だとは理解はしています。なので、今は結婚へのこだわりはなくて、パートナーシップはいいなという考えに変わりました。ただ日本の制度ではパートナーというだけでは病気のときなどにデメリットがあって、どんなに信頼し合った大切な相手でも認めてもらえないところがありますよね。そこに関しても考えないといけないとは思っています。

子どもがいる人生ってどうだったかなって考える時はあります

独身でよかったことはたくさんありますが、子どもは好きなので子どもがいたら人生どうなっていたんだろうな、母が私を産んだ年齢で私も産んでいたら今ごろ子供は社会人か、などと考えるときはありますね。

子どもがいる友人たちとランチにいくとき、私は子どもの相手をすることが多いんです。ママって毎日お休みがないので、他の手や目がある時くらい少しは気持ちをゆるめて大人同士で喋って発散してもらえたらと思うんです。私は私で子どもと触れ合うことで癒しをもらえるから、お互いにハッピーなのかなと。子どもはママじゃない私と一緒にいてハッピーかわからないですけどね(笑)。子どもがいないからこそ感じる、子どもの大切さってあるんです。知らない赤ちゃんでもすれ違いざまにニコって笑ってくれただけで「今日1日幸せー!」って思うくらい子どもに元気をもらいますし、心の底から子どもは社会の宝だと思います。頑張っているママやパパのサポートも含めて、みんなで子どもを見守っていけたらと思います。

結婚してほしいと思う親の気持ちを一度は受けとめて、自分の気持ちを伝えました

親からの結婚へのプレッシャーはありがたいことに、そこまでうちはなかったように思います。姉が先に結婚して孫もできたので、私に対する結婚や出産への期待は軽くなったのかと。なので、姉にはとっても感謝してます(笑)。

もし姉も結婚してなかったら、色々言われていたかもしれませんね。実際そういう家庭の方もいらっしゃると思いますし、今まさにプレッシャーを感じている方もいるでしょう…。なかなか親の幸せって親の意識が変わらない限り無理だと思うんですよね。私の場合は姉のこともありましたが「私の人生だから」って常に伝えていました。

ただ、母の気持ちも理解していて、私の場合、年齢もあると思いますが30歳で一人暮らしをして距離を置くことで、口うるさいなと思っていても、ありがとうっていう気持ちは伝えられるようになりました。若いころは親の言葉を否定しがちなのですが、一回気持ちだけは受けとめることって大切で。「いつも心配してくれてありがとう。お母さんもさびしいよね、孫見たかったよね。実は私も。」っていうのを話して、親の気持ちを受けとめた後に自分の気持ちを伝えるようにしました。

「でもお母さんの人生はお母さんのものだし、私の人生は私のものだからね。お母さんが望む私の幸せと、私にとっての幸せは同じとは限らないんだよ」と。母は時代もあって、結婚して子どもを産むことが女の幸せと考えていたかもしれない。人生のほとんどを私たちに注いでくれたことも本当にすごいと思います。

母にも私にも、お互いハッピーな道はあると思っていますし、どっちか一方だけが我慢しないといけないって考えなくていいと思います。血がつながっていても別の人格、お互いの人生、ということをちゃんと伝えることはとても大切で、うちの場合は何年もかけて伝えつづけたら理解してくれたのか、だいぶストレスが減りました。

いつまでも親でいたい親の気持ちもわかるようになってきました

母と娘の関係って少し距離をとった方がいい時ってありませんか?もう私はなんでも自分でできちゃう歳なんですけど、親にとってはいつまでも私は子どものままで。いまだに「明日は寒いから温かくしなさいよ」って連絡してきます。幼稚園の遠足じゃないんだからって思うんですけど、それを言っちゃうと母も気分が良くないと思うので「ありがとう」って返信するようにしてます。前は「わかってる」とかぶっきらぼうに言っちゃっていたときもあったのですが、私も人の役に立っていると思えるときに幸せを感じますし、社会とかかわりが少ないからこそ、親も今でも子どもの役に立っていると感じたいのかな?って思って。親の気持ちを親の立場で想像したり考えたりするようになってきましたね。子どもが50歳になっても親でいたいんでしょうね。こっちは親のことを忘れて過ごす時もあるんですけどね。親はどれだけ大きくなっても、ずっと子どものことを考えてくれているんだなって思います。ありがたいですよね。

今年の目標はパートナー探しを本気ですること(笑)

「パートナー探しを本気でしようと思っています(笑)」…って、去年の1月にも私は、友人たちに話していたらしいのですが、言ったことすらすっかり忘れて一人を満喫しちゃっていて、全然状況が変わっていないんです。正直とっかかりもわからなくて…。去年アプリ婚を成功させた方もいらっしゃったので、アプリも気になりますがなかなか重い腰が(笑)。アナウンサーとして応援してくれるのはもちろん嬉しいのですが、オフのギャップを受け止めてくれる人がいいかも?仲の良い友人からは日本人より外国人の方が合いそうとか言われます。ちなみに「アイラブユー」は7カ国分は言えますよ(笑)。

ニット¥25,190 カーディガン¥38,390(ともにドゥクラッセ) サテンスカート¥42,900(ジェイドット 自由が丘八雲店) ネックレス¥124,300 ピアス¥110,000 ブレスレット¥93,500(すべてマリハ)

撮影/浜村菜月 ヘア・メイク/陶山恵実(ROI)スタイリスト/乾千絵 取材・文/小出真梨子

SHOP LIST
ジェイドット 自由が丘八雲店 080-3930-5171
ドゥクラッセ 0120-178-788
マリハ 03-6459-2572

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Feb
22
今日の40代おしゃれコーデ

【推し活コーデ】袖が外せてかさばらずにコーデが盛れるマルチWAYダウンが神!

【推し活コーデ】袖が外せてかさばらずにコーデが盛れるマルチWAYダウンが神!

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

運気がアップする!開運ファッション

会員プレゼント

イタリア最北端・アルト・アディジェの極上ワインセット(各2本・約¥18,000相当)を3名様にプレゼント!

会員プレゼント

神宗の鍋つゆ「美鍋シリーズ」7種類セット(¥11,016)を計10名の方にプレゼントします!

PICK UP