• TOP
  • Lifestyle
  • 榊原郁恵さん「渡辺徹だったらどうするか、をいちばん考えた1年でした」
Lifestyle私たちのチャレンジSTORY

榊原郁恵さん「渡辺徹だったらどうするか、をいちばん考えた1年でした」

芸能界きってのおしどり夫婦として広く知られた、渡辺徹さん・榊原郁恵さんご夫婦は、私たちの憧れです。ところが2022年、徹さんは61歳の若さで、天国へと旅立たれました。35年間の結婚生活を振り返り、今、郁恵さんが、何を感じ、考えているのかを、語っていただきました。そこには、いい夫婦になっていくヒントがいくつもちりばめられていました(全2回の第2回)

▼前編は
榊原郁恵さん「新婚時代はメールもSNSもなかったので、家庭内文通をしていました」

目次 ★ きっと帰ってきてくれると、最期まで疑っていませんでした
★ 「渡辺 徹」のことを表現できるのは 私と息子だけだから、聞いてもらえるなら、いっぱいしゃべりたい
★ 榊原郁恵さんから40代夫婦への メッセージ
★ 編集後記


Ikue Sakakibara

1959年生まれ。’76年『第1回ホリプロタレントスカウトキャラバン』でグランプリを獲得し、翌年デビュー。一躍アイドルに。ブロードウェイミュージカル『ピーター・パン』の初代主役を務め、現在、テレビ、ラジオ、舞台など幅広く活躍。長男の渡辺裕太氏も俳優として活躍中。

きっと帰ってきてくれると、最期まで疑っていませんでした

―そんな素敵な日常(前編記事参照)が、昨年突然に変わってしまったのですね。

それまでも、何回か大病をしたことがありましたが、ちゃんと復活して帰ってきました。あの日も、入院した夜にはICUに入りました。ICUにも何回かお世話になったことがあったので、今回も必ず治る、復活すると信じていました。

面会に来ていいと病院から連絡がありましたが、コロナ禍でもあり、1日目は遠慮したんです。でも翌日も連絡があったので、面会に行きました。そのときはもうすでに意識はなく、話すこともできませんでした。

実は最初から、危篤とか、お子さんたちも呼ばれたら、という言葉が医師からはあったのですが、ピンと来なくて……。大事だとは捉えられないまま、「大丈夫、大丈夫」と言い続け、親、兄弟、親戚、ずっと同居してきた母にも会わず、最期のときを迎えることとなりました。

彼が家に帰ってきても、家族は、現実をなかなか受け入れられませんでしたし、私にも何かやり方があったのではないかという思いが残りました。仕方がなかったんだよね、と思えるまでにはずいぶん時間がかかりました。

「渡辺 徹」のことを表現できるのは 私と息子だけだから、聞いてもらえるなら、いっぱいしゃべりたい

◇ 彼だったらどうするかをいちばん考えた1年でした

―会見では、郁恵さんと裕太さんが、涙ひとつ見せず気丈に明るくインタビューに答えられていらっしゃいましたね。

裕太は本当に偉かったです。明るくしよう、と相談したわけでありませんでした。ただ、渡辺徹は言葉を発することができないのだから、彼を表現できるのは、裕太と私だけ。さみしいとか辛いとかいう気持ちはあるけれど、渡辺徹のことを聞いてもらえるならいっぱいしゃべりたい。また、現場で、「かわいそうね」とか「触れちゃいけない」といった雰囲気を作りたくなかったんです。むしろ、触れてほしいし、しゃべりたかった。「渡辺徹さんが、あのときあんなに食べてすごいことになってたよね」なんて馬鹿話をしたいし、聞きたいんですね。そんな思いが私たちを自然と明るくさせたんだと思います。

世の中が、ワールドカップ一色だった中で、報道陣が集まって、彼を取り上げてくれることが嬉しかった。裕太に「榊原郁恵」のスイッチが入ったと言われましたが、そうだったのかもしれません。

―あれから1年がたちましたが、どんなお気持ちでしたでしょうか。

あっという間でした。

葬儀は裕太の提案で家族葬で行いました。家族の動揺が大きかったのと、夫は、大勢の中心にいるのも好きだったけれど、家族だけの静かな時間も好きだったから、まずは、家族で送り出そうと。そして、お別れの会を準備して。

また、この1年は、渡辺徹が立ち上げた、「徹座」や朗読劇などのイベントが目白押しでした。彼が総合プロデューサーで、企画、アイデアを出し、スタッフも集めました。でも指揮者である彼がいない。その中でイベントを実行するのは大変でした。私は自分のことはできても、彼のように総合的なことはなかなかできません。彼は困難を投げ出さず、逆にどうしたらみんなが笑顔で楽しめるかを考えるチャンスと捉え、丁寧に立ち向かっていました。

渡辺徹ならどうするか、彼のことをこれまででいちばん考えた1年でした。それが、亡くなってからと言うのは…本当に申し訳ないけれど。

彼の置き土産を実現させて、渡辺徹は、どんな場面でも見事に俯瞰で見られる人だったとあらためて思いました。さすが元生徒会長だなって。

―本当に素敵な、理想のご夫婦ですね。今後、私たち40代が徹さん・郁恵さんご夫婦のような素敵な夫婦になれるよう、ぜひアドバイスをお願いいたします。

40代はまだ若い。夫婦の目標はまだ決められないですよね。だから、今は自分のやりたいことを優先してもいいのでは、と思います。理解し合うことも、良い父・母であることも大事です。でも自分磨きも大切だし、パワフルにできる時期です。

子どもは意外と、そんな親を人としてきちんと見ているんです。だって、「お母さんはこういう人だから」って言うでしょう?

そうして、夫婦それぞれが宝物を持っていれば、60代になって互いに持ち寄ったときに、パズルのようにはまっていくのではないかなって思います。

榊原郁恵さんから40代夫婦への メッセージ

『愚妻』や『愚夫』なんて言葉がありますけれど、夫婦が、冗談で言うのは別としても、相手をけなして言うのは良くないと思います。夫が自分のことを褒めているのを聞けば「あ、そんなところ見ていてくれたのか」と悪い気はしないですよね。たとえ家でケンカしても、相手のいいところを認める気持ちがあれば、うまくいくのだと思います。

渡辺 徹と過ごした約40年間の思い出

  • 結婚前の2ショット。
  • ’87年に結婚。写真は結婚2年め。裕太さんを妊娠しているとき。
  • 「長男が誕生したのが私が30歳のとき。夫は舞台やドラマでとても忙しくしていた時期です」。
  • 「夫か私の誕生日だったかな(笑)?」
  • ’21年開催の朗読劇『家庭内文通』。渡辺徹芸能生活40年&還暦記念で親子3人での初共演でした。

編集後記

「あとから気づく」という言葉の重みを感じました 現場でのはじけるような笑顔がとっても素敵でした。徹さんが亡くなった際の、郁恵さんと裕太さんの気丈な姿が印象的でしたが、「たくさん話してほしい、取り上げてほしい」というお気持ちだったと知り、胸がいっぱいになりました。徹さんの残したお仕事も引き継いだとのこと。これぞ、本物のベストパートナーだと感動しました。(ライター 秋元恵美)

<コーデ1>ワンピース¥16,500ベスト¥19,580(ともにグレディブリリアン/セキミキ・グループ)イヤリング(HANAHANA)リング(ゾーラ)<コーデ2>ジャケット¥12,500(Wild Lily)スカート¥18,480(プラス オトハ)イヤリング(HANAHANA)リング(ゾーラ)

撮影/須藤敬一 ヘア・メーク/宮原幸子 スタイリスト/西脇智代 取材/秋元恵美 ※情報は2024年2号掲載時のものです。

おすすめ記事はこちら

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Apr
16
今日の40代おしゃれコーデ

夕方からの予定は【顔映えピンクのツイードベスト】でお疲れ顔を払拭!

夕方からの予定は【顔映えピンクのツイードベスト】でお疲れ顔を払拭!

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

春に役立つ万能な服を計6名様にプレゼント

PICK UP