• TOP
  • Lifestyle
  • ベッキーさん(39)「バラエティもう無理かも…」スランプ期を救った“ライバル的存在”とは
LifestylefromチームSTORY / ピープル

ベッキーさん(39)「バラエティもう無理かも…」スランプ期を救った“ライバル的存在”とは

今年3月に40歳になるベッキーさん。芸能生活25周年も迎えたいま、仕事に思うこと、結婚生活や子育てで感じていること、忙殺された20代を振り返りながら、ありのままを語っていただきました。

▼あわせて読みたい
ベッキーさん(39)「私はダメな母親?」「心が壊れそう」予想外だった壮絶すぎる産後

ベッキーさんprofile 1984年3月6日生まれ。神奈川県出身。14歳でデビューしバラエティやトーク番組、雑誌などで人気に。現在はタレント活動の傍ら、洋服のデザインや絵画、スキンケアブランドのプロデュースなど多方面に活躍中。2月11日には一夜限りのアコースティックライブを開催予定。2019年に元プロ野球選手の片岡保幸さんと結婚。2歳3歳の女の子のママ。
【INDEX】 ”今回の人生は芸能人” 物心ついた時から思っていました
傷つきやすくなったし、引きずる癖が…。どうしても自分を責めてしまう
「ベッキーさんは戻らないとダメです!」の言葉が支えに
40歳になるのは楽しみでしかないんです!

”今回の人生は芸能人” 物心ついた時から思っていました

幼い時から「私は芸能人になる!」って家族にも友達にも宣言していて、14歳でデビューしてからは全力で仕事に臨んでいました。バラエティが大好きで、「とんねるずのみなさんのおかげです」の渡辺満里奈さんをはじめ、篠原ともえさんとか、千秋さんとかに憧れていたんです。私もバラエティタレントになって、マルチに活躍するぞ!と心に誓っていました。

現場に入ると、どの方も明るく、疲れた顔一つ見せない姿を見て、私もどんな時だって絶対元気でいないとダメだと思っていました。とにかく20代は仕事を頑張って、ここで種をまいたら、30代で花開くはずだと。レギュラーもいただきながら、毎日数本収録がある日々の中で、年10回くらいしかオフがない日々を過ごしていたら…28歳でパンクしてしまいました。心も身体もぐちゃぐちゃになってしまったんです。メイク中に涙が止まらなくなって、(あぁ、もう無理だ)と。

傷つきやすくなったし、引きずる癖が…。どうしても自分を責めてしまう

週に1回はオフをとるようにしたら、お休みって、なんて楽しいんだろうって。仕事しかしてなかったから知らなかったんですよ、その素晴らしさを。遊ぶ時間も増え、友達ともたくさん過ごすようになりました。

そして、30代で1年間お休みした後は、髪もバッサリ切って、生き方も変えようと思ったんです。20代は、365日同じメイクやスタイリングで、ガチガチのブランド化したベッキーを意識していましたし、仕事でも、求められる通りに優等生の元気いっぱいなベッキーを見せるようにしていました。でも、30代で20代と同じ速度では走れないと気づいて。頑張っている自分が痛々しく思えちゃったんですね。仕事量も関係しているかも。20代はどんどん仕事が来ていたし、レギュラーもあったけれど、30代になって、ひとつの仕事の成果が次に繋がると思うと、(あの時もっとこうできたよな)って反省して自分を責めちゃうんです。出産を経て心が変化したこともあります。傷つきやすくなったし、引きずる癖もついちゃった。あとSNSの影響もあるのかな?ダイレクトに様々な声が自分に届くようになり、怖くもなってしまいました。

「ベッキーさんは戻らないとダメです!」の言葉が支えに

あんなに大好きだったバラエティだったのに、あまりの環境の違いにショックを隠せず。久々にバラエティの現場に行くと、勘も鈍っているし、時代も変わって色々ついていけなくて、収録が終わるたびに、へこんで、へこむのも辛くて楽しくなくなりました。ちょっとした発言がニュースで取り上げられたり、自分の発言が切り取られて思っていたのと違う形になって誰かを傷つけたりすることも…。それに対して私自身が傷つき心が壊れそうになってたんです。

「もうバラエティ、私はいいや…」と思っていたころに、かつてのライバルから喝が入りました。それが若槻千夏ちゃん。10年ぶりの再会で、彼女のラジオに呼ばれたとき、「ベッキーさんは本物です!必ず戻らないとダメです!」って言ってくれたんです。事務所も違うのになんでここまで?って思うほど、私の知らないところで「ベッキーさん出してください」って売り込んでくれたり、「今の時代は芸能だけでなく、自分で動かすビジネスもやったほうがいい」と指南してくれたり。私も、1人でもそう思ってくれている人がいるなら頑張ろう!と思えるようになりました。千夏ちゃんは私を救い上げてくれた救世主です。

最近出演するバラエティでは、ネガティブな私が引き出されることも増えました。最初はポジティブ芸能人として呼ばれたのに、打ち合わせしてたら「ネガティブですね!」と方向が変わることも。ベッキー像はポジティブイメージだったのに!30代の私はネガティブがウケるみたいです(笑)。これから40代突入。ポジティブな時もネガティブな時もある、いろんな私が表現できたらいいなと思います。

40歳になるのは楽しみでしかないんです!

40代を生きている女性が、「40代、楽しいよ〜早くおいでよ~」と言ってくれるので楽しみばかりです。まあ、年々、しみ、シワ、たるみと悩みは増えるのでしょうが、ヤダヤダって言っている時間はもったいないですもん。キレイかっこいいMEGUMIさんや、YOUさんみたいな素敵な先輩を参考にしたいですね。子育ても少し落ち着きそうなので、自分をアップグレードしたいです。

昨年デビュー25周年を迎え、ファンの皆さんへの恩返しの意味を込めてアコースティックライブを一夜限りですが開催することになりました。20代は完璧を求めてばかりで、最後のライブなんて、自分の中で納得できず落ち込んでたんです。ライブって体力も必要だし、心もすり減っちゃうけれど、今なら肩の力を抜いて楽しめるんじゃないかな?って思っています。どれくらい、自分に対して、まあいいよね!仕方ないよね!って言えるのか楽しみ。早くファンの皆さんに会いたいです!

ベッキー♪♯『月夜に再会を ~一夜限りのアコースティックライブ~』 歌手名義“ベッキー♪♯”として6年ぶりにライブを開催。チケットは完売していますが、「LINE VOOM」にて独占無料生配信。
日時:2024.02.11(日) 開演 / 19:00
特設ページ:https://lin.ee/UGsdzMt/lntl/pre ※スマホ専用URL

公演に関するお問い合わせ : GATE株式会社 https://gateagency.jp/

コート¥53,900(ティッカ)シャツ¥74,800<ティーコート> ピアス¥30,800<キーン>(ともにユナイテッドアローズ 六本木ヒルズ店)タンクトップ¥26,400(ダゲット/ユナイテッドアローズ 麻布台ヒルズ ウィメンズストア)パンツ¥40,700(フィル ザ ビル フォー ユナイテッドアローズ/ユナイテッドアローズ 原宿本店)バッグ¥46,200(オルセット/オルサ)パンプス¥19,800(オデット エ オディール/オデット エ オディール 新宿店)

お問い合わせ先はこちら→

撮影/河内 彩 ヘアメーク/佐伯エミー スタイリスト/永田彩子  取材/竹永久美子 撮影協力/COMME D’HAB

おすすめ記事はこちら

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Apr
22
今日の40代おしゃれコーデ

【40代の通勤コーデ】シアーな「ノーカラージャケット」で頑張りすぎない余裕を見せて

【40代の通勤コーデ】シアーな「ノーカラージャケット」で頑張りすぎない余裕を見せて

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

春に役立つ万能な服を計6名様にプレゼント

PICK UP