• TOP
  • Lifestyle
  • 男女関係は「男性脳の攻略」で女性が思うがままに操れる!【恋愛分析ツウライター激推しの一冊】
Lifestyle特集

男女関係は「男性脳の攻略」で女性が思うがままに操れる!【恋愛分析ツウライター激推しの一冊】

未婚既婚問わず、だいたいの女子は永遠に恋愛話が大好物。気になる人への戦略の参考にしたり、過去の恋愛の答え合わせをしてみたり。STORYライター歴22年の柏崎もそんな恋バナ好きの1人。映画やドラマ、小説はもちろん婚活本も何十冊と読んできた恋愛分析大好きライター・柏崎恵理が「とんでもなく目からウロコだった!」と激推しのこちらの本をレビュー。過去に熱く苦い恋愛経験がある人ほど地団駄踏んじゃう恋愛本です。

▼あわせて読みたい
夫に「セカンドパートナー」の影が…どうすればいい?恋愛のプロに男女の悩みをぶつけてみました!

【INDEX】 これまで知らなかったコミュニケーション方法、はっきり言って20年前に読みたかった!
男脳の傾向と対策を知れば 音信不通・セックスレスなどのモヤモヤ案件には悩まされない
夫婦関係にも応用可能!「私ばっかり努力して損」というケチメンタルは捨てて

これまで知らなかったコミュニケーション方法、はっきり言って20年前に読みたかった!

A
「モテるために猫をかぶれ」ではなく
「モテコミュ力を学べばいい」という希望はどんな人生もパッと輝かせる
B
「モテるために猫をかぶれ」ではなく
「モテコミュ力を学べばいい」という教えは人生のリベンジにも効く

『ムリめの彼、年下の彼、忘れられない彼・・・ からアプローチされる!シークレット婚活塾 リベンジ』正直言って、20年前に読みたかった!

伝説のホストであり僧侶でもある井上敬一氏による「シークレット婚活塾 リベンジ」には、知っているつもりで全然見当違いだったオトコの頭の中が丸裸にされていて「そういうことなら早く言ってよ〜」とぼやきたくなる奥義がギッシリ。モテ男を沼らせる簡単テクニックや復縁・略奪、アプリでの必勝法など、ネットでは何千円という価格で売られているnoteがこれ1冊で分かるのですから親切すぎます。

井上敬一氏いわく「恋愛成就には男性脳を理解した上での戦略的コミュニケーションが不可欠」、つまり男性脳の攻略法を知れば女性の思うままに男女間関係を操れるということ。男女の感受性によるすれ違いで起こるあつれき、不仲、突然の別れ、音信不通など、私たちの生活をモヤモヤとややこしくしている原因は男脳と女脳の違いからくる断絶であり、それを認めて対策すればいいと言います。
たしかに私たち女子は、男も女も同じ人間という甘い認識の中、少女漫画や恋愛ドラマで描かれるような男性像をうっかり信じすぎて、大人になってから「男ってこんななの??」というショックに見舞われたことが少なからずあるはず。この本はそんな男子の、いろんな意味でシンプルな脳を把握し、それを逆手に取った上での禁断の恋愛テクニックを手取り足取り指南してくれます。

そして、性格は変えなくていい、中身は自分のままで、これまで知らなかったコミュニケーション方法を学べばいいだけ、というアプローチが他の婚活本と全く違って斬新なのです。

男脳の傾向と対策を知れば 音信不通・セックスレスなどのモヤモヤ案件には悩まされない

井上氏がコミュニケーションの大切さに気づいたのは売れなかった新人ホストのころ。先輩ホストの横に着いた時、全然面白くない話なのに、女の子がめちゃめちゃ笑っていて驚いたそう。そこで気づいたのは、自分が話していたのは男にウケる会話であって「男と女の会話は違う」ということ。

一瞬にして目覚めた彼がそこから追求したのが“モテるコミュニケーションの掟”。男が女を惚れさせるコミュニケーション術がわかればその逆もまた真なりということで、男心をつかむモテコミュ力、承認欲求を満たすテクニックを含む「したのりす」の法則など、意中の彼を“沼らせる”最短ルートがこの本に凝縮されています。

ムリめハイスペ男子の気を惹くには?年下男子攻略法、復縁を成功させる方法など、「それってムリじゃない?」的テーマにそれぞれ具体的なハウツーがしっかり示されます。驚いたのは復縁を叶える方法。よく復縁指南で言われる「自分から連絡してはダメ」というセオリーを井上氏はぶった斬ります。謝罪と感謝のメールをガンガン送って友達ポジからやり直せと背中を押してくれるのは実に爽快。いつあるかもわからない偶然の再会や連絡を待ち続けるのではなく、「動けば変わる」とハッパをかけてくれるのは他の復縁本とは真逆でオリジナリティが感じられます。この方法なら、恋愛の最悪な終わり方である自然消滅の中でも最もタチが悪い“音信不通”も回避できるかも知れません。

夫婦関係にも応用可能!「私ばっかり努力して損」というケチメンタルは捨てて

井上氏が提唱するテクニックでSTORY世代に特に有効なのは「忍者ホメホメMAXの術」かもしれません。この本では彼女がいる男性の攻略法として書かれていますが、「人は奪えば奪おうとするほど離れていく」「どうしても好きな相手との長期戦には、人を悪く言わず、人を許すという人間性でいることが確
実な方法」という言葉は夫婦関係にも応用できるのではないでしょうか。夫婦は鏡。夫を「感じ悪〜い」と思ってムカついている時は自分の“感じ”も悪いもの。“承認”されて喜ぶ男性脳を把握し、夫のいいところを褒めて、夫が機嫌良くなったら自分も気分良くなります。私ばっかり褒めるなんて損してる!と思うケチなメンタルは速攻断捨離!

夫婦間で問題になることも多いセックスレス、特に“妻だけE D”などもこの術を使えば道が開けるかも。セックスレスの一つは「生活の中での相手へのダメ出し」にあるとか。セクシーな下着や精のつく食事ではどうにも出来ないセックスレスも、相手を認め、肯定し、受け入れる態度を継続することで解決の糸口が見つかるかもしれません。

夫婦や男女に限らず全ての人間関係はコミュニケーションが基本。人にモテて悪いことなんてないはず。ちょっと視点を変えるだけ、テクニックを知るだけで、恋愛だけでなく人生の質をグッと底上げしてくれる1冊は恋愛においては20年前に読みたかったけれど、人生のためには今読めてよかった!ここから“人生のリベンジ”が叶うかもしれないのですから。

井上敬一著『ムリめの彼、年下の彼、忘れられない彼…からアプローチされる!シークレット婚活塾[リベンジ]』SB Creative 1650円

井上敬一profile 一般社団法人 恋愛・結婚アカデミー協会 理事長
兵庫県尼崎市出身。立命館大学中退後、ホスト業界に飛び込み1か月目から5年間連続ナンバーワンをキープし続ける。業界の革命児として、PrinceClubShionをはじめとしたシオングループオーナー業を経て、現在は実業家として企業、個人の人材育成やアパレル、サムライスーツなどのブロデュースを手がけるほか、人に好かれるコミュニケーションを伝える研修・講演を展開。これまで数多くのメディアに取り上げられてきたなか、独自の経営哲学で若いスタッフを体当たりで指導する姿はフジテレビのドキュメンタリー番組「ザ・ノンフィクション」で10年にわたり密着取材され、シリーズ第8弾まで放映されている。2022年、さらなる人間力向上のため青森県曹洞宗高雲山 観音寺にて出家得度。法名は「雑敬」。井上敬一 オフィシャルサイト inouekeiichi.net
おすすめ記事はこちら

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Jun
19
今日の40代おしゃれコーデ

新しいママ友とランチ会【人間関係に効くカラーコーデ】でなごやかムードに

新しいママ友とランチ会【人間関係に効くカラーコーデ】でなごやかムードに

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

ムダ買い先生に教わる最高の1着を計6名様にプレゼント

会員プレゼント

STORY experience会員「推し活」アンケート&プレゼント

PICK UP