• TOP
  • Lifestyle
  • 話題作『タッカンジョン』も。Netflixで3月に見るべきウェブトゥーン原作オリジナル韓国ドラマ4選!
Lifestyle40代のための韓国エンタメ発掘!

話題作『タッカンジョン』も。Netflixで3月に見るべきウェブトゥーン原作オリジナル韓国ドラマ4選!

コメディから感動作まで、オリジナルシリーズの韓ドラの、豊富なラインナップで大人気のNetflix。2024年の配信予定作品も、人気俳優のドラマ復帰作から、ウェブトーン原作作品、人気作品のシーズン2など、あまりに豪華で贅沢な作品の数々は、昨年から韓ドラファンの間で話題に。今回は、3月15日配信開始の『タッカンジョン』を筆頭に、3月に見たい原作を見事に実写化したウェブトゥーン原作のNetflixオリジナルシリーズを紹介します。

▼あわせて読みたい
3月に見るべき!Netflixオリジナル韓国ドラマ【40代におすすめ4選】

ウェブトゥーンって何?

「web」と「cartoon(マンガ)」を掛け合わせた造語。縦スクロールで読み進めるフルカラーのデジタルコミックスの総称で、発祥は韓国の現LINE WEBTOONの「NAVER WEBTOON」と言われています。スナック菓子のような隙間時間で気軽に楽しめるようにスマートフォンで読むことを前提に作られていて、従来のマンガよりも軽く読める内容のものが多いのも特徴です。また、イラストを描く人、カラーを塗る人、ストーリーを考える人、ネームを考える人、全体のディレクションをする人など従来のマンガよりも分業するポイントが多いと言われています。火付け役は韓国企業ですが、日本でも2013年頃から注目され始め話題になってきています。

40代におすすめのウェブトゥーン原作のNetflixオリジナル韓国ドラマ ★ 美女がタッカンジョンに! 奇想天外な話題の新作『タッカンジョン』
★ ウェブトゥーン原作で涙活なら『ナビレラ -それでも蝶は舞う-』
★ ウェブトゥーン原作でドラマチックな復讐劇を楽しみたいなら『梨泰院クラス』
★ ウェブトゥーン原作で韓国社会をもっと深く知りたいなら『D.P. -脱走兵追跡官-』

美女がタッカンジョンに! 奇想天外な話題の新作『タッカンジョン』

  • Netflixシリーズ「タッカンジョン」3月15日(金)より独占配信
  • Netflixシリーズ「タッカンジョン」3月15日(金)より独占配信

【STORY】

娘を溺愛する機械メーカーの社長チェ・ソンマン(リュ・スンリョン)の会社でインターンをするコ・ペクジュ(アン・ジェホン)は、ソンマンの娘チェ・ミナ(キム・ユジョン)に片想い中。ある日、ミナは、ソンマンの会社にタッカンジョンを買って訪ね、気になった謎の機械に入り「タッカンジョン」と叫んだことで、タッカンジョンになってしまう。タッカンジョンに変わってしまった娘を取り戻すためにあらゆる手段を尽くし、ソンナムとペクジュの奮闘が始まる・・・。

【見どころ】

タッカンジョンとはフライドチキンを醤油ベースの甘辛いソースを絡めた、韓国で昔から親しまれる料理。「タッ」は鶏、「カンジョン」はお菓子という意味。美少女がタッカンジョンになってしまうという設定だけですでに面白いこの斬新なドラマは、2019年にNAVER WEBTOONのコンテストで優秀な成績を収めたパク・ジドク作家のウェブトゥーンが原作。監督は爆笑と爽快感を味わえるアクション映画『エクストリーム・ジョブ』で大成功をおさめたイ・ビョンホン監督。タッカンジョンになってしまう娘ミナは聡明で溢れ出る美貌が人気の正真正銘の美女キム・ユジョン。キム・ユジョンがタッカンジョンになる。想像しただけで笑えるのに、父親のソンナム役は娘命のアッパ(パパのこと)をやらせたら韓国一のリュ・スンリョンが、インターンのペクジュ役は計算されつくした間合いと、繊細な演技で優しい爆笑を誘う俳優アン・ジェホが熱演とくれば期待値はぐんぐん上がり、すでに多くのファンが配信を心待ちにしている作品です。展開が予測できない不思議なあらすじですが、爆笑で心を軽くしたい! 何も考えずにリフレッシュしたい! そんな時におすすめです。

ウェブトゥーン原作で涙活なら『ナビレラ -それでも蝶は舞う-』

  • Netflixシリーズ「ナビレラ -それでも蝶は舞う-」独占配信中
  • Netflixシリーズ「ナビレラ -それでも蝶は舞う-」独占配信中
  • Netflixシリーズ「ナビレラ -それでも蝶は舞う-」独占配信中
  • Netflixシリーズ「ナビレラ -それでも蝶は舞う-」独占配信中

【STORY】

郵便配達員として家族を養うために必死に働いてきたシム・ドクチュル(パク・イナン)は、70歳になり定年を迎えて虚無感を抱えていた。ある日、通りかかったスタジオで23歳のバレエダンサーを目指すイ・チェロク(ソン・ガン)が踊るのを見かけ心を奪われる。実は子どもの頃バレエに憧れていたが父親に許してもらえなかったことを思い出し、「バレエを習いたい」とスタジオを訪れる。一方チェロクは、スランプに陥り苦しんでいたがドクチュルとの交流で変化が訪れるが・・・。

【見どころ】

ピッコマで独占連載中の『ナビレラ』が原作。年老いて自分の自尊心をなくしかけた老人、夢に挫折しそうになり自暴自棄になっている若者が、バレエを通して交流し影響し合い、その先の大きな展開に涙なくしては見られない本作。大切な人を想うこと、夢をまっすぐ追うこと、努力することの美しさを痛感させられる悪者が出てこない『ナビレラ』では、ただただ温かな涙が溢れ、感情を揺さぶります。ドクチュル演じるパク・イナンのひたむきさは、作品の中でチェロクを変えていくわけですが、視聴者である私達にも今の自分の在り方を問いているよう。また、この作品をきっかけに大ブレークしたバレエダンサーチェロク演じるソン・ガのバレエを踊る姿の尊い美しさも一見の価値あり! ハンカチを用意して(泣いてもいいように)部屋で見ることをおすすめします。

ウェブトゥーン原作でドラマチックな復讐劇を楽しみたいなら『梨泰院クラス』

  • Netflixシリーズ「梨泰院クラス」独占配信中
  • Netflixシリーズ「梨泰院クラス」独占配信中
  • Netflixシリーズ「梨泰院クラス」独占配信中
  • Netflixシリーズ「梨泰院クラス」独占配信中

【STORY】

父親の転勤で田舎に引っ越してきた高校3年生のパク・セロイ(パク・ソジュン)は、校内で横暴に振る舞う国内最大外食企業・長家の御曹司チャン・グンウォン、グンウォンが密かに想いを寄せる児童養護施設で育ったオ・スア(クォン・ナラ)と出会う。ある日理不尽な暴力を振るうグンウォンを殴ってしまい影響力のあるグンウォンの父、長家の会長チャン・デヒ(ユ・ジェミョン)によって退学に追い込まれた上、飲酒運転をしたグンウォンによって最愛の父親を殺されてしまう。自暴自棄になったセロイはグンウォンに暴行を加え刑務所へ。長家グループを倒すことを心に誓ったセロイは、7年後梨泰院で仲間のチョ・イソ(キム・・ダミ)らと居酒屋をオープンし・・・。

【見どころ】

ピッコマで人気の『六本木クラス~信念を貫いた一発逆転物語~』が原作。原作、作画はチョン・グァジン作家ですが、なんと原作の舞台は日本。舞台を韓国の梨泰院に置き換え実写化したのですが、更に『六本木クラス』として日本でリメイクされ話題になったのも記憶に新しいはず。実写化にあたり、原作者のチョ・グァジン作家自ら脚本を手掛け原作の持ち味がそのままドラマに生かされ大ヒットしました。何十年もかけての壮大な復讐劇ですが、どろどろした憎しみだけじゃないのがこのドラマの魅力。梨泰院という若者で活気のある街を舞台に、夢にむかって邁進する青春、王子様を待つのではなく王子様を幸せしようとする新しいヒロイン像、LGBTQ差別など、あらゆる社会問題にスポットを当てた新感覚の復讐劇。OST(劇中歌)も魅力的で、聞いているだけでテンションが上がるような力が湧き上がってくるような不思議な感覚に。また、主演の大スター、パク・ソジュンの魅力が全開の初々しいメロも見どころの1つで母性本能をくすぐられるはず。20話ですが一気見してしてしまうジェットコースターのようなドラマです。

ウェブトゥーン原作で韓国社会をもっと深く知りたいなら『D.P. -脱走兵追跡官-』

  • Netflixシリーズ「D.P. -脱走兵追跡官-」シーズン1~2独占配信中
  • Netflixシリーズ「D.P. -脱走兵追跡官-」シーズン1~2独占配信中
  • Netflixシリーズ「D.P. -脱走兵追跡官-」シーズン1~2独占配信中
  • Netflixシリーズ「D.P. -脱走兵追跡官-」シーズン1~2独占配信中
  • Netflixシリーズ「D.P. -脱走兵追跡官-」シーズン1~2独占配信中

【STORY】

「D.P.」は、「Deserter Pursuit(脱走兵追跡)」の略。軍務を放棄し脱走した兵を追跡する軍の部隊のこと。兵役義務で入隊したアン・ジュノ(チョン・ヘイン)は、ボクシング経験と洞察力を買われ「D.P.」に配属される。組長であるハン・ホヨル(ク・ギョファン)と共に自身の身の危険を感じながら任務を遂行する中で、兵士の壮絶ないじめ、自殺、パワハラ、軍上層部の隠蔽などに直面し・・・。

【見どころ】

累計再生回数1000万回を記録したキム・ボットン作家の「D.P.犬の日」が原作。成人男性の兵役義務がある韓国。俳優やアイドルの入隊、除隊が度々話題になるので知っている人も多いはず。その軍隊の中での過酷な実態、不条理など今まで語ることを避けられてきた問題を訴える社会派作品です。原作者のキム・ボットンは実際に「D.P.」に所属経験があり実体験をもとに描いているため描写はかなりリアル。軍生活の厳しい現実が描かれ、規律や義務を守ることの意味について問いかけてきます。日本の社会でも問題になっている人間の尊厳や、問題に無関心でいる残酷さ。韓国軍だけの話ではなく、私たちの社会全体に訴えかけているような傍観することの「罪」について考えさせられます。ウェブトゥーン原作ですが気軽に見てはいけない、しっかりと向き合いたくなる社会派ドラマです。

文/味澤彩子

おすすめ記事はこちら

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Apr
22
今日の40代おしゃれコーデ

【40代の通勤コーデ】シアーな「ノーカラージャケット」で頑張りすぎない余裕を見せて

【40代の通勤コーデ】シアーな「ノーカラージャケット」で頑張りすぎない余裕を見せて

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

春に役立つ万能な服を計6名様にプレゼント

PICK UP