• TOP
  • Lifestyle
  • 目の健康を考えよう! 【ロート製薬】によるドローンの「目の愛護ショー」レポート
LifestyleNEWSSponsored

目の健康を考えよう! 【ロート製薬】によるドローンの「目の愛護ショー」レポート

「花粉の季節も目を守りたい」。そんなロート製薬の想いから実現した目の愛護ショー in TOKYO。2024年3月22日に豊洲の夜空を彩るドローンショーが開催されました。

photo : Szuna

目の健康のためのドローンショー in TOKYO

昨年10月に大阪で行われたロート製薬による「目の愛護ショー」は、予想以上の大きな反響を呼び、あちらこちらで「凄すぎる!」「これは面白い」などと話題に!そんなドローンショーが3月22日、豊洲の夜空で開催。大阪開催よりも規模は拡大され、華やかに夜空を彩りました。

今回は、大阪開催時よりも200機ほど多い、約500機のドローンが一斉に豊洲の夜空へ。目にやさしいメッセージや目に関連するお馴染みのモチーフが、約13分間にわたり夜空に輝く星のように大きく描かれました。

あなたの目は大丈夫? 意外と疲れている目の健康を考えよう

目のお悩みに対するアイテムを多数生み出しているロート製薬は、これまでも目の健康や愛護につながる取り組みを行ってきました。今回のドローンショーは、「目にやさしい生活を習慣にするきっかけ」として、「遠くを見ることは目を休めることになり*1、遠くのドローンを見て目を休めてほしい」という想いから立案。

目のお悩みはさまざまですが、中でも花粉が多く飛散する季節は「目のかゆみ」だけでなく「なみだ目*2」「異物感」などのアレルギー性結膜炎に悩む方が多数。ロート製薬による調査*3からも、大人のみならず小さな子どもも花粉による目の悩みを感じていることが明らかになったそう。

花粉時期でなくても、スマホやパソコンなど、長時間、近くを凝視する時間が続くと、目に疲れが溜まるだけではなく、疲れ目起因の近視リスクが増加します。ぜひこの機会に「目の健康」を見直してみてくださいね。

*1:スマートフォンやPC などで長時間近くを見るとピントを調節する目の筋肉の緊張が続き、目に疲れが溜まります。そこで、日々の暮らしの中で遠くを見る時間を定期的にもうけることが、疲れをはじめ目の健康へ良いといわれています。
*2: 花粉などによる炎症は「なみだ目」の原因の1つです。「なみだ目」になると、悲しくないのに涙が溜まり、ぼやけて見えるなどの症状が現れます。
*3: 2024 年 1 月実施 「ロート製薬アルガード調べ」

お問合わせ先/
ロート製薬株式会社 コミュニケーションコール
0120-846-121
-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

May
29
今日の40代おしゃれコーデ

【ディオール】ワントーンコーデに華を添える「スリングバックシューズ」

【ディオール】ワントーンコーデに華を添える「スリングバックシューズ」

会員限定PRESENT

会員プレゼント

花王ブローネ「STORY共同開発カラートリートメント」を50名様にプレゼント!

PICK UP