Lifestyle特集

3月号「今年も仕込みます、手前味噌!」で初公開! 高垣麗子さんが習う味噌レシピ

3月号「今年も仕込みます、手前味噌!」企画で高垣麗子さんとともにご登場いただいたのは、食養アドバイザーの諏訪彩折さん。誌面でも少しだけ紹介させていただきましたが、諏訪さんは、高垣さんがリアルに習うお味噌の先生であり、そしてプチセブン時代のモデル仲間でありお友達ということで……撮影はとっても和気藹々!一緒にいる私たちまでほっこりさせてもらいました♡

そんな諏訪さんのお味噌レシピ、作り方はHPやWEBなどで公開されていますが、分量については誌面初公開! これまでレッスンでしか知り得なかったレシピの全貌がついに明らかに。「簡単なのに美味しすぎる」という高垣さんと諏訪さんの愛溢れるお味噌トークにスタッフ全員引き込まれ、撮影終了後には体験会を開催する運びとなりました(笑)。

次の仕事の時間が迫るスタッフから諏訪さんの元へ。笑顔で始まった体験も次第に真剣モード。お味噌作りは人を寡黙にさせます(笑)。そして、最後に私も。買うお味噌は必ず賞味期限が書いてありますが、作ったお味噌に賞味期限はないといってもいいそう。

これは諏訪さんが持ってきてくれたもので、左から4年、5年、7年経ったお味噌。色や味の変化を楽しめるのも手作りならではかも……なんて思いながら、目の前の大豆をこねこね。“こんな大雑把で大丈夫かな?”という不安がありつつ、諏訪さんに「大丈夫、大丈夫! それでOK」と大らかなアドバイスをもらいながら完成しました。

同じ材料、同じ場所で作っても、その人が持つ常在菌によって出来上がりの味が変わるという味噌。どんな味に出来上がるか本当に楽しみです。
諏訪さんのレッスンでは「玄米糀」「白米糀」「麦麹」「豆麹」の中からお好みの糀を選べるので、興味がある方は一度足を運んでみるのもおススメ。予約やお問い合わせは http://oishiiomiso.com
ぜひ皆さんも作ってみてください!

 

篠原亜由美
FROM篠原亜由美 家事・育児のリアルな企画から法学部出身を生かした社会派企画まで幅広く担当するべく奮闘中の5年目ライター。家では、中3娘と小6息子の学校や塾の提出書類の出し忘れに怯える日々。今無くなったら困るものは“全ての手紙を張り付けている冷蔵庫の扉”。
記事一覧を見る >
-Keywords
\ この記事をシェア /
STORY web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

RELATED TOPICS

FEATURE

STORY RELATED KEYWORDS !

STORY SELECTED ARTICLES

Mar
21
今日の40代おしゃれコーデ

【アスレジャー】な着こなしに挑戦。今日はレンタル農園で栽培した野菜の収穫Day[3/30 Sat.]

PICK UP

PRESENT

N.O.R.C の「リネンジャケット」を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。