Lifestyle特集 PROMOTION

夫婦のドライブ空間は「たばこの見直し」で快適になる!

寒さが和らぐ5月は、まだ梅雨入り前とあってそよ風が心地よい晴天の多い季節。
そんな季節は、外へお出かけしたくなるものです――。

都内に住む鈴木さん(40代・女性)は、夫との2人暮らし。夫は愛煙家で、以前は紙巻たばこを吸っていました。
その紙巻たばこにまつわる鈴木さん夫婦とペットのエピソードをご紹介。

お互いにとって良い選択、私とペットのために、愛煙家の夫が実践してくれたことは?

今回は、ドライブでのエピソードをご紹介。
天気が良い休日は、夫婦でドライブに出かけることも多いといいます。

実は、夫の大祐さんは結婚前に車の中で紙巻たばこを吸っていたそうですが、
たばこのニオイが染み付き、窓を開けて空気を入れ替えたくらいでは除去できず、芳香剤などを使って“ニオイ対策”を講じても一向に改善されませんでした。それ以外にも、灰が舞って車内を汚してしまったり、最悪なことに誤ってシートに灰を落として焦がしてしまったり・・・

紙巻たばこの場合、火の消し忘れがあるので火災のリスクもあることを改めて実感。

「車のシートが焦げたことは私にとってもトラウマですね。中古車屋さんに売却するときは、この傷は消したいと思いましたね(笑)」と今では笑い話のように語る夫の大祐さん。

これらの出来事から、紙巻たばこに以前より不満を持っていました。

二人ともゴルフが趣味で、結婚前からよく出かけていたそうです。
勿論今でも各地へ車でゴルフに出かけることが多いのですが、鈴木さんは車内で紙巻たばこを吸われるのは考えられないし、外で吸っても、帰ってきたときにたばこ臭いことがとても不満だったようです。

大祐さん「加熱式たばこに切替えてから、もっと趣味のゴルフを楽しめていますね。灰も出ないし、もし車内で使ったとしても、灰で車内を汚したり、シートを焦がしたり、ということがないわけですから(笑)」

一方、鈴木さん。「確かに、加熱式たばこに切替えてからというもの、たばこのニオイが少なくなり、空気も紙巻たばこと比べ、 汚れなくなった気がします。火の消し忘れなどの心配もなく安心ですし、主人も、以前に比べ周囲への気遣いを意識してくれるようになったと思います。非喫煙者の気持ちもわかってくれるようになるのは、嬉しいことですよね」と笑顔で語ってくれました。

加熱式たばこのメリットを実感

車中での苦い実体験がきっかけで、紙巻たばこから切替えて加熱式たばこのメリットを実感した、鈴木さん夫婦のケース。

「たばこをやめるつもりはないけれど、何かいい方法はないかな」「たばこのニオイが気になるけれど、改善策はあるのかな」など、喫煙者と非喫煙者が歩み寄るための情報を『No!けむハラ』のサイトで閲覧することができます。

No!けむハラ
https://www.nokemuhara.jp/

暖かくなり外出が楽しくなる季節だからこそ、ドライブに出かけるときも、“快適な空間”を意識してみてはいかがでしょうか。

提供/フィリップ モリス ジャパン

カメラマン:竹中祥平 ヘア&メイク:飯嶋恵太(モッズ・ヘア)

チームSTORY
FROMチームSTORY 雑誌「STORY(ストーリィ)」の製作に携わる編集部員たち。日夜雑誌作りに勤しむなかで得た知見、タメになる情報、愉快な話などなどファッションからライフスタイルまで、STORYらしさ溢れるトピックを、webでも存分に披露していきます。
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
STORY web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

RELATED TOPICS

FEATURE

May
27
今日の40代おしゃれコーデ

社内会議だけの月曜日のカジュアルお仕事服[5/27 Mon.]

PICK UP

PRESENT

ミラオーウェンのワンピースを計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。