Lifestyle特集

ガパオライス【プロに聞いたお家ごはんレシピ】

むね肉に多く含まれるたんぱく質は加熱すると固まり、それにより繊維も縮み水分が抜けてしまうことがパサパサした食感の原因。繊維を断ち切り、加熱時間もなるべく短くてすむように小さくカットして調理すれば、パサつきは感じません。

ガパオライス

材料(2人分)
鶏むね肉……1枚(400g)
玉ねぎ(5㎜程度にスライス)……1/2個 
赤パプリカ(2~3㎜にスライス)……1/8個
にんにく(すりおろす)……小さじ1
バジルの葉……10枚程度
塩……少々
胡椒……少々
赤唐辛子の輪切り(乾燥)……好みの量
サラダ油……小さじ2
酢……小さじ1

A
ナンプラー……大さじ1
オイスターソース……小さじ1
醬油……小さじ1
砂糖……小さじ1/2
酒……大さじ1/2

卵……2個
ご飯……2膳分

レシピ
1 鶏むね肉に塩、胡椒を振りかける。
2 1を1㎝角に切る。
3 フライパンにサラダ油を熱し、1を入れて中火で炒める。
4 肉の色が半分くらい変わってきたら玉ねぎ、赤パプリカ、にんにく、赤唐辛子の輪切りを入れてさっと炒める。
5 A を加えて軽く混ぜ、バジルの葉(飾り用は残しておく)を手でちぎって入れる。
6 酢を入れて混ぜ、火を止める。
7 別のフライパンで半熟の目玉焼きをつくる。
8 皿にご飯と6、7を盛りつけてバジルを飾る。

このレシピの担当:松村和夏さん 料理研究家、管理栄養士。タレントやプロスポーツ選手の妻なども通う人気料理教室「広尾料理倶楽部」を主宰。簡単なのに美味しく華やかなレシピが満載の著書『旦那さんごはん』(ワニブックス)が好評発売中。

撮影/福田栄美子 レシピ考案・調理/松村和夏 スタイリスト/廣松真理子 取材/篠原亜由美 デザイン/伊藤裕子

チームSTORY
FROMチームSTORY 雑誌「STORY(ストーリィ)」の製作に携わる編集部員たち。日夜雑誌作りに勤しむなかで得た知見、タメになる情報、愉快な話などなどファッションからライフスタイルまで、STORYらしさ溢れるトピックを、webでも存分に披露していきます。
記事一覧を見る >
-Keywords
\ この記事をシェア /
STORY web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

RELATED TOPICS

FEATURE

Sep
23
今日の40代おしゃれコーデ

連休最終日は近所のバーへ。女っぽくてトレンドも高いハイネックブラウスで[9/23 Mon.]

連休最終日は近所のバーへ。女っぽくてトレンドも高いハイネックブラウスで[9/23 Mon.]

日めくり7daysコーデ

「お仕事するって、やっぱり楽しい!」セカンドOLさんの1週間

Mon
【日めくり7days⑦Mon】そろそろ朝晩は冷え込む時季。カーディガンライクなライトアウターを初おろし

【日めくり7days⑦Mon】そろそろ朝晩は冷え込む時季。カーディガンライクなライトアウターを初おろし

PROMOTION

PICK UP

PRESENT

PLST (プラステ)の「サテンプリーツスカート」を 計8名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。