Prtimesキャンペーン

【ルイ・ヴィトン】ニコラ・ジェスキエールが演出・撮影した広告キャンペーンを発表

ルイ・ヴィトン ジャパン株式会社

最新2020年秋冬広告キャンペーン

ルイ・ヴィトンが、ウィメンズ・コレクションのアーティスティック・ディレクターであるニコラ・ジェスキエール自らが演出・撮影を手掛けた最新2020 秋冬広告キャンペーンを発表。本キャンペーンで同氏が表現するのは、パーソナルなコレクションにおける限りない創造性への投資です。そこには現代的な自由、大胆さを取入れた純粋なときめきが存在しています。


             レア・セドゥ(上段)、ステイシー・マーティン(下段)

本キャンペーンの撮影に際しニコラ・ジェスキエールは、自身のクリエイティブなラボでもあるパリのヴォルテール通りの写真スタジオにメゾンの友人やファミリーを招待。そこに集ったのは彼のインスピレーションの源である親しい友人や気心の知れた仲間など、お気に入りの面々。レア・セドゥ、マリナ・フォイス、ノエミ・メルラン、エイコン・チャンコ、ステイシー・マーティン、ディナ・アッシャー=スミス、ルー・アンド・ザ・ヤクザ、サラ・チョイなど、各界のセレブや人気モデル、新進気鋭のアーティストやアスリートなど、まさに彼が彼女たちの個性を表現したいと熱望した総勢20 名もの錚々たる顔ぶれが揃いました。また、スタイリッシュな実験的要素を取入れたメゾンのアイコンバッグ「カプシーヌ」、「ツイスト」、「ポンヌフ」、「ドーフィーヌ」にも同じことが言えます。

                     ルー・アンド・ザ・ヤクザ

統一されたメッセージを届けるため、ニコラ・ジェスキエールは、新たなシグネチャー「SINCE 1854」を取入れました。気品あるジャカード生地には、メゾンが創業した年にちなんだ「1854」という数字が刻まれ、モノグラム・フラワーが散りばめられています。すでにメゾンを象徴する顔となっているモノグラム・モチーフは、「ドーフィーヌ」、「ネヴァーフル」、「プチ・ノエ」など、時代を超えた不朽のアイコンにもルイ・ヴィトンの新たな息吹を吹き込みます。さらに「SINCE 1854」のシグネチャーは、エッセンシャルなワードローブやアクセサリーにもあしらわれています。

                       サラ・チョイ

本キャンペーンについて、ニコラ・ジェスキエールは「写真撮影にまで領域を広げることで、最後まで一貫してクリエイティブを担当でき、自らのコレクションと区切りを付けられるので、面白いのではと思いました。このポートレートギャラリーには、私の個人的な理由のために全員が集まってくれました。気心の知れた仲間たちとの新たな繋がりを発見できたのは嬉しいことでした。また、メゾンのさまざまな面に統一感を持たせたいと考えました。だからこそ、今シーズンの製品には、時代を超越したタイムレスな要素を取入れたのです。写真の世界にまで手を広げようと思ったのは、コレクションに取組んでいる時の感覚をキャンペーンにも反映させたいと思ったからです」と述べています。

本キャンペーンは、2020 年9 月より世界各国の主要雑誌で掲載予定。

【公式サイト】
https://jp.louisvuitton.com/jpn-jp/homepage

【お問合せ先】
ルイ・ヴィトン クライアントサービス
0120-00-1854

#LouisVuitton #ルイヴィトン

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

Aug
3
今日の40代おしゃれコーデ

ガシガシ歩くローファー×デニムの日は【バルーンスリーブ】で女っぽさをイン[8/3 Mon.]

ガシガシ歩くローファー×デニムの日は【バルーンスリーブ】で女っぽさをイン[8/3 Mon.]

PICK UP

PRESENT

CONTROL FREAK「カゴバッグ」を計6名様にプレゼント!

CONTROL FREAK「カゴバッグ」を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。