Prtimesその他

ヴィストBAJがiFデザインアワード2021を受賞

株式会社 相合家具製作所

株式会社相合家具製作所(本社:大阪市平野区、代表取締役:茂見尚希)は、京都工芸繊維大学とのコラボレーションによるアームチェア、ヴィストBAJが国際的に権威のあるドイツのデザイン賞、「iF DESIGN AWARD 2021」を受賞しましたのでお知らせします。

iF DESIGN AWARDはドイツのハノーバー工業デザイン協会が主催するデザイン賞で、今年は世界52の国と地域から約10,000件の応募がありました。ヴィストBAJは2019年のグッドデザイン賞に続き、2回目のデザイン賞受賞となりました。

受賞詳細:https://ifworlddesignguide.com/search?q=sogokagu&search=sogokagu#/page/profile/17671-sogokagu-co-ltd
iF公式サイト:https://ifworlddesignguide.com/

ヴィストは、京都工芸繊維大学の製品デザイン計画研究室と相合家具製作所の、3年間にわたるコラボレーションを経て創造された、産学連携による新しいデザインチェアです。両者は「薄さを追求した上部のモールドウレタン、細さを追求した脚部のアルミレッグ」を取組みのテーマのひとつとして開発を行いました。我々は、日本のコントラクト家具の市場において、コスト面や頑丈さを求めるあまり、デザイン性や座り心地が損なわれてしまう椅子が多いため、それらを両立させた椅子を開発しようと考えました。
ヴィストは、その形状を実現するため、相合家具製作所のデザイン研究所であるデザインラボにて、試作モデルでのデザイン検証と強度試験を行いました。自社で保有している5軸のマシニングセンターを使って、発泡スチロールを削り出した原寸モデルでデザイン検証を行い、さらに座りと張りの検証を重ねました。座りの面においては形状の特性を生かし、背にもたれ掛かると軽くベンディングする機構を持たせました。張り方法の面ではあまり椅子張りでは使用しないコンシールファスナーを使用し、ファスナーが目立たないように工夫を施しデザインが損なわれないようにしています。
相合家具製作所と京都工芸繊維大学は2015年から取り組みを開始し、現在も取り組みを続けています。


商品ページ:https://www.sogokagu.co.jp/products/arm_chair/vist_baj-1/


株式会社相合家具製作所について
株式会社相合家具製作所は1961年に創業した大阪に本社を持つコントラクト家具メーカーです。
SFIDA(挑戦)を企業理念に独自の戦略で京都工芸繊維大学との産学連携のほか、大阪を拠点に活動するクリエイティブ集団、graf(有限会社デコラティブモードナンバースリー)とのコラボ商品開発や、2015年には建築家、隈研吾氏設計の自社のデザイン研究所、Design Laboを三重県伊賀市に設立するなど業界のリーディングカンパニーとして常に挑戦を続けています。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

Jun
24
今日の40代おしゃれコーデ

【シャツワンピ】は夏の冷房&日焼け対策アウターとしても使えすぎる![6/24 Thu]

【シャツワンピ】は夏の冷房&日焼け対策アウターとしても使えすぎる![6/24 Thu]

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

crie confortoの「セージグリーンの服」を計9名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

雑誌購入限定プレゼント

ヘレナ ルビンスタイン リプラスティ R.C. クリームを計20名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

会員プレゼント

星野リゾート宿泊ギフト券¥50,000を1名様にプレゼント【会員限定プレゼント】

会員プレゼント

あなたの「好き!」を教えてください!【STORY experienceメンバー大調査アンケート】

PICK UP