• TOP
  • Prtimes
  • ― チャレンジし続ける世界中の女の子を応援 ―「ハートサポート2022」プロジェクト Twitter&オリジナル支援販売機を通じて、合計5,142枚分の布ナプキン作製支援が決定!
Prtimesキャンペーン

― チャレンジし続ける世界中の女の子を応援 ―「ハートサポート2022」プロジェクト Twitter&オリジナル支援販売機を通じて、合計5,142枚分の布ナプキン作製支援が決定!

大王製紙株式会社

昨年からスケールアップし、ザンビアでの支援を拡大

「エリエール」ブランドの生理用品「エリス」を展開する大王製紙株式会社(本社:東京都千代田区)は、世界中の女の子の自立を実現するための支援活動「ハートサポート2022」を2022年2月1日(火)から実施しています。多くの方からの賛同を得て、ザンビアでの5,142枚分の布ナプキン作製支援が決定しましたので、お知らせいたします。

Twitterでハッシュタグ「#エリスハートサポート」をつけてザンビアの女の子へのメッセージを投稿すると、1件の投稿につき布ナプキン1枚分の作製支援費がザンビアに届くSNSによる支援では、2月1日(火)~4月30日(土)の3か月間で上限5,000枚を超える5,112件のツイートが寄せられました。
また、本プロジェクトの新たな取り組みとして、3月には渋谷区立宮下公園に期間限定のオリジナル支援販売機を出展。自動販売機で「支援」を500~2,000円でご購入いただくと、金額に応じた枚数分の布ナプキンの材料費(1枚500円)をザンビアへ届ける取り組みで、期間中14日間で71,000円(布ナプキン142枚分)の寄附が寄せられました。温かいご支援を賜り、誠にありがとうございます。

ザンビアでの支援活動は、昨年に引き続き特定非営利活動法人AMDA社会開発機構と協働で実施しており、昨年の3,000枚からさらにスケールアップした5,142枚分の布ナプキン作製費をザンビアに届け、現地で布ナプキンの作製支援を継続します。また、昨年9月には、ザンビアでの支援の拠点となるコミュニティスペースが正式にオープンしており、この運営も継続することで活動の輪が広がっています。

多くの皆さまからのご賛同に感謝するとともに、当社はこれからも世界中の人々の豊かな暮らしを実現するため、「ハートサポートプロジェクト」を通じて世界中の女の子を取り巻く環境について考え、行動するきっかけづくりを提供してまいります。

■「ハートサポートプロジェクト」について
2018年、「エリス コンパクトガード」の発売をきっかけに、世界の女の子たちのおかれた環境について考えるきっかけづくりをしたいという想いから始まったプロジェクトです。4度目の実施となった「ハートサポート2022」では、“生理が、あきらめる理由にならない世界へ。”をコンセプトに布ナプキン作製支援やコミュニティスペース運営などの支援プログラムを展開しており、昨年に引き続き、ザンビアの女の子の自立につながるサポートを継続しています。

■ハートサポート2022 活動内容
1.布ナプキン作製支援
布ナプキンの作製・配布・販売まで現地の女の子たちが自ら行うことで、貧しい家庭の女の子たちも繰り返し生理用品を利用できる環境をつくるとともに、収入を得る機会を生み出していきます。昨年の3,000枚から今年度はさらに5,142枚を追加することで、支援を拡大します。
ザンビアでの布ナプキン作製の様子(現地の事務局にて撮影)
<結果>
▼SNSを通じた布ナプキン作製支援
Twitterでハッシュタグ「#エリスハートサポート」をつけて【ザンビアへのエール】を投稿すると、1件の投稿につき布ナプキン1枚の作製費が支援される取り組みです。
【展開期間】2022年2月1日(火)~4月30日(土)
【結果】上限5,000件に対して、5,112件のツイートを達成。5,000枚分の布ナプキン作製費を寄附

▼オリジナル支援販売機
渋谷区立宮下公園に設置されたオリジナル支援販売機で、「支援」を500円~2,000円でご購入いただくと、金額に応じた枚数分の布ナプキンの材料費(1枚500円)をザンビアへ届ける取り組みです。
【展開期間】2022年3月5日(土)~3月18日(金)
【結果】71,000円(布ナプキン142枚分)を寄附
オリジナル支援販売機
2.コミュニティスペースの運営
ザンビアにおける布ナプキンの作製・配布・販売の場として活用される一方で、健康相談や衛生知識を提供する場を運営。オープン以降、多くの子どもたちがコミュニティスペースを訪れています。取り組みのひとつであるカウンセリングでは、子どもたちが生理をはじめとして性や衛生に関する相談をしています。最近では男の子の参加者も増えており、生理を取り巻く環境についての理解が深まっています。
コミュニティスペースの様子(現地の事務局にて撮影)

<参考>
「ハートサポート」プロジェクト/『エリス』について
■これまでの「ハートサポート」活動内容について
・2018年度はSNSで対象の投稿に「いいね」をすると1枚の生理用ナプキンが支援先のアフリカ・ケニアの女の子に届く仕組みで、上限の200万「いいね」が集まりました。
・2019年度はSNSで「誰かを想って撮影したハートの画像」を募ったところ、28日間(キャンペーン期間は2ヵ月)で上限の5,000件に到達し、現地の女の子の自立をサポートする7つの支援を実施しました。
・2021年度からはザンビアに支援先を変更し、SNSでの1メッセージにつき布ナプキン1枚の作製費が支援される継続的なサポート内容を展開しています。作製支援を行った3,000枚のうち、現在約2,600枚の布ナプキンが現地で作製されており、そのうち2,000枚は無償配布を予定しています。現時点で約800枚分の布ナプキンの無償配布が進んでいます。
・2022年度は、SNSを通じた参加型のプロジェクトに加え、イベント出展によるリアルな接点を展開しました。
※「ハートサポート」公式HPにてこれまでの活動レポートを報告しています。https://www.elleair.jp/hs/

■SDGs達成への貢献について
当社では「ハートサポート」プロジェクトを通じて、SDGsの目標「3.すべての人に健康と福祉を」「4.質の高い教育をみんなに」の達成に貢献することを目指します。今後も商品やサービスを通じて、人々の暮らしのそばにそっと寄り添い、世界中の人々へやさしい未来をつむいでまいります。

■ひとりひとりに寄り添うブランド 「エリス」
エリスは、2022年4月にブランドメッセージを「だれかではなく、あなたのそばに。」とし、ひとりひとりに寄り添うブランドに刷新しました。多くの方により自分らしい毎日を過ごしていただきたいという願いのもと、これまでの当たり前にしばられない発想で、ひとりひとりの生理に寄り添います。あなたがあなたらしくいられるように。私たちエリスはほかのだれかではない、あなたのそばにいます。

■特定非営利活動法人AMDA社会開発機構(AMDA-MINDS、アムダマインズ) ※本活動における協働団体
人づくり村づくりを通じ、世界の貧困地域において暮らしの改善に取り組む団体。岡山市北区に本部を置く。現在、アジア・アフリカ・中南米で、約100名のスタッフが、保健、水と衛生、生計向上、農業、青少年育成などの社会開発活動を展開している他、日本国内では国際理解教育や企業連携を通じた社会教育を推進。AMDAグループの構成団体の1つ。2007年設立。理事長鈴木俊介。

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

Aug
10
今日の40代おしゃれコーデ

スタイルアップを意識するなら【厚底サンダル】という選択肢を

スタイルアップを意識するなら【厚底サンダル】という選択肢を

会員限定PRESENT

会員プレゼント

オシャレで高機能な【炊飯もできる電気圧力鍋】と【温度調節ケトル】を各1名様にプレゼント!

会員プレゼント

「OMO7 大阪 by 星野リゾート」の 宿泊券(朝食付き!)を1組4名様にプレゼント

雑誌購入限定プレゼント

ヘルシーな肌見せを叶える女っぽアイテムを計6名様にプレゼント!

会員プレゼント

超軽量なのに速乾&しなやか仕上がり【ハンズフリースタンド付きドライヤー】を2名様にプレゼント!

会員プレゼント

高級パック「WALALA CBD ナイト リカバー フェイスマスク」を5名様にプレゼント!

PICK UP