• TOP
  • Prtimes
  • メイクキープ力がさらに進化! 表情の動きによるメイクよれも防ぐフィックスミスト「メイク キープ ミスト EX +(プラス) 」にパワーアップリニューアル
Prtimes商品サービス

メイクキープ力がさらに進化! 表情の動きによるメイクよれも防ぐフィックスミスト「メイク キープ ミスト EX +(プラス) 」にパワーアップリニューアル

株式会社コーセー

 株式会社コーセー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林 一俊)は、メイクアップの仕上げに顔に吹きかけるだけで汗や皮脂、こすれなどによる化粧くずれを抑える仕上げ用ローション「メイク キープ ミスト  EX」を刷新し、従来品に表情の動きや時間の経過による“メイクよれ”の防止効果を付加して更にメイクキープ力が進化した「メイク キープ ミスト EX +」などの新商品(1品目2品種、ノープリントプライス)と限定品(1品目1品種、ノープリントプライス)を2024年2月16日より全国のドラッグストア・量販店・Maison KOSE(店舗とECサイト)などで発売(※1)します。
(※1) Maison KOSEオンラインと一部ECにて先行発売を予定。

 初代となる「メイク キープ ミスト」は、2019年6月に発売。メイクの仕上がり後に手軽に顔に吹きかけるだけで高いメイクキープ効果が続く利便性と機能性の高さが評価され、メイクの仕上がりを保つ “メイクアップフィクサー市場”を一気に拡大させる大ヒット商品となりました。コロナ禍に入ると、マスク着用による化粧くずれを防止するためにメイクアップフィクサーの需要が急速に高まり、各社から化粧くずれを防ぐアイテムが数多く登場しました。「メイク キープ ミスト」も、拡大するニーズに応え、さらなる高い付加価値を提供するため、2021年3月に、皮脂テカリに強くミストがより細やかになった「メイク キープ ミスト EX」としてリニューアルした結果、初代を超えるヒットとなり、この市場における当社の地位を確固たるものにしました。
 そして、アフターコロナ時代を迎え、消費者のメイク頻度が再び高まったこともあって、付けたてのメイクを保ちたいという需要はさらに拡大、「メイク キープ ミスト」と「同EX」の合計で2023年12月末の時点で累計出荷本数950万本(※2)を突破しています。
 また、同じコンセプトのルースパウダーや化粧下地といったラインナップも追加することで「メイク キープ シリーズ」として拡大、シリーズ全体でこの成長市場を牽引し、その存在感をさらに高めています。
(※2)「メイク キープ ミスト」・「メイク キープ ミスト EX」累計出荷実績(2019年6月16日~2023年12月31日)、当社調べ。

 今回発売する「メイク キープ ミスト EX +」は、メイクキープ力をさらに進化させた仕上げ用ローションです。汗・皮脂・水・こすれなどによる化粧くずれに加えて、表情の動きや時間の経過によるメイクよれも防ぎます。
 既存品にも配合されている「汗・皮脂プルーフ成分(※3)」、「皮脂テカリ・くずれ防止成分(※4)」に加え、新たに高いメイクキープ効果と耐水性を持つ「スーパーメイクコート成分(※5)」を配合しました。この成分は、当社が独自開発した「架橋型MQレジン」という皮膜を形成する樹脂素材で、汗やこすれに強い強靭性と肌の動きに追従する柔軟性を兼ね備えるため、毛穴やシワといったメイクよれしやすい部位にフィットしながら、表情変化によるメイクよれや時間経過によるテカリを防ぎます。また、従来品よりも優れた耐水性を発揮、さらに汗や水に強くなったスーパーウォータープルーフへとパワーアップしました。保湿成分としてシカ(CICA)成分(※6)を新たに配合し、乾燥感の少ない使い心地を実現。大気中の微粒子(※7)から肌を守り、マスクへのメイクうつりも防ぎます。高温多湿環境での使用試験を実施しており、暑くて湿度が高い過酷な環境下で使用してもメイクがくずれません(※8)。さらに、アレルギーテスト(※9)、ノンコメドジェニックテスト(※9)を実施済です。
(※3)トリメチルシロキシケイ酸 (※4)(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー (※5)(ジメチコン/ビニルトリメチルシロキシケイ酸)クロスポリマー (※6)ツボクサ葉エキス (※7)ちり・ほこり・花粉・PM2.5など (※8)当社調べ。効果には個人差があります。 (※9)すべてのかたにアレルギーやコメド(ニキビのもと)ができないというわけではありません。

 同時に発売する「メイク キープ パウダー サクラピンク」は、「メイク キープ」シリーズのなかでも、顔に塗布するだけで皮脂テカリを防止し、美しい仕上がりが長時間持続するルースタイプ「メイク キープ パウダー」の限定品です。春を想起させる“八重桜”をテーマに、ライトピンクを取り入れたデザインと繊細な八重桜の香りを採用。ピンクのパウダーとパールを配合し、自然な血色感とツヤを与えます。気温上昇によってメイクアップフィクサーのニーズが拡大し始める春先に、季節に合わせた限定品を展開することで、「メイク キープ」シリーズの売上拡大につなげます。

 機能性を追加しリニューアルすることで、拡大を続ける顧客ニーズにこたえ、既存顧客へのロイヤルティ向上および新規顧客の獲得につなげます。また、メイクアップフィクサー市場を牽引する商品として、その存在感をさらに高め、確固たる地位を築いてまいります。
「メイクアップフィクサー」について

 「メイクアップフィクサー」は、汗・皮脂・水・こすれなどによる化粧くずれを防ぎ、付けたてのメイクの仕上がりを保つアイテムです。コロナ禍で日常的にマスクを着用する機会が増えたことから、マスクによるメイクの擦れ、よれ等を防ぎたいというニーズによって、市場が急成長しました。アフターコロナである現在は、メイク頻度が増加したためにさらに需要が拡大しています。
参考資料

・2024年1月30日発行 ニュースリリース
「メイクよれと汗に強いフィックスミストを開発 強靭かつ柔軟な皮膜をつくる『架橋型MQレジン』をミストに応用」  https://corp.kose.co.jp/ja/news/8437/

・コーセーの“くずれないメイク”へのこだわり
創業以来、コーセーがこだわってきた“くずれないメイク”を紹介する特設ページ。時代のニーズとともに移り変わってきた代表的なメイクアップ商品や、開発した研究員の口から語られる「メイク キープ ミスト」の研究開発の裏側がご覧いただけます。
 https://corp.kose.co.jp/ja/research/secretstory/makeup/makeup_specialty/
2024年2月16日発売 『メイク キープ』新商品(1品目2品種)・ 限定品(1品目1品種)


                                      ※ノープリントプライス

<順に、商品名・特長・容量>
1.メイク キープ ミスト EX +〈仕上げ用ローション〉
汗も、テカリも、メイクよれも。メイクの仕上げにふんわり細やかなミストを吹きかけるだけで、化粧くずれしにくくなる仕上げ用ローション。 80mL
2.メイク キープ ミスト EX +〈仕上げ用ローション〉 ※トライアルサイズ
特長は1.と同じ 35mL
3.メイク キープ パウダー サクラピンク〈フェイスパウダー〉 【限定品】
蒸し暑い環境でも、皮脂テカリを防止。美しい仕上がりが長時間持続するメイクキープパウダー。 5g

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

RELATED TOPICS

FEATURE

Apr
25
今日の40代おしゃれコーデ

カジュアル苦手なスカート派にもフィットする【公園コーデ】の最適解は?

カジュアル苦手なスカート派にもフィットする【公園コーデ】の最適解は?

PICK UP