Prtimes商品サービス

【ライブレポート】BEGIN、沖縄で平成最後のカウントダウンライブで新年をお祝い!

株式会社テイチクエンタテインメント

12月12日(水)に3年ぶりとなるニューアルバム「Potluck Songs」をリリースしたBEGINが中心となり、平成最後の大晦日に、沖縄コンベンションセンターにてカウントダウンライブを行いました。

このカウントダウンライブは、沖縄県出身のアーティストたちが「県内外の人たちと一緒に“笑顔”で年を越そう」という想いから、一昨年の2017年に始まりMONGOL800の主催で開催された初回は、沖縄の音楽シーンに新たな1ページを刻んだスペシャルな夜になった。

そのステージにてキヨサクが、「今回はモンパチの20周年、次は誰かの周年記念という感じで、沖縄の模合(もあい)形式にして、親をどんどん交換しながら、毎年やりたい!」と言ったとおり、第2回目となる今回は、2020年にデビュー30周年のアニヴァーサリーイヤーを控えるBEGINが中心となって行われた。

午後7時、いよいよ開演。「わかるよねぇ~」のネタで沖縄では知らない人はいない、お笑い芸人護得久栄昇先生と仲座健太が登場し「かぎやで風」で始まり、オープニングは、出演アーティストの代表曲を、ほかのアーティストがカバーするというスタイルで次々と歌われ、BEGINの「島人ぬ宝」をMONGOL800が、かりゆし58の「アンマー」をKiroroというように、沖縄のカウントダウンライブならではのスペシャルメドレーで幕を開ける。

トップバッターは「DIAMANTES(ディアマンテス)」。4人組の女子ダンサー「タピオカ」とワイルドなラテンナンバーを聴かせた「WANDA」で一気に熱を帯びたステージの後、去年に続き、「もう一度彼女とデュエットしたかった」というアルベルトの誘いで実現した「今夜は離さない」をHY仲宗根泉とのデュエットで披露。「深紅」のロングドレスで登場した仲宗根泉と、全身「白」衣装のアルベルト城間は、その時放送中の紅白歌合戦を意識して、「僕らも紅白で歌わせていただきました!」と言って笑いを誘う。最後は、アルベルトがティンバレスを叩きながら歌う「沖縄ラティーナ」の軽快なラテンサウンドで会場を盛り上げてステージを後にした。

続いては、石垣島の新良幸人と、宮古島の下地イサムの先島出身の2人による「THE SAKISHIMA meeting」。「ストレンジャー」(ビリー・ジョエル)のイントロに導かれるように登場したダンディな2人に、会場は大人の空気感に満たされ、独特なメロディーと三線の音が、その場にいる人たちを自然豊かな先島へと誘う。

「実りある新年を迎えようということで、『ユーニンガイ』(方言で“世願い”。1年間の豊穣を祈願する儀式)をお届けしました」と新良。ミャークフツ(宮古方言)の歌詞が、まるでフランス語のようにも聴こえる「ジャジィー・ミャーク」、さらにはアメリカのNew York TimesのサイトにもMVが公開された「ダニー・ボーイ」のウチナーグチ(沖縄方言)Ver.では、哀愁漂う歌声に会場の誰もが静かに聴き入る。

続いて、全国デビュー20周年を迎えたKiroroが登場。彼女たちのデビュー曲「長い間」では、会場全体から自然と歌声が湧きあがり大合唱となった。

さらに「Best Friend」では、その歌声はさらに大きくなり、雪の降らない南の島でも心を温めてくれるほっこりした気持ちになったKiroroのステージでした。

そして、いつものようにカチャーシーを踊りながらMONGOL800が登場。「沖縄のカウントダウン、遊びましょっ!」というキヨサクのひと言から「あなたに」を披露。激しいタカシのカッティングと、サトシのタイトなドラミングが、客席の人たちの気持ちに火をつけ、会場は一気にヒートアップ。

「平成最後のカウントダウンですよ!大きな声を聞かせてもらっていいですか!」と「OKINAWA CALLING」でコール&レスポンスが続く中、今回もやはり、モンパチの高校時代のヤッケーシージャー(沖縄方言で、やっかいな先輩)ツブさんこと、粒マスタード安次嶺が登場し、くねくねダンスで会場を盛り上げた。

続いて登場した「かりゆし58」の1曲目は「電照菊」。“電照菊の光よ 夜の帳を照らしてくれないか 大切な人がいつか夜道に迷うことなく帰りつけるように”と前川真悟が歌い始めた瞬間、会場のいたる所で携帯電話の黄白色の光が灯り、前川が歌詞に込めた想いを察するように灯った光で、ステージと会場がひとつになった瞬間だった。

そして、「かりゆしで好きな曲があるから、カウントダウンで一緒にやりたい」というHY仲宗根からの誘いで、「恋人よ」をキーボードに仲宗根、名嘉俊もカホンで参加し、スペシャルセッションを披露。

さらに、苦労をかけた母親への感謝の想いを綴った代表曲「アンマー」、そして最後は、“かけがえのない時間を胸に刻んだかい”と、カウントダウンに相応しいフレーズを前川のアカペラで歌い始めた「オワリはじまり」で、かりゆし58はステージを下りた。

続いてHYが登場。1曲目は、なんとBEGINの「三線の花」カバーからスタート。4人のメンバーによる三線演奏に、会場からは指笛の声援が響き、「この曲はやっぱりこの方に歌ってもらわないとね」と、曲の途中でBEGIN比嘉栄昇をステージに迎え、さらに琉球國祭り太鼓のエイサー太鼓も加わり、カウントダウンのお祭ならではの演出に盛り上がる。続く「Street Story」では、エイサー太鼓とともに始まるイントロに、客席の人たちは即座に反応。会場全体でカチャーシーの手踊りが舞い、最後に歌われた「ホワイトビーチ」では、“風を集めて飛び上がろう 広い空に手を伸ばそう”という客席からの歌声が、会場をひとつにし、「最後は、みんなでジャンプしてBEGINに繋げましょう!」というかけ声とともに、全員でジャンプし大トリのBEGINへと繋げる。

いよいよ新しい年まであと30分ほどとなりBEGINが登場。「今日は楽しい1日です。大好きなバンドのステージを見ながら、またライブを終えて汗をかいたまんまのみんなを迎え、最高の年越しとなります!」と、比嘉栄昇がコメント。さらに、TVオーディション番組「平成名物TV 三宅裕司のいかすバンド天国(イカ天)」が、BEGINのデビューのきっかけということから「平成のバンドと言われてましたので、(その称号)は今日をもって終わります!」と言うと、「平成は5月まであるさー」と、すかさず優につっこまれる場面も。そして、「その時に歌った曲を歌います」とデビュー曲「恋しくて」を披露。心に染みわたるブルージーな歌が静かに会場に響き渡る。

続いて、ニューアルバム『PotLuck Songs』から、優の奏でるブルースギターの音色が、まるで心の嘆きのように切なくむせび泣くブルースナンバー「網にも掛からん別れ話」を披露。

まさにカウントダウンが近づく中、ここで嬉しいハプニング!カウントダウンにあわせ、各バンドが時間通りに進行するため、時間に余裕ができてしまい「沖縄タイムってあるさ。イコール遅れること、みたいな。それは間違ってます。なぜなら今、時間を持て余してます!」と、比嘉がコメントし急遽予定になかったザ・バンドの「I Shall Be Released」を日本語詞Ver. を披露。このサプライズに会場の人たちから大きな歓声が湧き起こった。

そして、カウントダウンを迎える前「ここからカウントダウンに向けてリズムは止まりません。そのまま突っ走って行きたいと思います!」と、宮城姉妹を迎えてのマルシャショーラメドレーが始まる。比嘉が歌う「バルーン」、上地の歌う「帰郷」、島袋が歌う「海の声」、そして「流星の12弦ギター」の後、いよいよ“その時”が迫ってくる。

島袋の先導でテンカウントが始まり、会場全体の大きな声がカウントを刻み、いよいよカウントゼロのその瞬間、銀テープが会場に放たれ、2019年の最初の曲となる、前向きな想いを歌に託した「上を向いて歩こう」でスタート。歩くように刻むマルシャのリズムが、まさに年明けに相応しい前向きな気持ちへと背中を押してくれた。

まさにお祭ムードとなったここからは、次々と出演者を迎えてのマルシャショーラ・メドレー。「また逢う日まで」では比嘉の高校の同級生、新良幸人を呼込み、「年下の男の子」ではKiroroとHY仲宗根がステージに上がり、「バン・バン・バン」では下地イサム&前川慎吾&新里英之が登場。さらに「お嫁においで」ではアルベルト城間&キヨサクを迎え、ここでしか聴けないプレミアムなマルシャメドレーとなった。

そして、本日出演した全員がステージに揃い、沖縄出身のミュージシャンたちが沖縄に生まれたことを誇りに思い、誰もがこの曲を笑顔で歌い繋いでいきたいと願う曲「島人ぬ宝」を披露。誰もが口ずさめるこの曲を、4200人の会場全員で大合唱し、平成最後の沖縄でのカウントダウンライブはフィナーレを迎えました。

新しい年号の始まりの年となる2019年の年越しも、またこの場所で再会できることを誓った沖縄でのカウントダウンライブとなった。

<出演アーティストセットリスト>
【オープニング】
1.島人ぬ宝(MONGOL800)
2.アンマー(Kiroro)
3.夏至南風(かりゆし58)
4.未来へ(THE SAKISHIMA meeting)
5.ホワイトビーチ(BEGIN)
6.あなたに(HY)
7.勝利のうた(護得久栄昇&全員)

【DIAMANTES】
1.WANDA
2.今夜は離さない
3.イチャリバARRIBA
4.片手に三線を
5.沖縄ラティーナ

【THE SAKISHIMA meeting】
1.ザ・サキシマユニゾン~ユーニンガイ
2.TOME DOME(トゥミ ドゥミ)
3.ジャジィー・ミャーク
4.風ゆイヤリ
5.Danny Boy

【Kiroro】
1.長い間
2.Best Friend
3.OK OK
4.冬のうた
5.未来へ

【MONGOL800】
1.あなたに
2.PARTY
3.OKINAWA CALLING
4.honeymoon
5.TRY ME
6.小さな恋のうた
7.DON'T WORRY BE HAPPY

【かりゆし58】
1.電照菊
2.手と手
3.恋人よ(アコースティックver.)
4.アンマー
5.オワリはじまり

【HY】
1.三線の花
2.Street Story
3.AM11:00
4.ホワイトビーチ

【BEGIN】
1.恋しくて
2.網にもかからん別れ話
3.I Shall Be Released
~マルシャショーラ~
4.バルーン
5.帰郷
6.海の声
7.流星の12弦ギター
8.上を向いて歩こう
9.また逢う日まで
10.年下の男の子
11.バン・バン・バン
12.お嫁においで
13.国道508号線
14.オジー自慢のオリオンビール
15.ソウセイ
16.笑顔のまんま(マルシャショーラフルバージョン)

【フィナーレ】
島人ぬ宝(出演者全員)

【BEGINリリース情報】
「つくったというより、できてしまった20枚目のアルバム。」
ニューアルバム「PotLuck Songs」(ポットラック・ソングス)

2018年12月12日(水)発売
定価:¥2,593+税 TECI-1606 全11曲収録

【BEGINコンサート情報】
「第23回BEGINコンサートツアー2019」
<開催日程/開場/ 開演 >
1月14日(月・祝) 17:45 / 18:30 兵庫・神戸国際会館こくさいホール
1月26日(土)  16:45 / 17:30 富山・黒部市国際文化センターコラーレ カーターホール
1月27日(日) 16:15 / 17:00 長野・長野県ホクト文化ホール 大ホール(長野県県民文化会館)
2月2日(土) 16:45 / 17:30 北海道・札幌わくわくホリデーホール(札幌市民ホール)
2月7日(木) 17:45 / 18:30 宮崎・日向市文化交流センター 大ホール
2月9日(土) 16:45 / 17:30 熊本・市民会館シアーズホーム夢ホール(熊本市民会館)
2月10日(日) 16:45 / 17:30 福岡・福岡サンパレスホテル&ホール
2月16日(土) 16:45 / 17:30 愛知・日本特殊陶業市民会館フォレストホール
2月24日(日) 16:15 / 17:00 東京・中野サンプラザ
3月3日(日) 16:15 / 17:00 奈良・なら100年会館大ホール
3月4日(月) 17:45 / 18:30 兵庫・尼崎市総合文化センターあましんアルカイックホール
3月8日(金) 17:45 / 18:30 岡山・岡山市民会館
3月10日(日) 16:15 / 17:00 愛媛・西条市総合文化会館
3月24日(日) 16:00 / 17:00 大阪・大阪フェスティバルホール
3月28日(木) 17:45 / 18:30 秋田・由利本荘市文化交流館 カダーレ
3月30日(土) 16:45 / 17:30 宮城・仙台電力ホール
3月31日(日) 16:15 / 17:00 福島・いわき芸術文化交流館 アリオス
3月4日(木)     17:45 / 18:30 東京・中野サンプラザ

<チケット料金>
一般(高校生以上)前売 6,500円(税込)
小中学生前売 2,000円(税込)
枚数制限:1公演につき8枚まで

■BEGIN オフィシャルサイト
https://www.begin1990.com/

■テイチクエンタテインメント
http://www.teichiku.co.jp/artist/begin/

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

\ この記事をシェア /
STORY web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

RELATED TOPICS

FEATURE

STORY RELATED KEYWORDS !

STORY SELECTED ARTICLES

Apr
20
今日の40代おしゃれコーデ

今話題のドーナツ屋さんへは【ロングチュニック×プリーツスカート】の旬レイアードで![4/19 Fri.]

PICK UP

PRESENT

BRACTMENTの「カラースカート」を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。