• TOP
  • Beauty
  • たるみが気になり始めたら、簡単「頭皮マッサージ」で即引き上げ!
Beauty大特集「十年美容」

たるみが気になり始めたら、簡単「頭皮マッサージ」で即引き上げ!

長年のマスク生活で、ほうれい線や顔のたるみが気になる人が続出中。実はそれ、頭がコチコチに凝り固まっているサインかもしれません。顔と頭皮は筋肉と筋膜で繋がっています。頭皮マッサージはフェイスケアにも有効だと浸透してきましたが、何となく頭皮を触っているだけでは効果は半減してしまいます。「ほうれい線・上まぶたのたるみ・フェイスライン」と顔の3大たるみが、たった10秒で引き上がると話題の魔法のような「頭ほぐし」を、エイジングデザイナーの村木宏衣先生に教えていただきました!

▼あわせて読みたい
本気のヘアケアは頭皮から!【白髪・薄毛・うねり】に頭皮マッサージが効くワケ

【INDEX】 教えてくれたのは
顔のたるみは、頭の”コリ”が原因かもしれません
頭の筋肉・筋膜は顔と繋がっています
ほうれい線は、側頭筋ほぐしで引き上げる!
上瞼のたるみは、前頭筋・帽状腱膜ほぐしで引き上げる!
フェイスラインのたるみは、後頭筋ほぐしで引き上げる!
気になる効果は……?Before・After

教えてくれたのは

エイジングデザイナー 村木宏衣さん

エステティックサロン、整体院、美容医療クリニック勤務を経て、独自の「村木式整筋」メソッドを確立。筋肉・骨格・リンパにアプローチするオリジナルの理論と手法で、リフトアップ、小顔、美髪、ボディメイクなど女性の悩みを解決するスペシャリストで『10秒で引き上がる 奇跡の頭ほぐし』の著者。2018年には自身のサロン「Amazing♡beauty」を開設。サロン名はスーパーモデルのケイト・モスが施術を受けた際に「Amazing!」と絶賛したことが由来。サロンワーク、パーソナル整筋指導、講演活動のほか、各種メディアでも大活躍。2023年9月に発売した「10秒で10歳若返る 奇跡のたるみリフト」も好評発売中。

顔のたるみは、頭の”コリ”が原因かもしれません

顔が老けて見える大きな理由は、頬・上瞼・フェイスラインの「3大たるみ」です。実はこの「3大たるみ」の原因は、頭の”コリ”にあることが多いのです。現代人はスマホやPCが生活の一部となり、姿勢の悪さ、歯の食いしばりやストレスで、頭から背中まで凝り固まっている人がたくさんいます。顔と頭は筋肉と筋膜で繋がっています。頭が凝って筋肉や筋膜の動きや血流が悪くなると、顔の筋肉を引き上げる力が弱くなり、たるみやシワを引き起こす原因となってしまうのです。頭が凝っているかどうか、簡単なセルフチェックで分かるので、是非自分の頭皮の硬さを確かめてみましょう。

あなたの頭の”コリ”は? セルフチェック! ☑︎頭皮が指でつまめない!
☑︎こぶしで生え際や眉の上をグリグリすると痛い!
☑︎頭皮を触るとぷよぷよしている!
☑︎額や頭頂部、襟足の左右が角ばってきた or 左右で形が異なる

1つでも当てはまる人は頭が凝っています!

頭の筋肉・筋膜は顔と繋がっています

頬のたるみ(ほうれい線)は側頭筋のコリが原因。頬や口元の筋肉と繋がっているので、凝って縮まると頬や口元が上がらずほうれい線に。

上まぶたのたるみは前頭筋、帽状腱膜のコリが原因。眉や目の筋肉と繋がっているので、凝ると眉や上まぶたが動きにくくなってしまいます。

フェイスラインのたるみは後頭部のコリが原因。凝ると顔全体を後ろに引っ張れずに輪郭のたるみに直結。

ほうれい線は、側頭筋ほぐしで引き上げる!

  • こめかみの上の骨に親指を引っかける
  • 後頭部に指を固定
  • こめかみあたりで抑えた親指を斜め上に持ち上げながら、口を大きく開けて「あ」と言う
  • 顎を下げずに「む」と言う
  • 親指の位置を変えながら、5ヶ所×10秒

1親指をこめかみに置き、残りの指で後頭部を掴む
親指をこめかみの凹んだ部分に引っかけて、手首を返して残りの指を後頭部に固定。両手で頭の下部をはさみ、親指に力を入れグッと頭を持ち上げるように引っ張ります。

2「あむあむ」と言いながら口を大きく動かす
親指で頭を斜めにグッと引っ張ったまま、「あむあむ」と大きく口を開閉。真っ直ぐ前を向いたまま行います。大きく口を開閉することで、しっかりと表面だけではなく奥の筋肉に刺激を与えることができます。

3親指の位置を5ヶ所替える
親指の位置を5ヶ所に替えていき、1〜2を同時に行う。顎を動かした時に親指で筋肉の動きを感じるように。

上瞼のたるみは、前頭筋・帽状腱膜ほぐしで引き上げる!

  • 口をぽかんと開けながら、1~2mm細かく動かす
  • 指の側面を使う
  • 生え際に沿って、筋肉を深く捉えながら細かく動かす

1生え際にこぶしをあて、細かくグリグリする
こぶしを作り、平らな面を生え際にあてる。キュッと皮膚を持ち上げてから小さく円を描いてほぐすのがコツ。口を半開きにすることで食いしばらずに行えます。

2少しずつ移動しながらこめかみまで
1ヶ所につき5回ほど、小さな円を描きグリグリと刺激を与える。頭蓋骨から筋肉を剥がすイメージでほぐして。こめかみまでまんべんなく行う。

フェイスラインのたるみは、後頭筋ほぐしで引き上げる!

  • 細かく動かす
  • 指の側面を使う
  • 上から下へ。えり足も丁寧に。

1後頭部にこぶしを垂直にあててほぐす
こぶしの平らな面を耳の後ろにあてる。頭蓋骨を感じるくらい圧をかけ、小刻みに動かしながら上から下へ向かって1〜2mm筋肉のコリをほぐす。

2下に移動し、頭のつけ根までほぐす
位置をずらしながら後頭部をまんべんなくほぐす。頭と首の境はコリが強くなりやすい場所なので丁寧に。首と肩凝りもケアすれば、背面からの引き上げ効果がアップ。

気になる効果は……?Before・After

Beforeは右唇の口角も下がり、目もぼんやりとした印象。頭皮マッサージだけで右唇の口角が上がり、瞼が引き上がって両目が大きく変化! 顔全体が引き上がり、むくみが取れて小顔になって若々しい印象に。コツを覚えれば簡単で、道具を使わないのでどこでもできる村木式「頭ほぐし」です。血流やリンパの流れを良くして凝らない状態を作ってあげれば、確実に顔は変わってきます。シャンプー時やテレビを観ながらなど「頭ほぐし」を日々のルーティーンに取り入れて、毎日の習慣にしたいものですね!

撮影/浦田 拓、イラスト/山中玲奈 モデル/久保田明日香、取材/北野法子

おすすめ記事はこちら

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Feb
26
今日の40代おしゃれコーデ

急なポカポカ陽気、ホットフラッシュ…冬の汗問題も【ケープ型コート】で余裕の笑顔に

急なポカポカ陽気、ホットフラッシュ…冬の汗問題も【ケープ型コート】で余裕の笑顔に

会員限定PRESENT

会員プレゼント

神宗の鍋つゆ「美鍋シリーズ」7種類セット(¥11,016)を計10名の方にプレゼントします!

PICK UP