• TOP
  • Beauty
  • 40代、目元のシワはポジティブに捉えていいんです|齋藤薫さん「悩み多き40代に答える、美の叡智」Vol.1
Beauty齋藤薫さん「悩み多き40代に答える、美の叡智」

40代、目元のシワはポジティブに捉えていいんです|齋藤薫さん「悩み多き40代に答える、美の叡智」Vol.1

数々の女性誌で長年活躍している美容ジャーナリスト・齋藤薫さんが、STORY読者の悩みに寄り添う連載がスタート!体の変化が目に見えて表れはじめ、不安や悩みも増えてくる40代に、美の先輩からの叡智をお届けします。

【INDEX】 読者からのお悩み【目のたるみとシワ】
40代は、シワをもっとポジティブに捉えると、シワさえキレイの元となる
おすすめアイテムはこちら

読者からのお悩み【目のたるみとシワ】

最近目の下のシワとたるみがエスカレートをしてるのを日々実感します。笑っている自分の写真を見ると、目尻と目の下に無数のシワが写っていて、すごくガッカリしてしまいます。以前のようなハリのある目元が恋しいです。

40代は、シワをもっとポジティブに捉えると、シワさえキレイの元となる

40代の笑いジワは、むしろキュート

自分の顔にシワを見つけた日は、確かにショック。シワがたとえ一本でも、絶望的になったりするものです。でも、じつはシワもいろいろ。むしろ人を美しく見せるシワもあることを、まず知ってください。

特に目もとのシワは、40代の場合、まだ「笑いジワ」であるはずで、それこそ笑顔とともにできる一般的なシワは、逆にその人をキュートに見せているケースがほとんどです。自分にはそう見えなくても、他者から見れば笑いジワは笑顔の中に溶け込んで、笑顔をより表情豊かに、あでやかに見せていることに気づいてほしいのです。

笑った時に際立ってくる目の下のたるみ感も、いわゆる”涙袋“のように、目元を華やかに見せているはず。20代がプチ整形でヒアルロン酸注射してまで涙袋を作っているのも、目元に憂いをもたらすのはもちろん、涙袋の分だけ目元がゾーンとして広がり、目が大きく見えるから。そもそもが、40代のシワたるみは表情によって一時的に作られる、未だ”仮性“のものだからこそ、目元全体を大きく華やかに見せるプラス要素のものにもなり得るのです。

つまり何より大切なのは、表情が戻ればシワたるみも消えるということ……。

シワができてもすぐに戻る、 そういう目元を作ること

ここでちょっと思い出して欲しいのは、素材によって違う、スカートのシワ。麻素材だと、座った時に脚の付け根やヒップの部分にできるシワは、立ち上がっても消えない、元通りにならないシワですが、とろんとした落ち感のある素材なら、座った時のシワも美しいドレープに見え、立ち上がった時にすっかり消えてしまうことが想像ができます。40代の皮膚は麻ではなく、文字通りジョーゼットのようなとろんとした素材感だからこそ、笑った時も美しいし、戻った時も美しいはず。

たとえ笑いジワができたとしても”一瞬で戻る“のが、まだまだ柔軟性がたっぷりある40代の肌なのです。また、そういう状態をキープするのが、シワのケアであると考えてください。今はもちろん、10年先20年先も”戻る皮膚“をキープするためにこそ、今から本気のリンクルケアで頼もしく力強いハリ作りを始めてほしいのです。

濃く長い”上向きまつ毛“で 目元のシワたるみをカバーする?

そしてもう一つ、目元のシワやたるみを目立たなくするのが、長く濃いまつ毛であり、マスカラ。おそらく20代30代の頃ほどはマスカラを塗っていない人がほとんどのはずです。最近はそれほど頑張らなくなってしまったと言う人が。

でも、本当は逆。むしろ年齢を重ねるほどにマスカラはたっぷり塗るべきだし、できるならまつ毛の量も増やしていくべきなのです。目を縁取るまつ毛が濃く長ければ、まつ毛に視線が集まり、それだけで目元のシワやたるみに目が行かなくなる。またさらに、長いまつげに上向きのカールがあれば、顔に上向きのベクトルが生まれて、こめかみから引っ張り上げたような、上向きの引き締まった顔立ち印象に見えるはず。

だから、エイジングが気になり始めたら、メイクによっても上向きの仕上がりを心がけたいのです。
シワたるみを見つけると、どうしてもそこを隠したいという衝動から、ファンデーションを厚塗りしようとしがち。でもご存知のように、シワは隠そうと思えば思うほど目立ってきます。それよりも他を目立たせることが、エイジングケアメイクの鉄則。
そうやって、メイクは常に何らかの目の錯覚をもたらすものであることも覚えておいてください。

いずれにしても、エイジングトラブルを見つけたら、ネガティブにならず、むしろ前向きに捉えて今何をすべきなのかを考えると、今までとは違った答えが見つかるはず。40代はそういう意味でまだまだ全然若い、ネガティブになる必要などないのです。

おすすめアイテムはこちら

エリクシール レチノールパワー リンクルクリーム S 15g ¥6,490/エリクシール

今までのシワ改善ケアが効かなかった人にも、ちゃんと目に見える手応えをもたらすはずの、2023年リンクルケアの決定版。エリクシールがシワのケアの最終型と言い切ったほどの実力をぜひ、自分の目元で試してみて欲しい。笑いジワができてもすぐ戻る、頼もしく力強いハリが生まれるから。

(上)エピステーム   アイパーフェクトショット 18g  ¥12,100(下)パワライズラッシュセラム 4.5mL  ¥5,500/ロート製薬

目薬の老舗であるロート製薬は、いわば目元研究のオーソリティー。そのロートの最高峰エイジングケアであるエピステームのアイケアは、だからちょっと次元が違う。

眼輪筋からのアプローチで、シワもたるみもぐるりとケアするアイケアもさることながら、医療用まつ毛育毛薬から着想を得たまつ毛美容液は、まつ毛ケア史上の傑作。まさにシワもたるみも目立たなくなるほど存在感あるまつ毛作りにぜひ。

齋藤薫さん 美容ジャーナリスト/エッセイスト 女性誌編集者を経て、現在は女性ファッション誌やネット媒体など多数の連載エッセイを担当。そのほか美容記事の企画、化粧品開発アドバイザーを務めるなど幅広く活躍中。最新刊は『一日一ページ読めば、生き方が変わる だから“躾のある人”は美しい』(集英社文庫)。

お問い合わせ先
エリクシールお客様窓口 0120-770-933
ロート製薬(エピステーム)03-5442-6008

文/齋藤薫 取材/沢亜希子 イラスト/MAKOTO

おすすめ記事はこちら

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Mar
2
今日の40代おしゃれコーデ

【ピンク×ピンク】が新鮮!脱・白合わせで大人の甘コーデをブラッシュアップ

【ピンク×ピンク】が新鮮!脱・白合わせで大人の甘コーデをブラッシュアップ

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

「胸熱オシャレ」な服を計6名様にプレゼント

PICK UP