• TOP
  • Beauty
  • 美顔器の実力って?ホントに必要? 齋藤薫さんが語る「40代が買うべき理由」
Beauty齋藤薫さん「悩み多き40代に答える、美の叡智」

美顔器の実力って?ホントに必要? 齋藤薫さんが語る「40代が買うべき理由」

数々の女性誌で長年活躍している美容ジャーナリスト・齋藤薫さんが、STORY読者の悩みに寄り添う連載がスタート!体の変化が目に見えて表れはじめ、不安や悩みも増えてくる40代に、美の先輩からの叡智をお届けします。

▼あわせて読みたい
40代、目元のシワはポジティブに捉えていいんです|齋藤薫さん「悩み多き40代に答える、美の叡智」Vol.1

【INDEX】 読者からのお悩み【美顔器は買うべき?】
すごく気になるけれど、決断できず…… 美顔器って、ホントに必要?
おすすめアイテムはこちら

読者からのお悩み【美顔器は買うべき?】

40代になり肌の衰えを感じていて、2024年の新習慣として美顔器を買おうか迷っています。そもそも美顔器って本当に必要なのでしょうか?継続して使えるかどうかも不安です。

すごく気になるけれど、決断できず…… 美顔器って、ホントに必要?

●美顔器が1番効くのが、じつは40代?

私の経験上、美顔器の効果が1番出やすいのは40代、そう言い切りたい。
そもそも40代は、化粧品の効果を最も実感しやすい時。要は“衰えは感じていても、まだ十分に後戻りできる”年代だからこそ、化粧品も効きやすいし、美顔器の効果も出やすいということなのだ。

従って、美顔器ってホントに必要?への答えは、少なくともこの世代においてはもちろんイエス!何のために?と言うなら、これはズバリ、たるみがちな肌を持ち上げることと、くすんだ肌を明るく透明に見せること。40代の頃、美顔器を使った日は、目に見えて肌が持ち上がり、透き通る明るい肌になることに感動したもの。化粧品のレベルではない、はっきりと目に見える即効性を得たいなら美顔器、そう言っていいと思う。

● 毎日がシンデレラリフト。 毎日続ければ、ずっとキレイ

ただ、美顔器で得たリフトアップの即効実感は一過性のもの。持ち上げて、明るくする手応えも、最初は1日2日しか持たないと考えてほしい。言うならばシンデレラのように、その日その日に目覚ましい効果を作るためのもの、と考えるべきなのだ。

とは言え、それを繰り返すうちに効果が積み重なってくるのは確か。正直、スキンケア化粧品の即効性も同じ、塗ってすぐに感じられる変化は、基本的にその日だけのものと考えてよく、続けることで積み重ねていくもの。美顔器は、その極端な形なのだ。あらゆる変化が劇的に表れる点に決定的な違いがあるけれど。だからこそ毎日がシンデレラケアで、持ち上がった明るい肌を保ち続けてみたいのだ。

●美顔器とは、 “美容医療”的効果の積み立て貯金

でも機能からすれば、美容機器は化粧品の仲間ではなく、むしろ美容医療と同じカテゴリーに入ってくる。もっとわかりやすく言うならば、例えば、メスを使わないリフトアップ=ハイフのような施術が1回でもたらす効果を、RF(ラジオ波)美顔器は小分けにして少しずつ積み重ねていくためのもの。美容医療の施術との違いは出力だけ。出力を家庭用の規制に従って弱めたのが美容機器なのだ。言ってみれば美容医療の効果の積み立て貯金だから、週に2、3回はマストなのである。

ただハイフは、3ヶ月から4ヶ月に1度は受けなければならず、1回の施術代が10万円近いと考えると、半永久的に使える美顔器がどれだけリーズナブルかわかるだろう。

●美顔器が向いている人と向いていない人がいる

とても単純に、ある程度マメな人でないと美容機器は続かない、そういうイメージを持つ人は少なくないと思う。でも逆に、使ったその場ではっきりと効果が見えるという意味では、人を待たせない簡潔さがある。つまり効果を待たなければいけない化粧品の方が、根気がいると言ってもいい。効果を急ぐなら、美顔器を習慣にするべきなのだ。

でもやっぱり美顔器は面倒じゃない?と言うのならば、装着したまま施術できて両手が使えるウェアラブルの美顔器を選んで。美容クリニックに通っている人はその合間に、美顔器で効果を持続させるのもあり。

●使わなくなっちゃうのが1番損。だから美顔器はしまわない

ともかく、ものぐさな人は美顔器が続かない……確かにそう、ならば、ものぐさな人はこうしてほしい。美顔器を常に目に見えるところに置いておく。美顔器は何故か、「使ったらしまわなければ」という意識に囚われがちだけれど、むしろ歯ブラシのように、いつも身近に置いておく、それだけで続くようになるはずなのだ。

どっちにしろ美顔器は、使わなくなってしまうのが一番損。使ったら使っただけ効果が出るのに。だからいつでもどこでも手にできるように、美顔器はしまわないこと。

おすすめアイテムはこちら

HAKEI ¥66,000/ヤーマン

現代最高峰の先進性、2万点の化粧品と リンクするってどういうこと?

日本初のAI美顔器。クラウド上にある2万点以上のスキンケア化粧品とリンクし、それぞれに含まれる成分に応じた波形を用いて、AI浸透とも言うべき劇的な浸透性をもたらす凄い機器。当然のこととして従来のリフトケア機能RFや筋肉運動EMSといった美顔器本来の機能を持ちながら、このAI浸透機能を備えたのだから、もう先進性は世界一!それこそプチプラ化粧水1本でもリフトケアしたような引き締まった仕上がりをもたらしてしまうと考えて欲しい。最高の美顔器を、と言うなら今はこれ!

光美顔器フォト ブライトショット EH-SL85  ¥69,300(編集部調べ)/パナソニック

強い光の点滅とショット音が やった感抜群で、たまらなく好き

美肌にとって理想的と言われる高出力LED×IPL2種類のフォトフラッシュを搭載。皮膚科専門医監修かつ、美容クリニックに学んだ処方で、本格的なフォトフェイシャルができる逸品。点滅する強い光と共に、クリニックで施術を受けているようなショット音がすることで、やった感、満足度が極めて高い。この光が、くすみや色むら、毛穴などの肌トラブルの原因にダイレクトに働きかけて、素肌を傷つけることなくトラブルをケア。透明感ある明るいきめ肌に仕上げてくれる。「ダウンタイム不要」というコピーがグッと来る。

マイトレックス EMS ヘッドスパ プロ  ¥15,950/創通メディカル

揉むだけじゃない、押す、引っ張る、 つまむ……手技再現が心地よすぎ

「内回転」と「狭可動」で硬い頭皮もピンポイントに刺激するプロの手技を超えるようなドラマチックな施術を実現。その気持ちよすぎる手応えに、高い評価が集まっている。緻密な設計のもと、4つのローラーで“開く・閉める・押す・ひっぱる・揉む・つまむ”といった6種類ものハンドテクニックを再現。3種類のブラシ先端の小さな突起が、毛穴の汚れをかき出すほど緻密な動きも。こういうヘッドスパ機器は、頭皮だけでなく顔立ちもきゅっと引き締めてくれるので1人1台は持っていたい。

デザインリフト ¥25,300/ヤーマン

ただいまバカ売れの目元装着リフトケア、 今絶対欲しい逸品

発売まもなく完売、品切れを起こすほど大人気となっているのがヤーマンの新作、目元用のデザインリフト。伸縮性と通電性を両立させた新素材ストレッチフィットシートで、どんな造作にもどんなトラブルにもぴったりとフィットして、目元を貼ったままリフトアップ。引き上げた理想の状態をキープしながらEMSで眼輪筋を直接ケアするという方法に辿り着いた、複合的な技が素晴らしい。装着したままのウェアラブルだから、ものぐさな私にも最適。今、私が絶対欲しいのはこれ。

スチーマーナノケア EH-SA0B ¥49,500(編集部調べ)/パナソニック

ただ浴びているだけの 上級美肌スチームケアは極上の体験

元祖美肌スチーマー、パナソニックのナノケアはやっぱり強力。ナノサイズ濃密ダブルスチームが、スチームのパックのように顔を包み込んでくれる。もちろんデコルテから肩まですっぽりと。化粧水ミストとのダブル保湿でもちもちのうるおい肌へ。
3つのコース、2つのミスト仕様はさすが本格派。選べるプログラムも豊富で緻密。温スチームコース(約12分)クリア肌コース(約13分30秒)ハリ・弾力コース(約12分)。化粧水ミストや冷ミストも選べる仕組みとなっている。ただ浴びているだけの上級美肌ケアは極上の体験だ。

齋藤薫さん 美容ジャーナリスト/エッセイスト 女性誌編集者を経て、現在は女性ファッション誌やネット媒体など多数の連載エッセイを担当。そのほか美容記事の企画、化粧品開発アドバイザーを務めるなど幅広く活躍中。最新刊は『一日一ページ読めば、生き方が変わる だから“躾のある人”は美しい』(集英社文庫)。

お問い合わせ先
ヤーマン 0120−776-282
パナソニック 0120−878−697
創通メディカル 092-260-7366

文/齋藤薫 取材/沢亜希子 イラスト/MAKOTO

おすすめ記事はこちら

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Apr
18
今日の40代おしゃれコーデ

数年ぶりの同窓会!ハッピーオーラ全開の【カラーニット】でフレッシュに

数年ぶりの同窓会!ハッピーオーラ全開の【カラーニット】でフレッシュに

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

春に役立つ万能な服を計6名様にプレゼント

PICK UP