DigitalistLifestyle

[シンガポール発]お鍋で作る炊き込みご飯

こんにちは。

シンガポール在住のGakkoです。

 

外出規制中の今、食事はほぼ毎日、3食を家族で一緒にいただくことになりました。

シンガポールで購入した炊飯器は美味しくご飯が炊けないので、我が家ではお鍋でご飯を炊いているのですが、家族全員一緒に食事ができる今、お鍋で炊く炊き込みご飯は熱々の出来立てを揃っていただけるお薦めのメニューです。

家族にも好評なのでご紹介させていただきます。

 

基本的にお米と水は同量。

お米2カップに水2カップといった具合です。

炊き込みご飯の場合、調味料を加えた調味液をお米と同量用意します。

研いだお米に計った水もしくは調味液を加え、15分程度吸水させてから、具材をトッピングしお鍋の蓋をしたまま強火で炊いて、水分が吹きこぼれる寸前で火加減をごく弱火にし、10分炊いて、火を止めて15分程度蒸らして出来上がりです。

 

☆ビビンバ☆

 

お鍋で白米を炊いて、ナムル数種類、キムチ、小葱をトッピングしコチュジャンをのせてよく混ぜていただきます。

目玉焼き、韓国海苔をトッピングするとさらに美味しいです。

ビビンバの場合、ご飯をごく弱火で10分間炊いた後、蓋を取って20~30秒程度強火にかけてから蓋をして蒸らすと、おこげができて、石焼ビビンバ風に仕上がります。

 

☆中華風おこわ☆

 

前日の夜に作った煮チャーシューを使って人参、椎茸ともち米を炊きこみました。

もち米はシンガポールのローカルスーパーマーケットで売られていた、タイ産のもち米を使いました。

 

 

材料は全て角切り。

調味液は水にチャーシューの煮汁を加えたものを使用しました。

炊き上がったら、パクチーと小葱をトッピングしていただきます。

 

☆鮎ご飯☆

 

日系のスーパーマーケットで鮎が手に入ったので大好きな鮎ご飯を作ってみました。

研いだお米の上に塩焼きした鮎と昆布を1切れのせて、酒、醤油を加えた出し汁で炊きます。

鮎の頭と内臓を取り除いてから、魚をほぐして、全体によく混ぜていただきます。

 

☆サーモン&いくらごはん☆

 

生サーモンの皮を取り除いておきます。

お米に生サーモンと昆布をのせて、酒、醤油を加えた出し汁で炊きます。

炊き上がったら、小葱(三つ葉があれば三つ葉がお薦めです。)をトッピングして全体的によく混ぜて、イクラをトッピングしていただきます。

 

 

 

☆パエリア☆

 

先ずお鍋で鶏手羽先を焼いて取り出し、そのままのお鍋にオリーブオイル、にんにく(みじん切り)、玉ねぎ(みじん切り)、トマト(種を取ってみじん切り)を加えて炒め、玉ねぎがしんなりしたら研いだお米、水+白ワイン、塩、サフランを加えてから、鶏手羽先を並べ、隙間にあさりを並べ、蓋をし強火で5分、その後ごく弱火で10分炊いて蓋を開けパプリカ(角切り)、生唐辛子(小口切り)をトッピングして蓋をして15分程度蒸らして出来上がりです。

 

 

小葱をトッピングしてレモンを添えていただきます。

 

外出規制中の今だからこそ、時間のかかるお料理も楽しんで作ることが出来ます。

スーパーマーケットは品薄気味ですが、限られた材料で献立を考えるのも楽しみの1つになっています。

詳しいレシピはブログやインスタグラムでご紹介しております。

 

ブログ: Positive life in Singapore

https://ameblo.jp/salonthegyalo/

インスタグラム @gakko_recipe

https://www.instagram.com/gakko_recipe/?hl=ja

gakko
FROMgakko シンガポールは様々な文化を体験できる上に常夏です。シンガポールの魅力に魅せられた私が、シンガポール生活を中心にガイドブックに無いような情報をお届けします。
記事一覧を見る >
-Keywords

FEATURE

Jun
5
今日の40代おしゃれコーデ

シャツセットアップの間違いない定番【マディソンブルー】をチョイス[6/5 Fri.]

シャツセットアップの間違いない定番【マディソンブルー】をチョイス[6/5 Fri.]

PICK UP

PRESENT

Elura「セットアップ」を計6名様にプレゼント!

Elura「セットアップ」を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。