• TOP
  • Lifestyle
  • バレーボール日本代表・髙橋藍さんの母・小百合さん「全く興味がなかった息子がバレーを続けられたのは…」
Lifestyle特集

バレーボール日本代表・髙橋藍さんの母・小百合さん「全く興味がなかった息子がバレーを続けられたのは…」

せっかく今まで取り組んできたスポーツを子どもが急に「やめる」と言い出した。これを乗り越えれば成長するかもしれないのに……。そんな時は、どうやって対処すればいいのか。若きアスリートの母たちに聞きました。

今回はバレーボール男子日本代表 髙橋 藍選手の母・小百合さんです。

▼あわせて読みたい
バレーボール日本代表・髙橋 藍 選手の直筆”未来予言作文”公開! 母・小百合さんの子育て秘話も

目次 ★ 「どうやったらバレーボールをやめられるん?」と言われた時期もありました


「どうやったらバレーボールをやめられるん?」と言われた時期もありました

バレーボール男子日本代表 髙橋 藍選手(22歳)
2001年京都府生まれ。高校卒業後日本代表に初選出。現在、イタリアセリエAのモンツァで活躍中。

<母>髙橋小百合さん(49歳)主婦
父がアメリカ人、母が日本人のハーフ。中高時代は軟式テニス部。高校時代は近畿大会出場経験あり。


――パリオリンピック出場権獲得の試合では大活躍でした。藍さんは小さい頃からバレーボールに興味があった?

「いえ、全くありませんでした。むしろ、したくなかったぐらい(笑)。夫は高校球児だったので、夫婦2人ともにバレーボールを知りませんでした。兄の塁が近所のチームに加入して、藍もそこに連れて行っていましたが最初は見ていただけ。ところが、ある日、監督が藍に『メンバー足らんから来て。ポケモンカードあげるから』。それが始めたきっかけです(笑)。

もともと藍は何でもそつなくこなすタイプだったのですが、始めた頃は、ボールを1球打つごとに『いつまでやるん?』と言っていて、全くやる気がなかった。そして、塁が中学に入学してチームを抜けた時に『やめたい。なんで俺が行かなあかんの? どうやったらやめさせてくれるん? 土日も友達とゲームして遊びたい!』と、泣いて訴えてきたことがあります」。

――それでもやめさせなかったのは?

「もしやめたら、たぶん家でゲームばかりするようになる…と思い、その時は『ああ、わかった、わかった…』と曖昧に返していたことが良かったんでしょうか(笑)。その後ほどなくして、小学校の卒業文集には『プロになる!』と書き、さらに『中学でお兄ちゃんと一緒のバレー部に入る』と言い出して。驚きましたね。やはり、私より兄の存在が大きかったのかもしれません。藍は『今がいちばん楽しい』と言ってくれて嬉しい。あの時、やめさせないで良かったと本当に思います」。

○ 私なんかより、兄の存在が大きかったのかもしれません

  • 塁が3歳、藍が2歳頃。小さな頃から兄の背中を追っていました。
  • 小学生時代からレシーブは得意でした。
  • 2020年インカレで兄弟対決。藍は日体大1年で塁は日大3年、勝負は藍の日体大が勝利。
  • 国体でも兄と一緒に出場。

写真提供:日本バレーボール協会 JVA2023-12-141

取材/東 理恵 ※情報は2024年4月号掲載時のものです。

おすすめ記事はこちら

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Jun
19
今日の40代おしゃれコーデ

新しいママ友とランチ会【人間関係に効くカラーコーデ】でなごやかムードに

新しいママ友とランチ会【人間関係に効くカラーコーデ】でなごやかムードに

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

ムダ買い先生に教わる最高の1着を計6名様にプレゼント

会員プレゼント

STORY experience会員「推し活」アンケート&プレゼント

PICK UP