• TOP
  • Lifestyle
  • 宮崎宣子アナ(44)都会に憧れアナウンサーになったものの落ちこぼれを痛感する日々、体調不良をきっかけに起業し奮闘中
Lifestyleピープル

宮崎宣子アナ(44)都会に憧れアナウンサーになったものの落ちこぼれを痛感する日々、体調不良をきっかけに起業し奮闘中

宮崎出身の宮崎宣子さん(44)。「地元で学校の先生になってほしい」という両親からの強い願望に戸惑う青春時代。当時、楽しみにしていたドラマやファッション誌から垣間見れる東京が地元宮崎と全く違うことに気づき、一度は都会を見てみたいと思い、地元宮崎を出て東京にいくために考えた職業がアナウンサーになることでした。宮崎での学生生活からアナウンサーになってからの失態まで語っていただきました。

▼あわせて読みたい
宮崎宣子さん、先の見えない不妊治療の末に44歳で出産「もうこれで最後にしましょうという先生の言葉が救いに」

INDEX 将来のことでモヤモヤしていた思春期に見た番組で、これだ!アナウンサーになるしかないと思いました
都会への憧れもあり、自分の知らない世界を知りたいと思っていました
念願のアナウンサーになってからは、落ちこぼれで大変でした
自律神経を崩してしまった経験から起業し、経営を学ぶために大学院に通っています
宮崎宣子さんprofile 1979年生まれ。早稲田大学卒業後、2002年から10年間日本テレビのアナウンサーとして、「世界仰天ニュース」や「ラジかるッ」を担当。2019年4月より個人事務所を立ち上げ、起業家としてもオーガニックハーブを使ったボディーケアブランドEMARA株式会社の代表としても活躍中。現在早稲田大学大学院にて経営管理研究科に在籍中。

将来のことでモヤモヤしていた思春期に見た番組で、これだ!アナウンサーになるしかないと思いました

私は宮崎県生まれなのですが、父が高校の教師で母からはとにかく学校の先生になりなさいと常に言われていました。親に敷かれたレールのままでいいのかとモヤモヤしてたときにテレビでバラエティ番組のNG集をしていたんです。アナウンサーの方が流行りのお店に行ってお酒を飲んで、酔っ払ってしまいうまく進行できなくてNGという内容でした。この時にアナウンサーという職業にピンときたんです。いち早くトレンドの場に行けて、様々な方々とも会える未知の世界。身体に電気が走った気がしました。アナウンサーになる!と志したのが高校1年生の1月2日(笑)。決めた翌日には放送部に入ってましたね。アナウンサーという職業なら働く姿をテレビを通じて両親に見せることができるし、一度東京へ行ってみたいという思いもありました。

その後アナウンサーになるためには、マスコミに強い大学に進学したいと早稲田大学を目指しました。母は地元にいて欲しいと願っていたと思うのですが、私は早稲田に合格することを目標に高校生活を送りました。九州の人って地元を出してもらっても、まずは福岡までの人が多いのですが、父が学生の頃に早稲田大学の前で学帽をかぶって高下駄を履いている写真を見たことがあり、早稲田なら出してくれるだろうと思ったんです(笑)。

都会への憧れもあり、自分の知らない世界を知りたいと思っていました

何故、東京へと考えていたかというと私はドラマが大好きで、思春期はドラマのなかで都会を感じて楽しんでいました。学校の帰りにカフェでお茶をするシーンとか、本当にこういう世界あるの?と思って憧れていましたね。高校時代は帰り道に自動販売機が一個あるかないかの田んぼ道だったので、東京の女子高生ってどんな生活なんだろうと。自転車で月明かりを街灯代わりに帰りながら田んぼに落ちたりしている私とは、もう全く違いますよね(笑)。

でも、そんな大好きなドラマも宮崎では飛ばされることが多かったんです。当時は野球放送が優先されていて2話の次は5話なんてこともありました。宮崎の人は怒らないんですよ。「そうやっちゃ~、残念!」で終わるんです。優しいですよね。しかも宮崎は2つの民放のチャンネルしかないので見られるドラマと見られないドラマがあり、さらに月9と言われていたドラマは2週間遅れの土曜の夕方4時半だったような。なのでいつか全部のドラマを見たいと思っていました。東京に来た時は、テレビのチャンネルがたくさん映って嬉しかったですね。

また、宮崎にはトレンドも全然届かなかったんです。例えばルーズソックスが東京で流行っていたとき、中途半端な長さのルーズソックスしか宮崎には来なくて…。8ヶ月遅れでちょっと長いのが届いた時にはもう世の中のブームは過ぎていたような…やっと流行りが行き渡った時には紺のハイソックスが次のトレンドになっていました。

ファッショントレンド以外にもそういうことはあって、当時、ローソンが宮崎にはなかったのですが鹿児島のローソンのCMがなぜか流れてて。ローソンに憧れていました。宮崎にもローソンが出来た時はみんなで行きましたよ。からあげクンを初めて買ったときはレシートを生徒手帳に貼って、印籠のように見せびらかしてましたね(笑)。「すごーい!ローソンだー!」ってみんなで言ってました。都会には、自分が知らない楽しいことが沢山あるんだと思っていましたね。

高校卒業後は早稲田大学に進学して、アナウンサー試験を受けて日本テレビに入社しました。ここまでは思い描いた通りでしたが、ただ、宮崎の私の地域は日テレが放送されてないんですよ(笑)。だから「日テレってなんチャンだっけ?」って両親は言っていました (笑)。

念願のアナウンサーになってからは、落ちこぼれで大変でした

念願のアナウンサーにはなれましたが、そこからは険しい道のりでした。まずは宮崎の訛りが直らず、なかなかデビューできなかったんです。同期や周りがどんどんデビューしていなか、レギュラーもナシ。本当に落ちこぼれスタートでした。まずは与えられたことを頑張るしかないと思い、真面目に取り組んでいたら4年目で初めてのレギュラー「ラジかるッ」と週担当で「世界仰天ニュース」が決まりました。4年目で初のレギュラーはかなり遅かったと思います。「ラジかるッ」は生放送なんですが、せっかく決まったレギュラーなのになんと遅刻してしまったこともあって。9時54分から放送予定だったのですが、起きたら9時(笑)。もうすでに代わりの先輩も用意されていて、起きた瞬間に「終わった…」って思いました。「宮崎が○○分来てない」というテロップがずっと出ていて。分数だけがカウントされていくんです。急いで行きましたが、ひどく怒られました。ただ、その回の視聴率はかなり良かったみたいです(苦笑)。

自律神経を崩してしまった経験から起業し、経営を学ぶために大学院に通っています

30歳を越えて早朝番組を担当するようになりました。そうすると昼夜逆転の生活が続き、自律神経を崩してしまったんです。薬を飲んでいたんですが、副作用に悩まされました。その時に出会ったのがハーブティーでした。病院の医師からハーブティーでも飲んでみたら?と勧められた時は「ハーブティーなんて美意識高い女子が飲むもの」というイメージであまり信じていなかったのですが、当時は治したい思いで藁をもつかむ気持ちで飲み始め、半年かけて飲んでいくうちに薬を一切飲まずに回復したんです。ハーブに救われたことをきっかけにハーブの薬効を使ったビジネスができないかと考え6年前から起業しました。

ハーブの資格を取得し、ハーブ園を運営したり、ヨーロッパへ取材に行き農学博士の先生とオーガニックハーブを使って情熱を持ってモノ作りに臨みましたが、経営に対しての知識や経験が全くなくて。せっかくいいものを作っても私の知識不足次第では会社が潰れてしまうという焦りと不安から、経営者として学び直そうと大学院に通い始めました。今後は海外展開も視野に入れていきたいと思っています。

ジレ¥9,900(アテニア)チューブトップ¥2,290(UNIQLO)スカート¥39,600(マルモア/DMC)フラットパンプス¥56,100(プリティ・バレリーナ/F.E.N.)ピアス¥39,600<ミチ ウィルウェイ>ネックレス[ショート]¥49,500[ロング]¥74,800リング[右手]¥53,900<すべてアナプノエ>バングル¥11,550<エイチアッシュ>ダブルフィンガーリング[左手]¥37,400<モニス>(すべてフォーティーン ショールーム)

SHOP LIST
アテニア https://www.attenir.co.jp/index.html
F.E.N. 03-3498-1642
DMC https://www.marmors.jp/
フォーティーン ショールーム 03-5772-1304
UNIQLO 0120-170-296)

撮影/浜村菜月 ヘア・メーク/榎田茉季(ROI)スタイリスト/中村真弓 取材/小出真梨子

おすすめ記事はこちら

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Jul
15
今日の40代おしゃれコーデ

ふわり風をはらむ【コットンボイルの夏ワンピ】で長袖でも涼しげ

ふわり風をはらむ【コットンボイルの夏ワンピ】で長袖でも涼しげ

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

長い夏を乗り切るモト取れ服を計6名様にプレゼント

会員プレゼント

赤ちゃんから使える!「アネッサ パーフェクトUV マイルドミルク NA」を5名様にプレゼント

PICK UP