• TOP
  • Lifestyle
  • 宮崎宣子さん、先の見えない不妊治療の末に44歳で出産「もうこれで最後にしましょうという先生の言葉が救いに」
Lifestyleピープル

宮崎宣子さん、先の見えない不妊治療の末に44歳で出産「もうこれで最後にしましょうという先生の言葉が救いに」

不妊治療の末に44歳で出産した宮崎さん。10歳年下の夫と再婚した年齢が40歳を越えていて、もうそういう未来はないだろうなと思っていたそうですが、後悔だけはしないように一度病院に行ってみたことがきっかっけで、41歳で不妊治療を始めることに。何度トライしても結果がついてこない現実に自分を責めてしまうこともあり、出産まで不安な日々は続いたといいます。宮崎さんに当時のことを詳しくお聞きしました。

▼あわせて読みたい
宮崎宣子アナ(44)結婚はもうしない!と思っていた8年後、41歳で再婚「現夫のポジティブ精神のおかげ」

INDEX 子どもは諦めていましたが、後悔しないようにと夫婦で話し合い治療を決めました
初めての妊娠、不安は出産の日まで続きました
初めての妊娠、不安は出産の日まで続きました
ダメだった理由がわからなまま治療を続けることが一番しんどかったです
離婚後の再婚も、不妊治療からの妊娠、出産も想像していませんでした
宮崎宣子さんprofile 1979年、宮崎県生まれ。早稲田大学卒業後、2002年から10年間日本テレビのアナウンサーとして、「世界仰天ニュース」や「ラジかるッ」を担当。2019年4月より個人事務所を立ち上げ、起業家としてもオーガニックハーブを使ったボディーケアブランドEMARA株式会社の代表としても活躍中。現在早稲田大学大学院経営管理研究科に在籍中。

子どもは諦めていましたが、後悔しないようにと夫婦で話し合い治療を決めました

高齢ということもあって、子供のことは考えていませんでした。まさか再婚するとは思ってもいなかったですし。ただ、夫と出会ってから結婚の話が出た時に、今は諦めているけれど、例えばこの先に子供がいたらどうだったんだろうと思う日が来るかもしれない。あの時何かやっておけば良かったと思うかもしれない。正直タイムリミットはあるし、できなくてもいいから後悔しないようにダメ元で、一度病院へ行ってみようと話し合い、治療を始めました。

なかなか思うような結果は得られず、ダメ元と思っていたのにやはりはじめると期待してしまうもので…。ダメだった時の落胆といつまで続けていいか分からない現実に自分を責めることもありました。

初めての妊娠、不安は出産の日まで続きました

何回か挑戦したものの、結果が出ず、落胆していたとき先生に「次の挑戦でダメだったらもうこれで最後にしましょう」と告げられました。自分でも意外だったのですが、次で最後の治療にしようと決められてからはすごく気持ちがスッキリしました。最後の治療の前日には打ち上げのような気持ちでお寿司をたらふく食べて臨みました。悲しいという気持ちよりも、正直これでもう辛い不妊治療を終えられるという気持ちのほうが強くなってましたね。

初めての妊娠、不安は出産の日まで続きました

最後の治療の結果の末、妊娠することができました。「妊娠してます」と言われても、「本当ですか?」と何度も聞き返していましたね。妊娠していても不安は拭えず、赤ちゃんの成長が遅めかもしれないと言われていたので、毎回の診察で「大丈夫ですか?」は口癖のようになっていました。

産まれるまでは不安のままでしたが、無事男の子を出産しました。今9ヶ月でやっと長く寝てくれるようになったのですが、8キロを超えてきた息子の抱っこばかりで肩がバキバキです(笑)。どんなに子育てが大変でも、息子の存在がそこにあるというだけでとても愛おしく思えるんです。

ダメだった理由がわからなまま治療を続けることが一番しんどかったです

不妊治療のしんどいところは「ダメでした」と告げられる瞬間。だんだん診察室に入った瞬間の先生の顔の表情でわかるようになっていましたね。なんだろう、例えば、テストや受験などは自分の実力不足が原因だって理由がわかるので納得できるのですが、不妊治療の場合は今回何が原因でダメだったか、理由がわからないんですよね。なので何をしたらいいかを調べて、これが妊娠にはいいよと言われると何でも試したくなる。それでもまたダメだと、なんで?…。の繰り返し。食生活が悪いのかな、あの日身体を冷やしたからかなって原因がわからないからこそ、自分を責めてしまうんです。

私の場合「もう難しいかも」と先生が言ってくれたことで気持ちが救われました。もうこれ以上は無理なんだと限界も知れましたし、ダメだったら夫婦2人で生きていく覚悟でいました。

離婚後の再婚も、不妊治療からの妊娠、出産も想像していませんでした

今振り返ると40歳を越えての出産は簡単な道のりではなかったのですが、私の場合はこの歳で授かってよかったと思うこともあります。この歳だからこそ、育児に対して多少俯瞰で見られる余裕があるように思います。また区の制度が充実していたり、産後ケア施設を利用できたりと、高齢でも助けてくれる環境が整っていてとても救われました。離婚後の再婚も、不妊治療からの妊娠、出産もこんな未来があるなんて想像もしていませんでした。これからもどんな未来が待っているのか分からないからこそ、一日一日を丁寧に大切に過ごしていかなくてはと思っています。

ジレ¥9,900(アテニア)チューブトップ¥2,290(UNIQLO)スカート¥39,600(マルモア/DMC)フラットパンプス¥56,100(プリティ・バレリーナ/F.E.N.)ピアス¥39,600<ミチ ウィルウェイ>ネックレス[ショート]¥49,500[ロング]¥74,800リング[右手]¥53,900<すべてアナプノエ>バングル¥11,550<エイチアッシュ>ダブルフィンガーリング[左手]¥37,400<モニス>(すべてフォーティーン ショールーム)

SHOP LIST
アテニア https://www.attenir.co.jp/index.html
F.E.N. 03-3498-1642
DMC https://www.marmors.jp/
フォーティーン ショールーム 03-5772-1304
UNIQLO 0120-170-296)

撮影/浜村菜月 ヘア・メーク/榎田茉季(ROI)スタイリスト/中村真弓 取材/小出真梨子

おすすめ記事はこちら

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Jul
15
今日の40代おしゃれコーデ

ふわり風をはらむ【コットンボイルの夏ワンピ】で長袖でも涼しげ

ふわり風をはらむ【コットンボイルの夏ワンピ】で長袖でも涼しげ

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

長い夏を乗り切るモト取れ服を計6名様にプレゼント

会員プレゼント

赤ちゃんから使える!「アネッサ パーフェクトUV マイルドミルク NA」を5名様にプレゼント

PICK UP