DigitalistLifestyle

不思議な神社◇蚕の社

 

京都の岡本エリです。

今回は、ふらっと立ち寄れるミステリースポット?へ行ってきました。

 

京都市右京区太秦にある「蚕の社」

正式名称

「木嶋坐天照御魂神社(このしまにますあまてるみたまじんじゃ)」。

「木嶋神社」とも呼ばれています。

ちょうど前日にお祭が終わったようで、看板などの名残が。

木々が取り囲む境内を、神社の奥へ奥へと進むと。

え―っ!?

なんで?

穏やかな朝で、風もないのに

提灯が大揺れ。

薄紙も風になびいているかのように、

かなりの角度が出ています。

この部分だけが強風?(@ ̄□ ̄@;)!!

手をかざしてみてもそんなに風を感じないのに。

不思議、というよりちょっと怖いかも。

(参拝後に確認した時には、ピタっととまっていましたΣ( ̄□ ̄|||))

 

なぜかわからないまま参拝へ。

その途中、左方向に目を向けると…。

ミステリアスな雰囲気の空間が。

柵で囲われた禁足の場所に、

不思議な鳥居が。

これは、「三柱鳥居」という珍しい鳥居。

わかりますか?

柱が3本あるんです!

京都三珍鳥居に数えられています。

(あとの2つは、京都御苑・厳島神社の唐破風鳥居と北野天満宮・伴氏社の蓮座鳥居です)

どうして、こんな形の鳥居が出来たのかは謎なままだそうですが、

ネットなどで調べてみるといろんな説があって面白いですよ。

 

◇キリスト教が由来説

◇宇宙の中心説

◇どの方向からでもお参りしやすいように説

など、いろいろと出てきます。

 

本当のところは、誰にもわかりません。

 

場所は、嵐電の「蚕ノ社」駅から徒歩3分。

路面電車で街の風情と秋を感じながらの参拝もいいですね。

 

 

木嶋坐天照御魂神社

京都市右京区太秦森ヶ東町50番地

075-861-2074

 

 

岡本エリ
FROM岡本エリ 小学生の娘2人と夫の4人暮らし。子育てと仕事のバランスが心地よい毎日。部屋を飾るのが好き。食器を見て歩くのが好き。布をまとっているような服が好き。奥深さと斬新さ、美しさが共存する京都が大好き。京都の魅力をたくさん見つけていきたいと思います。
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
STORY web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

Oct
22
今日の40代おしゃれコーデ

10/22 Sun. 艶やかさもまとえるチェックで、エッジの効いた大人に

RANKING

PICK UP

PRESENT

グーコミューンの「エコファー付きニット」を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。