DigitalistLifestyle

森羅万象を描き尽くす!特別展「北斎づくし」

六本木・東京ミッドタウンホールで開催中の葛飾北斎生誕260年記念 特別展「北斎づくし」。

北斎の代表作『北斎漫画』「冨嶽三十六景」『富嶽百景』の全頁・全点・全図を展示替えなしでいっぺんに鑑賞できるという、前代未聞の特別展です。

  • 『北斎漫画』展示風景
  • 『北斎漫画』展示風景
  • 『北斎漫画』展示風景
  • 『北斎漫画』展示風景

絵手本『北斎漫画』の展示空間に、気分はいきなり高揚!
壁から床から展示ケースにバナーまで、視界を埋め尽くす『北斎漫画』の世界。天才絵師の創作現場に入り込んだようなワクワク感♡

北斎50代半ば頃に初版が刊行された『北斎漫画』は、反響の大きさから急遽シリーズ化が決定。90歳で北斎が没した後も続刊され、十五編をもってようやく完結となりました。

今回、全編883ページをすべて見開きの状態で展示するという驚異の構成に使われた原本の数、なんと約500冊!質・量ともに世界一の北斎コレクターとして知られる浦上満氏の全面協力があってこそ実現した企画です。

動植物から人物、風景、建築、故事に幽霊、さらには風や光といった絵にはならないものまでを墨線のみで表現した『北斎漫画』は、絵による江戸の百科事典。北斎自身にとってもアイデアの宝庫であり、後の作品にそっくりなモチーフを見ることができます。

  • 葛飾北斎画編『踊独稽古』浦上満氏蔵
  • 北斎改葛飾戴斗『三体画譜』浦上満氏蔵
  • 葛飾前北斎戴斗老人筆『画本早引』前編 浦上満氏蔵
  • 武蔵北斎戴斗先生嗣意『一筆画譜』浦上満氏蔵

『踊独稽古』は当時流行っていた曲の振り付け、の闇練本。すっとぼけた表情のキャラクターがたまらない!

書体ならぬ「画体」の教科書、『三体画譜』。真=正確に、行=少し略して、草=かなり崩して描くという、ひとつのモチーフを異なるタッチで描き分けた絵手本です。

『画本早引』は、いろはで引ける「画」の辞書。写真は「ぬ」のページ、「額づく」といった動作を表す絵柄から妖怪「ヌワペラポウ(のっぺらぼう?)」まで、ことば選びもユニーク。

作画における究極の草書体、『一筆画譜』も味わい深く。繊細な観察眼と、ひと筆で対象を見事に描写しきる匠の技術。ゆる可愛い感じがまたなんとも♡

「冨嶽三十六景」展示風景

次は一気に別世界!富士山を主題に描かれた大判錦絵の風景画揃物「冨嶽三十六景」の展示室へ。
藍の主版を用いた36点に加え、好評につき追加となった墨の主版を用いた10点、計46点すべての作品がずらりと並びます。

  • 葛飾北斎「冨嶽三十六景 神奈川沖浪裏」 山口県立萩美術館・浦上記念館蔵(浦上コレクション)
  • 葛飾北斎 「冨嶽三十六景 凱風快晴」 山口県立萩美術館・浦上記念館蔵(チコチンコレクション)
  • 葛飾北斎「冨嶽三十六景 山下白雨」 山口県立萩美術館・浦上記念館蔵(浦上コレクション)
  • 「冨嶽三十六景」展示風景
  • 「冨嶽三十六景」展示風景

“The Great Wave”として海外でもよく知られる《神奈川沖浪裏》、「赤富士」の名で親しまれる《凱風快晴》、対して「黒富士」と呼ばれる《山下白雨》。「冨嶽三十六景」のなかでも特に人気の高い三役です。

美人画や役者絵が主流だった浮世絵界に、風景画という新たなジャンルを確立した「冨嶽三十六景」。
大胆な構図と、当時西洋から新たにもたらされ大流行していた人工顔料「ベロ藍」の透明感ある美しい青色。
北斎の卓越した画力は言うまでもなく、彫師と摺師の職人技にも改めて唸らされます。

「冨嶽三十六景」刊行時、北斎は72歳。60代後半に脳卒中から自力で復活(!)した後にこの世界的な名作を描き上げたとは、本当にすさまじい生命力です・・!

Digital Hokusai 会場風景

こちらは超没入シアター「Digital Hokusai」 の空間。
壁面の大型スクリーンと設置された和紙製の特製スクリーンを北斎のイラストが飛び交う、現代版パラパラ漫画!

展示風景

北斎が挿絵を手掛けた読本がずっしり積まれたコーナーも。
40代半ばから50代にかけて曲亭馬琴と組み人気を博した『新編水滸画伝』『椿説弓張月』、そして晩年に携わった『釈迦御一代図絵』まで、ダイナミックで臨場感あふれる描写は現代の劇画かと見まごうほど。

『富嶽百景』展示風景 写真提供:凸版印刷株式会社

最後は、神話や伝説を交えた四季折々の富士山の姿を描いた北斎絵本の最高傑作『富嶽百景』、全3編の全102図が並ぶ展示室です。
「冨嶽三十六景」から間をおかずして、それを上回る数の富士山を描き尽くした北斎。江戸の富士信仰ブームとともに、自身の「まだ描き足りない!」という情熱が爆発していたのでしょうか。

北斎は20歳でデビューし90歳で亡くなるまでに、画号(ペンネーム)を30回も変えています。(ちなみに引っ越しは93回!)『富嶽百景』を刊行した75歳のときの画号、「画狂老人卍」。強い・・!

『富嶽百景』は初編の跋文(あとがき)も有名です。全国に弟子が200人もいる人気絵師でありながら、「70歳までに描いた絵は取るに足りないもので、73歳にしてようやく動植物の骨格や出生を悟ることができた」と述べ、この先80、90、100歳を超えてもさらなる成長を確信していた北斎。
・・私たち40代なんてきっと「へのへのもへじ」もおぼつかないレベルですね、まだまだこれから!

展示室を出た後は、余韻に浸りつつミュージアムショップへ。限定グッズも盛りだくさん、ポスターのようなデッカい公式図録も楽しい!オンラインショップもあるので、会場にお越しになれない方もチェックしてみてください。

イベントホールという大空間で、北斎の小さな作品をどうやってみせるのだろう?と、会場演出にも興味津々だった本展。こんなにカオスで心躍る空間で北斎ワールドを堪能できるなんて♡
かつてない北斎体験を、この夏ぜひ!

【 展覧会情報 】
生誕260年記念企画 特別展「北斎づくし」
会場:東京ミッドタウン・ホール [東京ミッドタウンB1]
会期:開催中~2021年9月17日(金)
開館時間:11:00~19:00(最終入場18:30)
休館日:8月10日(火)、8月24日(火)、9月7日(火)
※最新情報は公式サイトでご確認ください。

FEATURE

Oct
22
今日の40代おしゃれコーデ

ハイブランドのブローチをオンしてカジュアルスウェットをお出かけ着に![10/22 Fri.]

ハイブランドのブローチをオンしてカジュアルスウェットをお出かけ着に![10/22 Fri.]

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

いつもの服が見違える一点投入服を計6名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

会員プレゼント

森公美子さんも出演! オペレッタ「こうもり」の公演チケットS席を3名様にプレゼント!【会員限定プレゼント】

雑誌購入限定プレゼント

COVERMARKのコスメを計20名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

会員プレゼント

星野リゾート宿泊ギフト券¥50,000を1名様にプレゼント【会員限定プレゼント】

PICK UP