DigitalistTravel

【金沢発】現代アートって楽しい!奥能登国際芸術祭2020+

こんにちは。
加賀百万石の金沢・石川県の魅力を
全国に発信しています。
金沢在住STORYデジタリストの
坂爪奈津子です。

今回は
ダイナミックな現代アートと
自然や街並みが融合する
とっても素敵な展覧会
「奥能登国際芸術祭2020+」の話題です。

石川県能登半島のいちばん奥に位置する
珠洲市をまるごと会場に開かれた
現代アート展。

美しい海、山、街並みだけでも
見てて癒されるのに
ここに現代アートがコラボして
新しい魅力が発信される。

期待が膨らみます♪

・・と、
そんなステキな自然を会場に
突如現れた大きな現代アート作品。

作品No.4
『私のこと考えて』
スボード・グプタ〈インド〉

つやつやとした銀色のバケツから
カラフルなものが流れ出て
珠洲の景色と
不思議と融合しています。

そして近づいて見てみると・・

作品を構成しているのは
なんと漂着物。

つまり海のゴミなんです。

環境問題も考えさせる
作品になっています。

こちらは
作品No.39
『😂』
ディラン・カク[郭達]〈香港〉。

なんだか愛らしいぬいぐるみみたいなのが
ドーンと座ってますね(^^)

こちらはお猿さんのバルーン。

スマホに没頭する私達人間を
象徴しているんだそうです。

確かにこんな感じで
日々スマホを触っているかも(笑)

・・と、いうわけで
お猿さんの隣に座って
撮影してみました!

いかがでしょう?
なんだかユーモラスな雰囲気の1枚に
なったかなぁー、と♪

会場となっているのは
廃線となった路線の駅。

駅を作品の設置場所にしたのも
スマホに依存しがちな現代社会を反映する意味で
面白いですよね。

多彩な作品が
全部で50以上もあって・・

体感型のものも多く
ワクワク・楽しみながらの
美術鑑賞でした!

芸術の秋にふさわしい1日。
加賀百万石の石川県にお越しの際は
アート鑑賞に浸ってみるのも
オススメです!!

■「奥能登国際芸術祭2020+」
11月5日(金)までの開催です

■こちらの展覧会は2017年にも開催されていて
その時もとても素晴らしい作品が
展示されていました!
写真を見るだけでも
楽しい気分になりますよ♪
↓ ↓ ↓
https://storyweb.jp/digitalist/17260/
https://storyweb.jp/digitalist/16871/

FEATURE

Dec
2
今日の40代おしゃれコーデ

スポーティなジョガーパンツは、ブラック&ヒールで大人っぽくまとめて[12/2 Thu.]

スポーティなジョガーパンツは、ブラック&ヒールで大人っぽくまとめて[12/2 Thu.]

会員限定PRESENT

会員プレゼント

眉アートメイク体験を3名にプレゼント【会員限定プレゼント】

雑誌購入限定プレゼント

2021STORYオブ・ザ・イヤー心に響いた神ブランドアイテムを計6名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

雑誌購入限定プレゼント

ラコステのショルダーバッグを計1名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

PICK UP