DigitalistLifestyle

タナボタ的に得る美容法

前回のブログが「1分美容」。今回は「タナボタ美容」。

なんだか性分がにじみ出ている気がする、袰川です。

 

タナボタ美容ヒント1

 

今年の秋、とあるきっかけから体質改善を決意した私。

その目的は体力維持や冷えの改善など、自分の体をトータルで良くしていくこと。

 

意識しだしてからわずか1か月ほど…私の体のある部分に、目に見える変化が現れました。

それはなんと…肌。

 

タナボタ美容ヒント2

 

もうメンテしっかりの大女優も顔負けのツルッツル具合ですわ…と言いたいところですが、感じたのは顔よりも手肌の変化。

 

冬になると毎年あかぎれを作るような子供だった私。

さすがに大人になってからはそれはなかったものの、ある時期から再び手荒れに悩まされるように。

 

それは、結婚後。

それまでは冬だけだった手荒れが一年中行う家事によってオールシーズンになり、やがて何本もの指にパックリ割れができるようになるなど、年々酷くなる一方。

 

ここ一年ほどは指の腹までガサガサになったかと思うと、気づけばそのガサガサは手の平にまで広がり…もう手相占いに行っても門前払いだわ…と思うほどの有様。

 

「人に見せたくないのは、裸か手か」という選択にも迷うぐらい、それはもう酷いものでした。

 

タナボタ美容ヒント3

 

それが!体質改善を心掛けた途端、たった1か月ほどで目に見える変化。

 

パックリ割れが徐々に消え、指の腹には従来のふっくら感が戻り、手の平には無事手相が復活。

手荒れで生命線がかすれているのを見るのは、なんだか複雑でしたからねぇ。。

 

苦節数年…あぁ、あんなに悩まされていた手荒れがこんなによくなってくるなんて!

 

そう感動してしまうのも無理はない。

これまでに通った皮膚科は数知れず…思えば、けっこう突飛なことをおっしゃる先生もいらしたっけ。。

 

タナボタ美容ヒント4

 

某男性医師「家事、一切やめてみてよ。そうしたら絶対治るから」

私「え、、それはちょっと」

医「旦那にやってもらいなさい、全部」

私「ぜ、全部…ですか。。(思わず想像…ぜったいむり。。)いや、それ難しいかと…」

医「私なんてね、家事たくさんやってるよ。まずね、朝は…(延々“自分がやってる家事自慢”)」

私「あの…先生、で、お薬は?」

医「だーから!家事やめてみなさいって。薬なんてね、解決になんないの。僕はね、家では…(再び家事自慢)」

私「…」

 

某女性医師「水に触れない。これが一番です」

私「ケッペキなので、、よく手を洗っちゃうんですよね」

医「ダメダメ、トイレに行っても洗わないぐらいのことをしないと」

私「ト、トイレに行っても!?」

医「薄いナイロンの手袋売ってるでしょ?それを一日中はめておいて、トイレに行った時はそれを取り換えればいいんです」

私「…(思わず想像…たぶんむり。。)検討してみます。。」

― 数日後、また酷くなったので受診。

医「手袋していましたよね?していたら治るはずなんですが」

私「あ、手袋、、そう手袋、はいはい。手袋ですよね…えぇえぇ。。」

 

タナボタ美容ヒント5

 

そんなこんな…皮膚科エピソードも数知れず。

しかし、どこに行っても何回行っても、小康状態になることはあっても完治することはありませんでした。

 

しかし、今回の体質改善で劇的に治ってきたのです。

体質改善の目的がそれではなかっただけに、嬉しい副産物でした。

 

…で、結局私は具体的に何をしたのかというと、とてもシンプル。

食生活の改善です。

 

それまでは一日二食になることも少なからずあり、食事内容も、一人の食事の時は偏ったものになりがちでした。

 

しかし三食しっかり食べ、肉魚、野菜に果物…何でもバランスよく摂るようにし、油ものも炭水化物もしっかり摂取。

ノンアルコールの甘酒やイソフラボンを含んだものなど、女性の体にいいといわれるものに意識を向けてみたり…本当に、たったのこれだけです。

 

タナボタ的に手に入れた今回の改善でしたが、これも広義での美容なのだなと実感。食って大事です。

 

タナボタ美容のカギは”食”にあり

 

先生…夫に家事丸投げせずに済みましたよ。。

先生…万年手袋生活せずに済みましたよ。。

 

ん?でもちょっと待って…いつも手袋で保護し、美しい手の為に家事にはノータッチ…って、じつは優雅極まりない生活ではないのか!?

…それもありだったかも。。

 

袰川有希
FROM袰川有希 (いやがわゆき)アナウンサー、キャスターを続けながらライター業にも従事。大好きな「書くこと」を仕事にできた喜びをかみしめつつ、長年の夢である小説家を目指し、コツコツと小説の執筆にも励む日々。美味美酒と旅が好き。いつか夫とウィスキーの聖地アイラ島に行くのが、もう一つの夢。
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
STORY web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

Dec
15
今日の40代おしゃれコーデ

12/15 Fri. 大人の忘年会は「黒のワントーン」がやっぱり一番オシャレ!

RANKING

PICK UP

PRESENT

ミラ オーウェンのニット付きワンピースを計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。