Digitalist

【ロンドン発】チェルシー・フラワーショー2022(1)ーメイン会場、ガーデンとナーサリー

こんにちは!ロンドン・デジタリスト・ブロガーの近藤麻美です。

お天気の良かった土曜日、英国を代表する園芸の祭典、チェルシー・フラワーショー・2022へ行ってきました。コロナの影響で、2020年はオンラインのみ、昨年は5月がロックダウン中だったこともあり、9月の開催でしたが、2022年は例年のスケジュール通り、5月24日~28日に開催されることとなりました。

幸運なことに最終日の28日土曜日に、私も足を運ぶことができました。

チェルシー王立病院の敷地で開催される、英国最古かつ世界最高峰のフラワー・ショー。正式名称は、RHS Chelsea Flower Show(RHSは、英国王立園芸協会、Royal Horticultural Societyの略)です。毎年、約16万8,千人の来場があると言われる大イベントです。

 

チケット受け取りのロイヤル・ホスピタル・チェルシー側、ロンドン・ゲート入り口はこんな感じ。アーチをくぐるだけでもワクワクします。

それにしてもとにかくすごい人です。ゲートをくぐってから、チケット提示そしてバッグチェックと物凄い行列でした。

来場客は、女性も男性も、素敵にドレスアップしています。色とりどりの鮮やかなドレスを身にまとった女性達、ストローハットにリネンジャケットの男性、おしゃれなお出かけ着の訪問客を見ると、彼らの期待と興奮が感じられます

 

一般公開の前日23日にエリザベス女王をはじめとする、ロイヤル・ファミリーも訪れました。

 

 

まずは、公式ガイドブックを受け取ります。£15とお値段はそこそこしますが、会場内の地図も含めて、今回の展示品の内容すべてが網羅されているので、時間と体力を温存しつつ、最大限に来場を楽しむためには、1冊あった方がいいかと思います。

 

まずは、ガーデンを散策。

 

 

 

  

 

39種類の美しいガーデンにうっとりします。

庭園を意識し、建築美を備えたガーデンから、プラントをメインにしたガーデン、またはバルコニー・テラスでも楽しめるコンテナ型ガーデンまで、それぞれの広さと用途、または予算に合ったアイデアがきっしりの作品が次から次へと現れます。

 

 

『The Plantman’s Ice Garden』専門家によると、地球上で、1994年以降、およそ2.8兆トンの氷塊が溶けているのだそうです。こちらは地球温暖化、気候変動への危機感を再度警告するべく作られた作品だそうです。

 

  

サンクチュアリ―・ガーデンエリアで、ひと際目を引いたのがこちらの水車。

『Circle of Life』、Hiro Gardeningさんの作品です。

水の流れる音、そして落ちる瞬間のしぶき、心が洗われるようです。パーゴラ屋根と傘、石壁をコンパクトかつモダンに展示。手前の庭は段差違いに曲線を描き、モザイク状に積まれた木製のブロックが殊の外際立っています。植栽は、心休まる、柔らかな雰囲気。ハーブや草穂がとても自然で、こころを落ち着かせます。奥のベンチに欠けられた羊製のマットは雲を意識しているそう。この作品のすごいところは、どの角度から見ても美しいのです。他の来場者も「水車(Water Wheel)だわ!」と感動していました。

Hiro Gardeningのウェブサイトはこちら。

田邑嘉浩|HIRO.LONDON|GARDEN ARTIST | HIRO.LONDON

 

チェルシー・フラワーショーの会場中心にある、「Great Pavilion」の中に入ってみましょう。

入り口の一つには女王の形をかたどったプラントポットが。

「Great Pavilion」は、会場中心にある巨大テントで、中はナーサリーになっています。

 

 

 

美しい、色とりどりの花。展示即売会もされています。

 

 

壮大なフラワーアート。世界トップクラスのアーティストが集結。

 

「Bonsai」は今や英語ボキャブラリーになっています。それにしても、なんて落ち着くのでしょう。パビリオンの中でも、ここは独特の雰囲気を醸し出していました。

 

花だけではなく、ベジタブルパッチも。

 

こちらは趣向を凝らした「Field and Flora」のコーナー。

 

独創的な、野菜と果物、そして花をあしらったアート作品。

 

面白かったのは、こちらの作品「Just how do bees see」。

向かって左が人間の目から見た世界、そして右が蜂が見る世界なんですって!蜂って、思ったより色を認識しておらず、人間よりもずっと暗い世界に生きているんですね。

 

こちらは日本人アーティスト、Hanaikebitoさんの作品『Eat Healthy, Think Deeply and Act Wisely』。

野菜やハーブ、スパイスなど、食べれる材料を使用して生け花風にアレンジしたとのこと。奥のグリーンはなんとセロリ!

Hanaikebitoさんのオフィシャルサイトはこちら。

hanaikebito | Ikebana master and London-based teacher

 

こちらのマーキーではコンサートも。来場客はピクニックしながら、ライブ・ミュージックを楽しんでいました。

 

会場では、植栽やガーデニングに留まらず、ライフスタイル全体を彩る商品を扱うショップがたくさん出店しており、来場客は様々なショッピングを楽しんでいました。

   

  

 

かく言う私も少しだけお買い物。

コッツウォルズに別荘を新築した友人のお祝いに、ハンギング・プラントポットとハート型のティーライトを購入しました。お庭に飾ってくれると嬉しいなあ。

 

そして、自分用には「ジャパニーズ・スタイル」の傘。ショッキング・ピングが鮮やかで可愛い。どこに差していこうかな、今から使うのが楽しみです。

今週末には、英国エリザベス女王の在位70年「プラチナジュビリー」を祝うイベントも満載のイギリス。一足先に行われたチェルシー・フラワー・ショーは大盛況に終わりました。

 

チェルシー・フラワーショー2022の2回目は、The Newt in Somerset ホテルのスイート体験レポートです。

最後まで読んでいただきありがとうございます。
それでは、皆さま良い一日を!
Have a nice day!!
Love from London.
[Instagram]では、毎日の生活を投稿しています。
[note]では、本や映画、英TVのレビュー、ニュース翻訳、コラムを書いています。
https://note.com/mamikondo_london

FEATURE

Jun
27
今日の40代おしゃれコーデ

モノトーンコーデは【パール】の旬サンダルで大人可愛いを演出[6/28 Tue.]

モノトーンコーデは【パール】の旬サンダルで大人可愛いを演出[6/28 Tue.]

会員限定PRESENT

会員プレゼント

より速く、深く、脳が眠る。――快眠枕「ブレインスリープピロー」を1名様にプレゼント

会員プレゼント

星野リゾートの「界 伊東」の 宿泊券を1組2名様にプレゼント

会員プレゼント

ドリンクメイトSeries620 ¥18,568を1名様にプレゼント

会員プレゼント

KINUJO Hair Dryer ¥26,400を1名様にプレゼント

会員プレゼント

KINUJO Lip Iron ¥10,098を1名様にプレゼント

会員プレゼント

エクサガン ハイパー REG-04 ¥11,800を1名様にプレゼント

PICK UP