DigitalistLifestyle

人生賛歌のフレンチコメディ、『セラヴィ!』

世界中で大ヒットした『最強のふたり』の監督コンビ&スタッフによる最新作がいよいよ本日公開!

結婚式の裏側を描くエスプリの効いたフレンチコメディに、映画館を出るころにはハッピー気分で「Can’t Take My Eyes Off You」(君の瞳に恋してる)を口ずさみたくなること間違いなしです!

主人公は数えきれないほどの結婚式をプロデュースしてきたベテランのウェディングプランナー。今回依頼を受けたのは17世紀のお城を貸し切った盛大な結婚式、なのに集まったスタッフはどうしようもないポンコツばかり。。

最初のうちは、自分の結婚式のスタッフがコレだったら本気でヤダ!と呆れ気味だったのに、いつしか苦笑は声をあげての大笑いに。
ときにキューンときたりジーンとなったりしつつ、予想を上回るハチャメチャな式の最後には、なぜかそこにいるみんなのことが愛しく思えてしまうのです。

フランス映画祭2018のオープニング作品でもあった今作。上映後のティーチインにはエリック・トレダノ&オリヴィエ・ナカシュ両監督と、ジャーナリストのフローラン・ダバティ氏が登壇。

撮影はパリ同時多発テロの直後だったそうで、「文化や生活の場を襲った卑劣なテロに対して意気消沈するのではなく、人と一緒に何かをすることで乗り越えたい。こんな時だからこそ、みんなで手を取り合ってポジティブになれる映画を作りたい」という強い思いを語ってくれました。

移民や難民の不法就労などフランスが抱える現状・問題提起が笑いとともに自然に盛り込まれているところもこの監督コンビらしい作品です。

映画で式場となったのは、クランス城というルイ13世が所有していたパリ郊外にある本物のお城。4か月間ここで寝泊まりしての撮影に「城主になった気分だったよ!」と監督。
フランスでは実際にお城を貸し切りにした結婚式ができるらしく、パリ近郊にもいくつか借りられるお城はあるけれど、やはり費用はかかるそうで・・誰でもってわけにはいかないようです。

フランス国内でまたまた記録的大ヒットとなった『セラヴィ!』。
結婚式を舞台に繰り広げられる人間模様は、酸いも甘いも噛み分けたSTORY世代にこそピッタリの人生賛歌!
皆さんもぜひ劇場で、スカッと笑ってじんわりあったかい気持になってくださいね♪

『セラヴィ!』
(2017年/フランス/117分)
7/6(金)~全国公開

 

中林直美
FROM中林直美 渋谷の映画館でもぎりをしつつミニシアターブームに傾倒した学生時代。大学卒業後は大手映画会社で約10年勤務。映画と旅が好き。 https://www.instagram.com/naomi_nm_/
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
STORY web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

STORY RELATED KEYWORDS !

STORY SELECTED ARTICLES

Dec
13
今日の40代おしゃれコーデ

デザイン【ブラックドレス】は大人にちょうどいい華やかさが手に入る[12/12 Wed.]

PICK UP

PRESENT

冬コーデが華やぐ「カラーバッグ」を 計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。