DigitalistLifestyle

『アデライン、100年目の恋』で、ロマンチックに溺れる。


ある事故をきっかけに29歳で老化が止まったアデライン。10年ごとに住むところも名前も変えて、誰とも深く関わらずひっそりと生きてきた。唯一秘密を共有する最愛の娘も80歳を過ぎ、もうすっかりおばあさんだ。そんな孤独なアデラインが、ついにある男性と真実の恋におちてしまう。しかし彼は、過去たった一人だけ本当に好きになった恋人の息子だった―――。

 





簡単にあらすじを書いてしまうと、大体の展開が想像できるような陳腐なラブストーリーかと思われてしまいそうですが。これが!とにかく魅せるんです。どのシーンもいちいちロマンチックで、ドラマチック。

 

まずなんといってもアデラインを演じるブレイク・ライヴリーのいい女っぷりが凄まじい。役と同じ29歳でありながら、100年も孤独に世界を見つめてきた説得力を感じさせる、愁いを帯びた奥行きのある表情。時代ごとに変化するファッションとヘアスタイルはどれもこれもうっとりするくらい洗練されていて、その怒涛のフェロモンはスクリーンからもあふれ出すほど。

それに負けじと強烈なフェロモンを放って迫りくるのが、アデラインと恋におちるエリス役のミキール・ハースマン。あんな男性にあんな情熱的なアプローチを受けちゃったら、さすがのアデラインだってそりゃあ降参でしょう!本の花束だなんて、私だってもらってみたい!現在上映中の『わたしに会うまでの1600キロ』でも、登場シーンはわずかながらその圧倒的な存在感で余韻を残していた、今注目のイケメン俳優です。

さらにエリスの父親でアデラインの50年前の恋人ウィリアム役に、真打ハリソン・フォード。ハリソン・フォードといえば、遺跡で大冒険していたり、宇宙で大暴れしていたりと(いよいよ『スター・ウォーズ』の最新作が公開間近ですね!)、ダイナミックで大胆不敵なイメージが強いけれど、こういう普通の役どころの彼を見ると改めてその魅力に圧倒されます。御年73歳だというのにこの色気。このカッコ良さ。こちらも絶賛上映中『マイ・インターン』のロバート・デ・ニーロ(72歳)もそうでしたが、名優の名優とよばれ続けるゆえんをまざまざと見せつけられた感じ。

そしてアデラインの年老いた娘フレミングを演じるのは、大女優エレン・バースティン。しわだらけの顔がこんなにも愛らしく輝いて見えるのは、しっかりと歳を重ねて生きてきた証なのでしょう。可愛い娘に「アデラインの祖母です」と名乗らせなくてはならない母の心中は計り知れません・・・。

 

最後にアデラインの手に握られていた、きらりと光るもの―――。

若さはいつだってまぶしいけれど、歳を重ねることではじめて輝き出すものだって、きっとたくさんある。

大切な人たちと、過去を共有したり未来を見据えたりしながら今を過ごせるということ。たとえそれが永遠ではなく人生の一時期であったとしても、その人と同じ時間を分かち合えるということ。

 

是非とも映画館で甘美な世界にどっぷり酔いしれてほしい、大人のためのおとぎ話。時にはやっぱり、ロマンチックなファンタジーが必要です!

 

中林直美
FROM中林直美 渋谷の映画館でもぎりをしつつミニシアターブームに傾倒した学生時代。大学卒業後は大手映画会社で約10年勤務。映画と旅が好き。 https://www.instagram.com/naomi_nm_/
記事一覧を見る >

FEATURE

Jul
14
今日の40代おしゃれコーデ

透けトップスには【ベイカーパンツ】を合わせ着こなしに余裕を[7/14 Tue.]

透けトップスには【ベイカーパンツ】を合わせ着こなしに余裕を[7/14 Tue.]

PICK UP

PRESENT

SNIDEL「ワンピース」を計6名様にプレゼント!

SNIDEL「ワンピース」を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。