DigitalistLifestyle

バンクワンで美白ケア

こんにちは。

ジャカルタ在住の沢亜希子です。

 

日本は冬真っ只中ですが、ここジャカルタは常夏の為、2月でも日中は30度を越す日々が続いています。

 

今まで四季がある国しか住んだ事がなかったので、年中暑い国に住むと体調を崩すかなと心配していたのですが、ジャカルタに住んで2年、お陰さまで大きな病気もなく元気に過ごせてます。

 

また、水も違う為肌荒れも心配だったのですが、元々超乾燥肌私には、冬の乾燥がない分、日本にいる時よりも肌の調子が良い気がします(笑)

 

ただ、やはり紫外線を浴びる量は日本よりも断然多いので、紫外線対策は欠かせませんが…。

 

スキンケア商品も、最近は少しずつインドネシア産の物も試しているのですが、スキンケアコーナーへ行くと、やたらお芋の様な絵が描かれたパッケージを見かけるんです。

 

ハンド&ボディーローション

ボディスクラブ

クリームマスク

ソープ

フェイスクレンザー

他にも沢山の商品があるんです。

 

しかも、全てブライトニングやホワイトニング効果があるみたい!

 

このお芋の様なものは「ブンコアン」と言って、日本では「葛芋」と呼ばれているマメ科の植物。

 

また、ジャカルタでは「バンクワン」とも呼ばれていて、市場やスーパーで普通に買えるポピュラーな野菜です。

 

私はジャカルタに来るまで、バンクワンの事は知りませんでした。

 

ちょうど市場で売られているバンクワンを見かけたのでパチリ。

カブをかなり大きくしたような形をしています。

 

生で食べる事もでき、食感は硬めの梨みたいでシャリシャリしているのですが、味はほんの少しだけ甘く、牛蒡の様な味もする、なんとも不思議な味です。

 

でも、「バンクワン」と言えば「美白に効くもの」と言うイメージがあるインドネシア。

 

すり下ろしてフェイスパックをする人も多く、白い肌に憧れるインドネシア人にとって、日々のスキンケアになくてはならない存在です。

 

私もいくつかバンクワンの成分入りの商品を試してみたのですが、お気に入りはこのボディスクラブ。

インドネシアに住むようになってから、肘や膝はもちろん、年中素足で生活しているので、足は特に角質が溜まりやすくなった私。

 

こちらのボディスクラブは乾いた肌に使うタイプなので、お風呂に入る前にスクラブを塗布して、角質が溜まった所を中心に、全身もクルクルと優しくマッサージします。

 

粒子が細かいので、痛くなく気持ちいいです。

マッサージしていると、だんだんとスクラブがダマになってきて、角質も一緒に取り除いてくれているのを実感できます。

 

洗い流した後は、すべっすべの肌に✨

 

そして、なんとなくお肌の白さも戻ってきた様な気もします。

 

歳を重ねると、お肌のターンオーバーが乱れやすいので、ボディスクラブによる定期的なメンテナンスって必要だなと思います。

 

更にバンクワン入りなら美白ケアも出来て一石二鳥!

 

しかも、びっくりするくらいお値段も安い(笑)

 

一石三鳥かな??

 

これからもまたいろんな商品試していきたいなと思います。

 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

最後までblogをお読み頂きありがとうございます!

ジャカルタの生活の様子はこちらでも発信しています。

https://www.instagram.com/akiko_sawa/

沢 亜希子
FROM沢 亜希子 夫の赴任に伴い2017年よりジャカルタ在住。こちらに来る前はSTORYライターとしてヘアやビューティページを担当。現在14&12歳の娘はインターに通い、私はインドネシア語の勉強やヨガ、書道などの習い事のほかに大好きな音楽も続けています。日々のジャカルタ生活で見つけた美味しいもの、新しい発見などをご紹介します。
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
STORY web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

May
26
今日の40代おしゃれコーデ

公園でごろんと横になりたい時のファッション【スニーカー】[5/26 Sun.]

PICK UP

PRESENT

ミラオーウェンのワンピースを計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。