DigitalistLifestyle / Travel

今の旬の食材をいただく。トリュフやワインetc…各地の賑やかなフェスタ

2019年は、3月31日から始まったサマータイムが10月27日に終わり、28日から日本との時差が7時間から8時間になりました。

サマータイムが終わると、気が付けば外は日暮れていた…、季節は秋、ハローウィンのグッズがあちこちに目に入ります。

9月、10月は各地で旬の食材を扱った出店やフェスタの開催が多く、過ごし易いこの時期に多くの人々が訪れています。

その時期、その土地ならではの、「今」を体感したいお祭り好き?の我が家は、フェスタやイベントに出没です。

今はトリュフが旬。以前アルバというトリュフが有名な街では、今までに見たことがない大きな生の白と黒トリフがゴロゴロとショーケースで売られていました。レストランでは追加注文するとパスタなどに生トリュフをその場で削ってくれますが、今回はトリュフ専門店が近場の屋外イベント会場に出店すると知り、秋晴れの気持ち良い休日に行ってきました。

近づくとトリュフの贅沢な香りが。

 

トリュフのパスタを注文。なんとも無造作に、その場で削ったトリュフが沢山かかっています。底はクリームベースのソースでした。

青空の下、ピクニック気分でいただきます。

スイーツのような見た目ですが、ミートボールにトリュフのクリームソースがかかっています。初めての味。

お土産には、パテとスライスを購入。早速、自宅でパテのブルスケッタを食し、もっと買ってくればと思いました。

Marinoでは、噴水からワインが流れるフェスタがあります。人の多い時間帯はあえて避けて訪れたので、ゆっくり散策しました。

ペルージャのチョコレートフェスタ。さすが芸術の国。チョコレートの彫刻を作っていました。この削り落されたチョコレートは袋に入れてその場で配られます。

フンギポルチーニのフェスタ。ポルチーニが色々な料理方法で提供されていました。ランチタイムには注文するために長い行列が。フェスタでランチを取る場合は、日本人スタイルで早めに行くことをお勧めします。

フンギポルチーニのラベルのワインをお土産に購入。

時期は春ですが、インフォラータのフェスタ。花びらの絨毯を上った先には教会があります。参道に花びらで引き詰められたデザインが並びます。

一年を通じて、様々なイベントが開催されるイタリア。春先までのこれからはNatale(クリスマス)シーズンが始まります。

高浪 美智子
FROM高浪 美智子 夫の赴任によりイタリア在住。旅行、ワイン、料理、アートが好き。出産後にメンタル系カウンセラー資格取得や野菜作り、現在はイタリア語と料理を学ぶ等、興味と関心は幅広い。「自分らしく」を好むこちらの雰囲気を自然体で綴らせていただきます。
記事一覧を見る >
\ この記事をシェア /
STORY web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

FEATURE

Nov
23
今日の40代おしゃれコーデ

最旬の【トレッキングシューズ】を履いて英会話スクールへ![11/23 Sat.]

最旬の【トレッキングシューズ】を履いて英会話スクールへ![11/23 Sat.]

PICK UP

PRESENT

「2019年クリスマス限定コフレ」を計15名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。