• TOP
  • Fashion
  • 40代から10年着られるか?基準でSTORYスタイリストが選ぶ名品服5選
Fashion特集

40代から10年着られるか?基準でSTORYスタイリストが選ぶ名品服5選

気づいたらリサイクルBOXには色モノ、甘モノが多くて……と語る、スタイリスト・石毛さん。そんな彼女のクローゼット管理法、「十年服」とは?

▼あわせて読みたい
STORYスタイリストが今ほしい!上質さと旬を兼ね備えた名品服【2選】

目次 ★ 教えてくれたのは…スタイリスト・石毛のりえさん
★ 石毛さんの「十年服」


教えてくれたのは…スタイリスト・石毛のりえさん

本誌の表紙のスタイリングも手掛け、私生活では小1と小4の男の子の子育てに奮闘中のワーママスタイリスト。アネフォー目線の、無理せず盛れるコーデが「素敵!」とスタッフからの信頼も厚い。

石毛さんの「十年服」

更新し続けるブランドの定番が主

ベースの十年服の一部。これに3年持つチャレンジ服をプラスして盛り上げていきます。(石毛さん)

A. Whim Gazetteのチュールスカート
裏地はタイトシルエットでスッキリ。
スカート¥39,600(ウィム ガゼット/ウィム ガゼット 玉川髙島屋S・C店)

B. ASTRAETのタックワイドパンツ
きちんと感のある艶黒パンツ。
パンツ¥33,000(アストラット/アストラット 新宿店)

C. LOEFFのオーバーサイズの白シャツ
ハオリにも使えるサイジング。
シャツ¥38,500(ロエフ/ユナイテッドアローズ 原宿本店)

D. &RCのカーゴパンツ
カーゴパンツはどんな時代も定番。
パンツ¥35,200(アンド アールシー/カレンソロジー二子玉川)

E. ebureの紺ブレ
いわずと知れた名品。
ジャケット¥69,300(ebure/LITTLE LEAGUE INC.)

撮影/魚地武大〈TENT〉スタイリスト/石毛のりえ 取材/杉崎有宇子 ※情報は2024年6月号掲載時のものです。

おすすめ記事はこちら

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Jul
13
今日の40代おしゃれコーデ

ワントーンコーデを夏らしくアゲる【オーロラカラーの華奢ミュール】

ワントーンコーデを夏らしくアゲる【オーロラカラーの華奢ミュール】

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

長い夏を乗り切るモト取れ服を計6名様にプレゼント

会員プレゼント

赤ちゃんから使える!「アネッサ パーフェクトUV マイルドミルク NA」を5名様にプレゼント

PICK UP