Lifestyle特集

野菜のボリュームにご飯控えめでも満足感!まぜまぜご飯【プロに聞いたお家ごはんレシピ】

春の訪れとともに、いよいよ体のシルエットが気になる季節到来です。ベトナムのアオザイというタイトな衣装を着こなすスリムな女性の秘訣を知りたく、今回は簡単に家庭で作れるベトナム料理を鈴木さんに教えてもらいました。

まぜまぜご飯
〜野菜のボリュームにご飯控えめでも満足感!〜

材料(2人分)
豚ひき肉 100g
ニンニク(みじん切り) 大さじ1/2
サラダ油 大さじ2
A ヌクマム(またはナンプラー) 小さじ1
 グリーンカレーペースト 小さじ1/2 
 粗挽き黒コショウ 少々
 砂糖 小さじ 1/2 
万能ネギ 5本
カイワレ菜 1/4パック
グリーンカール(小) 1枚
三つ葉 1/4束
ピーナツ(砕いたもの) 大さじ1
温かいご飯(かために炊いたもの) どんぶり1杯分
シーズニングソース 小さじ1

レシピ
1 フライパンにサラダ油を熱してニンニクを炒め、香りが出てきたら豚ひき肉を入れてよく炒め、パラパラになったらAを加えて炒める。
2 万能ネギは小口切りに、カイワレ菜は根元を落として長さを半分に切る。グリーンカールはせん切りにし、三つ葉は2㎝の長さに切る。ピーナツは粗く砕く。
3 器にご飯を盛ってシーズニングソースをふり、1の豚そぼろを中央に、2の野菜をまわりにのせ、ピーナツをふる。食べる時に全体をよく混ぜ合わせて取り分ける。

~ 更に美味しく作るコツ! ~

  • スーパーでも手に入るグリーンカレーペースト。手軽にスパイシーな味が実現。
  • 混ぜれば混ぜるほど美味しくなる野菜たっぷりのアジアの混ぜご飯。
このレシピの担当:kitchen オーナーシェフの鈴木珠美さん 43歳。ベトナム料理レストラン「kitchen(キッチン)」のオーナーシェフ。ハノイとホーチミンの留学中に覚えた本格的なベトナム料理と明るい人柄で連日満席のお店を切り盛りする。今でも年に2~3回ほどベトナムを訪れ、新たな料理に生かすなど精力的に活動中。著書に『おうちで本格アジアごはん』(レタスクラブムック)『ベトナムおうちごはん』(扶桑社)等。2歳の双子の母。

撮影/長谷川 潤 取材/大佛摩紀

※2016年5月号より

チームSTORY
FROMチームSTORY 雑誌「STORY(ストーリィ)」の製作に携わる編集部員たち。日夜雑誌作りに勤しむなかで得た知見、タメになる情報、愉快な話などなどファッションからライフスタイルまで、STORYらしさ溢れるトピックを、webでも存分に披露していきます。
記事一覧を見る >
-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Jun
6
今日の40代おしゃれコーデ

【パーカ】カジュアルを成功させる秘訣は女っぽさのバランスにあり[6/6 Sat.]

【パーカ】カジュアルを成功させる秘訣は女っぽさのバランスにあり[6/6 Sat.]

PICK UP

PRESENT

Elura「セットアップ」を計6名様にプレゼント!

Elura「セットアップ」を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。