LifestylefromチームSTORY

ありそうでない! ドラマ『セシルのもくろみ』撮影スタジオに潜入【晴海書房スタジオ編】

フジテレビ毎週木曜よる10時に放送中のドラマ『セシルのもくろみ』は、真木よう子さん演じる平凡な主婦・奈央がひょんなことからファッション雑誌の世界へと飛び込み、読者モデルからプロのモデルへと成長していく過程を描いた偶像劇です。

ドラマ『セシルのもくろみ』はSTORYで2008年から2010年にかけて連載されていた小説が原作となっています。
ドラマに登場する晴海書房、そして雑誌『VANITY』編集部のセットは、実際のSTORY編集部を参考に作られているんです!

今回、レポートするのは晴海書房内にあるという設定の社内スタジオ。


晴海書房の社内スタジオにはA、B、Cスタジオと3つのスタジオがあり、主にVANITYはBスタジオを使用する設定になっています。
“それぞれの頭文字からアップル、ベーグル、チーズスタジオと呼ばれている”なんていう、ドラマではクローズアップされない細かな設定も。
スタジオの案内板には廊下やトイレなど後から書き足されたように
ちなみにメイク(Make)ルームはミートルームになっています!

どこまでがドラマ用の小道具なの?とわからなくなるぐらい、細部にまでこだわられた小道具の数々。写真に写っているものは全てドラマの為に集められた、または作られたものなんですよ。

スタジオの機材表やペーパー(撮影の背景に使う紙)見本など、STORY編集部が使う社内スタジオに実際にあるものが忠実に再現されていて、スタッフもビックリ!!
何気なく貼られている紙は汚れていたり破れていたり、雑に貼られていたり…とドラマにリアリティを持たすための小さな工夫の数々に感心しっぱなしでした。

撮影用の機材置き場と思いきや、これも晴海書房の社内スタジオの”小道具”。

“ベーグルスタジオ”内では『VANITY』の撮影スケジュールとラフ画(紙面イメージ)を発見!カバーモデルに吉瀬美智子さん演じる人気モデル”ハマユカ”の名前があるだけでなく、本当に細かな部分まで作り込まれています。

スタジオ前には『VANITY』が撮影中であることを表すプレートが。晴海書房には『VANITY』以外にも『YOUR』『美女絶花』『SHERBET』『Charming』という雑誌があり、それらの雑誌のプレートも置かれていました。
ここでも”ありそうでない!”と思わされるスタッフの方々の絶妙なセンスに、ただただ唸るばかりでした。

次回は雑誌『VANITY』がまさに生み出される場所、編集部の模様をお届けします。
お楽しみに!

ドラマ『セシルのもくろみ』は毎週木曜よる10時より放送中です。

STORY
FROMSTORY
記事一覧を見る >
-Keywords
\ この記事をシェア /
STORY web この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
Follow us

RELATED TOPICS

FEATURE

Oct
17
今日の40代おしゃれコーデ

おろしたての【クルーネックニット】が主役のシンプルコーデが気分[10/17 Thu.]

おろしたての【クルーネックニット】が主役のシンプルコーデが気分[10/17 Thu.]

PICK UP

PRESENT

MARCHER (マルシェ)の「ファーかごバッグ」を計6名様にプレゼント!

MAIL MAGAZINE

サイトの最新情報をはじめ、雑誌STORY最新号のご案内、プレゼント情報などをメールマガジンでお届けいたします。