• TOP
  • Lifestyle
  • 北イタリアのバーニャカウダ【プロに聞いたお家ごはんレシピ】
Lifestyle特集

北イタリアのバーニャカウダ【プロに聞いたお家ごはんレシピ】

イタリアの料理や文化に魅せられる40代が増えています。知れば知るほどその奥行きの深さにハマるのだとか。今回お話を伺った長本先生はその先駆け。「イタリア文化の基調になっているのは家庭よ。すべてはそこから」とのことで、北イタリアの郷土料理を教えていただきました。

北イタリアのバーニャカウダ
〜クリーミーなソースで野菜をたっぷりと〜

材料(2人分)
野菜(ニンジン、ヤングコーン、アスパラガス、ピーマンなど) 適宜
にんにく 3片
塩漬けアンチョビ 25g
EXVオリーブ油 25g
バター 20g
牛乳 適量

レシピ
1 野菜を手で食べやすいような大きさに切る。必要なものは茹でておく。
2 にんにくは牛乳で2度ほど茹でこぼしておく。
3 小鍋に、オリーブ油、塩を洗い流したアンチョビを入れ、アンチョビが溶けるまで火にかけ、最後にバターを加える。
4 すべてをミキサーにかけてソースを作り、野菜とともに盛り付ける。

~ 更に美味しく作るコツ! ~

  • ソースの材料はすべてミキサーに入れ、ソースがなめらかになるまで攪拌する。
  • 季節の野菜は種類が多いと彩りも鮮やか。生でも固茹でをしてもOK。
このレシピの担当:イタリア料理研究家の長本和子さん 66歳。劇団青年座在籍当時イタリアに魅せられ、食文化研修を企画するict食文化企画を設立。中目黒にある「リストランテ カシーナ カナミッラ」オーナー。イタリアの郷土料理を食べながら、その郷土の話をする料理教室「マンマのイタリア食堂」主宰。38歳で出産し、40代の頃は子育てと仕事で懸命な日々を送っていたそう。著書に『イタリア野菜のABC』(小学館)『シチリア 海と大地の味』(文化出版)等。

撮影/長谷川 潤 取材/大佛摩紀
※情報は2016年12月号掲載時のものです。

-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Jul
15
今日の40代おしゃれコーデ

ふわり風をはらむ【コットンボイルの夏ワンピ】で長袖でも涼しげ

ふわり風をはらむ【コットンボイルの夏ワンピ】で長袖でも涼しげ

会員限定PRESENT

雑誌購入限定プレゼント

長い夏を乗り切るモト取れ服を計6名様にプレゼント

会員プレゼント

赤ちゃんから使える!「アネッサ パーフェクトUV マイルドミルク NA」を5名様にプレゼント

PICK UP