Lifestyle特集

甘糟りり子さんヘルシーメニュー!ささみのコーン粉焼き【プロに聞いたお家ごはんレシピ】

40代でのマラソンをきっかけに、健康的な生活にシフトしたという甘糟りり子さん。新鮮な食材が手に入る鎌倉で野菜を中心とした日々の料理を作っているそう。
今回は、疲れた体が喜ぶメニューを教えていただきました。

ささみのコーン粉焼き
〜フレッシュなささみの美味しさを楽しむ1品〜

材料(2人分)
ささみ(新鮮なもの) 4~5本
塩 少々
粗挽きのコーン粉 適量
人参の葉 4~5本分
サラダ油 適量

レシピ
①ささみは冷蔵庫から出し、常温に置いておく。
②ささみに塩をふって、コーン粉をまぶす。
③プライパンに油を敷き、ささみは表面がきつね色になるぐらいまで焼く(焼きすぎに注意)。
④残りの油で人参の葉を素揚げする。お好みで塩をふる。

~ 更に美味しく作るコツ! ~

  • 市販のコーン粉は、口に入れた時の食感を味わうために粗挽きのものを選びます。
  • 鶏肉の専門店で購入した新鮮なささみにコーン粉をサッとまぶす。
このレシピの担当:作家の甘糟りり子さん 52歳。ファッション、グルメ、スポーツ、映画などを中心にエッセイや小説を執筆。ロンドンマラソンを完走したスポーツウーマン。また、最近ではブログでアップする鎌倉野菜を中心とした日々の料理が評判。お母様は小説家の甘糟幸子さん。著書に『エストロゲン』(小学館文庫)『逢えない夜を、数えてみても』(河出書房新社)『産む、産まない、産めない』(講談社)など多数。

撮影/伊藤高明 取材/大佛摩紀
※情報は2017年2月号掲載時のものです。

チームSTORY
FROMチームSTORY 雑誌「STORY(ストーリィ)」の製作に携わる編集部員たち。日夜雑誌作りに勤しむなかで得た知見、タメになる情報、愉快な話などなどファッションからライフスタイルまで、STORYらしさ溢れるトピックを、webでも存分に披露していきます。
記事一覧を見る >
-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Mar
2
今日の40代おしゃれコーデ

肌寒い日も「ポンチョタイプの薄軽コート」を羽織って可愛く♡[3/2 Tue.]

肌寒い日も「ポンチョタイプの薄軽コート」を羽織って可愛く♡[3/2 Tue.]

会員限定PRESENT

会員プレゼント

プロテオグリカン原液100%美容液「PG2 ピュアエッセンス」を50名様にプレゼント!【会員限定プレゼント】

雑誌購入限定プレゼント

人気ブランドの「細見え春服」を計9名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

雑誌購入限定プレゼント

資生堂 REVITAL ローションⅢを計30名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

会員プレゼント

星野リゾート宿泊ギフト券¥50,000を1名様にプレゼント【会員限定プレゼント】

PICK UP