Lifestyle特集

新鮮な野菜をシンプルに美味しく!野菜三種盛り【プロに聞いたお家ごはんレシピ】

40代でのマラソンをきっかけに、健康的な生活にシフトしたという甘糟りり子さん。新鮮な食材が手に入る鎌倉で野菜を中心とした日々の料理を作っているそう。
今回は、疲れた体が喜ぶメニューを教えていただきました。

野菜三種盛り(明日葉のくるみ和え、人参のしりしり、百合根)
〜新鮮な野菜を茹でて焼いて、シンプルに〜

材料(2人分)
【人参のしりしり】人参 1本 ごま油 適量 塩 少々
【明日葉のくるみ和え】明日葉 6本 くるみ 50g 甜菜糖 小さじ1/2 日本酒 大さじ1 醬油 お好みで
【百合根】百合根 1/2個 塩 少々

レシピ
①人参は皮付きのまま、大きさはランダムでいいので、千切りにする。
②中華鍋にごま油を入れて、人参を火が通るまで炒める。途中、焦げつきそうになったらごま油を足す。
③お好みで塩をふる。
④明日葉は茎と葉を別にして、サッと茹でる。冷水につけてから絞り、食べやすい大きさに切る。
⑤くるみを手で細かくしてから、すり鉢で擦る。
⑥❺に甜菜糖を入れ、お酒で溶く。
⑦明日葉を❻で和える。味が足りなければ醬油を少々足す。
⑧百合根はバラして、大きさ別にホイルに包む。
⑨オーブントースターで目安10分くらい、透明になるまで焼く。
⑩焼き上がったら、塩をふる。

~ 更に美味しく作るコツ! ~

  • 朝、庭で摘んだ採れたての明日葉。緑が濃くて香りも強い野菜です。
  • 鎌倉のGroovy Nutsで購入したくるみは、手で砕いてからすり鉢で擦ります。
  • 湘南の熊澤酒造の風露天青。調理には料理酒より日本酒を使用。
  • 百合根は大きさを分けて、アルミホイルに包みオーブントースターで焼きます。
このレシピの担当:作家の甘糟りり子さん 52歳。ファッション、グルメ、スポーツ、映画などを中心にエッセイや小説を執筆。ロンドンマラソンを完走したスポーツウーマン。また、最近ではブログでアップする鎌倉野菜を中心とした日々の料理が評判。お母様は小説家の甘糟幸子さん。著書に『エストロゲン』(小学館文庫)『逢えない夜を、数えてみても』(河出書房新社)『産む、産まない、産めない』(講談社)など多数。
チームSTORY
FROMチームSTORY 雑誌「STORY(ストーリィ)」の製作に携わる編集部員たち。日夜雑誌作りに勤しむなかで得た知見、タメになる情報、愉快な話などなどファッションからライフスタイルまで、STORYらしさ溢れるトピックを、webでも存分に披露していきます。
記事一覧を見る >
-Keywords

RELATED TOPICS

FEATURE

Mar
4
今日の40代おしゃれコーデ

まだ寒い春先、ジェンダーレスなアウターで防寒と今っぽさを両立[3/4 Thu.]

まだ寒い春先、ジェンダーレスなアウターで防寒と今っぽさを両立[3/4 Thu.]

会員限定PRESENT

会員プレゼント

プロテオグリカン原液100%美容液「PG2 ピュアエッセンス」を50名様にプレゼント!【会員限定プレゼント】

雑誌購入限定プレゼント

人気ブランドの「細見え春服」を計9名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

会員プレゼント

貼って寝るだけ!新美白ケア「SIMIUSビタCディープパッチ」を5名様にプレゼント

雑誌購入限定プレゼント

資生堂 REVITAL ローションⅢを計30名様にプレゼント【雑誌購入会員限定プレゼント】

会員プレゼント

星野リゾート宿泊ギフト券¥50,000を1名様にプレゼント【会員限定プレゼント】

PICK UP